ホルムアルデヒド・VOCなど、室内空気中の化学物質を測定してみませんか?パッシブサンプラー【測定バッジ】のご注文はぜひ当社へ!

株式会社オーピス

公共住宅の測定方法

ホーム > 使用方法 > 公共住宅の測定方法
写真入り・カラーの取扱説明書をご用意しております。
≪写真入り取扱説明書(公共住宅用)のダウンロード≫
(PDFファイルです。新しいウィンドウが開きます。)

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerをダウンロード

測定方法

測定方法等は、「公営住宅における化学物質の室内濃度測定方法等について」(平成15年6月6日付け国土交通省住宅局住宅総合整備課公共住宅事業調整官名事務連絡)によってください。
(平成16年4月1日より、測定対象物質からアセトアルデヒドが除外されています。)

  1. 全ての窓と扉(屋外に面する窓や扉、造り付けのクローゼットや押し入れ等全ての扉)を開放し、30分間以上換気します。
  2. 屋外に面する窓と扉を閉鎖し(クローゼット等の扉は開けたまま)5時間以上維持します。
    24時間の自動換気装置がある場合は、それと同時に稼動させます。(トイレや台所の換気扇はこれに含まれません)
    厚生労働省の指針値は室温が25℃の時のものですので、エアコン等で温度調節が可能であれば25℃に設定してください。
  3. 測定バッジは、部屋の中央付近で、床から1.2〜1.5mの高さ(息をする高さ)に設置してください。
  4. 測定バッジは、テーブルなどの上に置くか、上から吊るしてご使用ください。
    1. 木製のテーブルなどの上に置く場合は、その上に直接測定バッジを置かず、底の浅い陶磁器やガラス製の皿の上に測定バッジを置いてから、テーブルなどの上に置くようにしてください。
    2. 天井からひもなどで吊るす場合は、測定中に床に落ちることがないように、また、照明設備にあまり近づけないようにしてください。
  5. 2.の状態で、8〜24時間測定します。(理想は24時間ですが、最低8時間は測定してください)
    24時間測定する場合の時間帯は任意ですが、24時間未満の測定の場合は14:00〜15:00が測定時間の中央になるように開始時刻・終了時刻を設定してください。つまり、8時間測定する場合は14:30を中央として10:30〜18:30になります。
    測定回数は1回で、複数回の測定は不要です。
     
    ※測定の手順を図に表すと次の通りです。
    測定時間のイメージ

公共住宅の測定に関するお問合せ先一覧

国土交通省住宅局住宅生産課(シックハウス対策全般、住宅性能表示関係)
TEL:03-5253-8510/FAX:03-5253-1629
国土交通省住宅局建築指導課(建築基準法関係)
TEL:03-5253-8513/FAX:03-5253-1630
財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター(シックハウスに関する相談業務など)
TEL:03-3556-5147