手作り家具「花みずき」TOP手作り家具ギャラリー>楢材(ならざい)のローテーブル

楢材(ならざい)のローテーブル


サイズは天板巾が106センチ、奥行き57センチ、高さ54センチです
塗装は、皮膜が強く傷が付きにくい透明の塗料を使っています。
もちろん、★★★★(フォースター)規格の安全性の高い塗料です。

楢材(ならざい)のローテーブル





下の画像の右側が虎腑(とらふ)模様です。




ここから下は、ローテーブルの製作風景です。
手作り家具に興味のある方はご覧下さい。

脚部分の曲面を小刀で削って、丸い面を仕上げていきます。
使っている道具は繰り小刀(クリコガタナ)という細く尖った小刀で、鉋などの道具が使えない曲面に使う、手作り家具を作る時によく使う小刀です。



天板下の棚板の加工風景です。
棚板に三箇所ホゾを付けて、横の材料に差し込みます。
この時は二台一緒に作りましたので、同じ物が二つ見えます。





脚部分が完成したところで、これから天板を取り付けます。
天板とはホゾでつなぎますが、脚の巾が広いので強度を持たせるために、二枚ホゾにしています。






 私が天板を鉋で削っている所です。
比較的小さい天板ですので削りやすいです。
今ではこんな風にに鉋を使える職人は少ないと思います。