TOPページ椅子の座彫り(製作過程)>椅子の座彫り、鉋により中仕上げ

手作り家具、椅子の中仕上げ
ここからは手鉋による削りです

使う鉋は無論550Rの鉋です

刃の巾1.5cmほどの攻鉋を550Rお反り台にした物です
一枚台ですので、逆目は止まらない部分がありますので、逆目に注意して削ります
刃の巾が狭いので、この硬い楢の木でも軽く削れます

手作り家具、椅子の中仕上げ


手作り家具、椅子の中仕上げで、ほとんど仕上げ線まで削ってしまいます
この鉋は、ここでは横削りしますので、表面はガサガサしている部分があります


手作り家具、椅子の中仕上げは、ここでは横削りします


手作り家具、椅子の中仕上げは段差を四方反り鉋で仕上げます
四方反鉋の刃巾は30ミリ程度
4方の反りは無論550R、売っていないので、平豆鉋を改造しています
鉋は、台が550Rなら、出来上がった曲面も550Rになります
550Rはとても緩いカーブです、四方反りに作り直すのは、そう難しくありません

片手で楽に削れます、このあたりが手作り家具の醍醐味です

攻鉋の段差を四方反り鉋で仕上げます

手作り家具、椅子の中仕上げは淵の部分を削ります、ここにめりはりを付けなければ、見た目が悪いです
仕上げ線まで削ります

最初に使った550Rの定規で、深さを確認します


手作り家具、椅子の中仕上げは淵の部分を削る


中心の峰の部分は、平鉋で左右、通しますと、峰が一直線になります


中心の峰の部分は、平鉋で


手作り家具、椅子の中仕上げは四方反り鉋で出来た、緩い波はこの小さい鉋で削りますがないなら、次の工程に進んでも支障はありません

手作り家具、椅子の中仕上げは緩い波はこの小さい鉋