TOPページ>刷毛保存ボトル

刷毛保存ボトル

手作り家具の花みずき、TOP

ご案内 作品 地域奉仕活動 家具の作り方  木工テクニック 新工房について 以前の工房 木工機械、工具について 家具工房からの話題
鉋の調整など手工具については
曼陀羅屋のページ下にまとめています
    


    

  • 刷毛はこのようなボトルにシンナーを入れて吊るすのがベスト
  • 無論塗料用シンナーを使う刷毛は別に容器を用意する
  • 塗料によっては、よく塗料を落とさないと、乾燥後再度使用するとき塗料が硬化する事により刷毛先がほぐれない場合がある。
  • 専用容器が無くても大き目のビン、缶ならば良い。吊るすフックがない場合はDIYショップから太目のアルミ線を買ってきて曲げて中に入れる
  • 刷毛を乾燥させて、空き缶などに逆さまに立てると、ホコリが付着し、そのまま塗料缶に入れると、ホコリも塗料に入れる事になる。
  • 又、塗装面にホコリの混じった塗料が塗られる事になり、ホコリも塗装面に閉じ込めることになる。
  • 仕上塗装の時はその部分が当たる。下塗りなら耐水ペーパーで取り去る事はできる。
  • ボトルに吊るすと、時々ゆすったりすると、ホコリ、固形物が刷毛先から落ちて沈殿する。
  • ボトルは着色用と透明用、二本用意するほうが良い。
  • 着色用は色の数分用意しなくても一本で大丈夫。
  • 刷毛は毛の抜けるのを押さえるために根元に瞬間接着材の粘性の低い物を刷毛を上に向け少し流します、格段に毛が抜けません、流しすぎると、ハケ部分が固まりすぎ、毛足が短くなったのと同じようになります。