手作り家具「花みずき」TOP家具工房の木工機械>角鑿盤

家具工房の、角鑿盤

2005年購入

長年使ってきた、角鑿盤を入れ替えました

問題だった毛引きから鑿がそれる件も解決し快調に使っています
各部の調整機能も充実しており要求の多い私の仕事をこなしています

大きい板に掘る場合は、定盤のバイスを外し、Fクランプなどで固定し掘ります
購入金額160000円は、納得できる金額です

角鑿盤は比較的重量の軽い木工機械です、狭い当工房では、キャスターを付けて移動式にしています

祖父の代から40年近く使った古い方の角鑿は制度の出なかったけど調整しながら長く使って来ました
お疲れ様とお礼を言いたいほどです

家具工房の、角鑿盤






2004年廃棄

機械名 角のみ盤
メーカー 大日本精工
DNSK
購入価格 タダ
親戚の木工所から頂いた。
一言 製造から30年はたっていると思う。
扱いが丁寧だったため、今でも使える、
注油を欠かさずにいれば、木工機械は長く使えます。
短所 長く使ったためか、鑿を材料に刺した時、
木目によっては毛引きから逃げる場合がある、
色々調整したが、回復せず。
その他 新しい物が欲しい。
贅沢は言えないが、、、、、
購入時の注意 毛引きに対して連続して左右に掘れるかが問題。