社会の道’08

<新聞を歩けば> 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 09年 10年 11年
2008年12月 
12/31 九電、原発新設を検討/老朽化や需要増加対応  
12/30 船もアイドリング停止/国交省検討/COへ陸から送電  
12/30 こども園「縦割り」の壁/幼保一元化 目標の1割/年齢幅広げ交流好評/厚労・文科 制度統一道見えず/欧州、進む統合 女性進出増加も  
12/29 石清水八幡宮の境内が全域禁煙/立て看板20本設置  
12/29 新型インフルエンザ 死者最悪64万人〜官民挙げ対策躍起/隣県も休校・販売、屋外で  
12/28 使い捨てなのにエコ〜森守る「間伐材割りばし」/生産追いつかず順番待ちも/袋に広告 割高な価格抑える/温室ガス削減効果も【環境ルネサンス】  
12/26 1人あたりGDP 日本19位/07年、OECD30カ国中/80年以降で最低  
12/25 原油下落の連動回避/ガス版OPEC/ロシア主導  
12/22 イチゴ戦争が熱い!/新種開発競う/キャラ起用しPR〜福岡・佐賀/00年以降20品種登場【列島発】  
12/22 クラスター弾 解体スタート/「禁止条約で特需きた」/95%リサイクル  
12/22 たばこ原因死 年間20万人/厚労省研究班調査  
12/21 大戸川ダム「休止」〜国交省なお執着  
12/19 景観守れ まちづくり奮闘/「国の規制では乱開発止められない」/「美の条例」人を呼び込む/自治体に権限与えよ【公貧社会 支え合いを求めて 「自治」をめざして(2)】  
12/14 排出量取引446社応募/初年度/国内COの半分  
12/14 環境新語を読み解く〜低炭素社会の礎に【補助線】  
12/14 浜岡原発 2基廃炉へ/1基新設/耐震費用かさむ/耐震化より新設優先/老朽化対策 他社に影響か/高齢6基 揺れる福井〜敦賀1号 10年廃炉へ  
12/13 EU温暖化対策合意/首脳会議/段階的に排出枠有料化  
12/12 いらだつ途上国/COP14 支援固まらず  
12/12 排出量取引参加〜鉄鋼連きょう申請  
12/11 タクシー6500台 全面禁煙/時期未定/京都乗用自動車協会  
12/08 COP14 先進国の削減中期目標〜「90年比25〜40%」案  
12/06 森が育む豊かな海〜「国民参加の森林づくり」シンポ/漁師が直感、植林運動へ/基調講演 温暖化解決の糸口にも/鉄分の効果未解明〜副作用指摘する声も/自然のつながり再生/キーワードはドングリ/復元後の全体図描け/の循環が人を結ぶ  
12/06 「気候安保」、相次ぎ論議に/米研究所「冷戦と同じ意識で」〜軍も省エネ競い効率アップ/原則曲げてもインドへ核燃など輸出〜難題抱える「原発でCO」/「低炭素社会」へ〜「京都後」の枠組み作り 1年後に迫る交渉期限【環境元年 第6部 文明ウォーズ(5)】  
12/05 国境超えた経済、岐路に/「植林による侵略」・輸出振興で奨励〜細る土地・追われる住民/自由貿易か環境かで綱引き〜規制撤廃・協定作り、平行線/国際社会への責任〜途上国支援などに「国際連帯税構想」【環境元年 第6部 文明ウォーズ(4)】  
12/05 温暖化ガス削減費「30年に3500億ドル」/COP14へ事務局試算  
12/05 たばこ増税 焦点化/社会保障の財源 節煙進めば期待薄  
12/04 大国抜き 実りと限界〜クラスター爆弾 禁止条約に署名/NGO世論動かす/グルジアで犠牲者も/参加国拡大へ 日本の役割大  
12/03 低炭素 迫るマネー/企業に排出情報開示促す/「社会的責任」投資に熱気【環境元年 第6部 文明ウォーズ(3)】  
12/02 COP14が開幕/温室ガス削減 土台論議  
12/02 クルマ100年 悩む米/エコ技術「日本に負けた」/ロスに路面電車復活構想【環境元年 第6部 文明ウォーズ(2)】  
12/01 燃える泥 むさぼる/脱・石油 焦る世界/植物製プラ 開発競う/ピーク控え代替エネへ/21世紀型文明とは【環境元年 第6部 文明ウォーズ(1)】  
12/01 ドイツ温室ガス削減 京都議定書の目標達成  
12/01 神戸の防災力「100%」/自主組織 全域に  
12/01 流域自治 挑む3知事/淀川ダムシンポ/基調講演 元建設省河川局長 尾田栄章氏〜流域委、先験的モデル/滋賀知事〜事業中止、未来への責任/大阪知事〜負担金、仕組みおかしい/京都知事〜分権の時代、国も変われ【列島発 地域がみえる】  

2008年11月
 
11/28 テロの温床 世界に/「本国出身」が主流/武力で対策 限界  
11/26 温室ガス削減の中期目標〜来年前半に複数案/検討委初会合  
11/25 APEC〜温暖化対策進展なし/首脳宣言を採択し閉幕  
11/25 厳しく排出減か 経済配慮か/途上国参加へ、まず先進国から/対策と成長、両立の仕組み探る/競う目標値・問われる具体策/欧米〜目標示し交渉主導狙う/予測〜欠かせない排出量取引【一からわかる温暖化 08政権選択にっぽんの争点】  
11/25 石油の冨 注ぐエコ/「石油後」中東の野心/天然ガス覇権狙う/繁栄の陰 エネルギー消費増【地球異変】  
11/24 淀川治水「自治機関を」〜3知事、シンポで訴え/「分権」宣言 三本の矢/ダム反対合意〜3知事 琵琶湖の団結/事業と財源〜「国が主導」変換を/地方行政〜自立し首長判断  
11/20 CO排出量に応じ課税 新提案/炭素税への反発考慮/環境省 既存税制生かす/トータルでお得な制度を  
11/19 日本の温室ガス 90年比で5.3%増/06年、英独は2ケタ減/製造・エネルギー業 07年度10年ぶり増  
11/15 排出量取引に猛反発/ニュージーランド 畜産家、負担増懸念  
11/15 炭素の足跡マーク公表(経済産業省「カーボンフットプリント」制度の統一マーク)  
11/14 インドネシア〜鳥インフル17人感染か  
11/13 捕鯨目標数 初の削減/150頭 年1割分/抗議・人気薄で  
11/13 世界人口67億人超/国連白書  
11/13 温室ガス削減 原発頼み/排出量過去最悪/6%達成危うさも  
11/12 ダム逆風 地方から/4知事 大戸川に反対表明/存在意義かかる整備局/利害より分権優先/河川の移管 突破口に  
11/11 エチゼンクラゲ消えた!/日本海沖「おかげで豊漁」  
11/11 太陽発電の補助拡充/経産省要求へ/駅・空港向け、400億円/普及度は西高東低〜日照時間の長さ影響  
11/11 ダム対決”口撃”過熱〜大戸川計画/整備局〜「圧力と感じるのは、相当ひがんだ見方」知事発表前に反論/3知事〜「まとめなかったら、国に大義名分与える」 「分権」御旗に団結  
11/09 淀川水系整備 3知事、大戸川ダム反対/天ヶ瀬・川上は容認/3知事「歴史的意義」/県道中止示唆 国交省に猛反発  
11/08 大阪府、大戸川ダム反対/淀川の安全確保条件/「ダム中止なら県道整備せず」整備局長、府に説明  
11/08 東大・ローソン 協力し温室ガス減/国内クレジット制度 第1陣に5件/中小企業の削減分、大企業が購入  
11/07 豪雨予測に人海戦術/利用者が情報提供/市町村単位で警報【気象災害に備える(下)】  
11/05 冠水予測図、作製及び腰/自治体「予算ない」/市民ら自衛策進む【気象災害に備える(中)】  
11/04 「浸水防げ」地下街奮闘/梅田、初の避難訓練/水の怖さ、教室でも【気象災害に備える(上)】  
11/04 遺伝子組み換え作物 日本企業動く/調達難、離島に商機/カナダ・プリンスエドワード島〜交雑防止が強み/豪・カンガルー島〜割高でも需要確信【けいざい一話】  
11/03 渓流よ再び ダム撤去/住民・環境団体と国連携/環境変化 リスク低下【列島発!群馬県みなかみ町】  
11/01 温暖化ガス削減 2050年への行程表/環境省が策定方針  

2008年10月
 
10/31 ラムサール 4湿地追加/琵琶湖は範囲拡大  
10/30 創刊100年米有力紙〜紙媒体から撤退  
10/29 ダムなし治水 国と県が検討/熊本・川辺川  
10/29 流域委代替策「困難」/淀川水系ダム 学会報告  
10/26 ワイン郷 山登る/揺れる伝統の味/仏〜生き残りへ実験農場/英〜目指せシャンパン/独〜凍る名品に影【地球異変】  
10/26 持続的発展へ 北京宣言/ASEM 首脳会合閉幕/主催者中国に注文続々〜食の安全、人権  
10/22 日本林業 復活の芽/外材高騰 国産材に光/細る輸入 自給率改善/高齢化の波・価格も壁  
10/22 排出量取引 試行スタート〜「日本版」確立へ一歩/参加重視、緩い基準/業界ごと異なる事情  
10/21 不発弾100万発 希望奪う〜レバノン南部 クラスター弾/資金難 除去難航/禁止条約 大国は敬遠  
10/21 CO削減EUにも溝/環境相理事会/経済打撃懸念 温度差  
10/21 温室効果ガス削減〜中期目標検討委を設置/政府懇談会  
10/19 氷河 せめてカバーを/「低い国」迫る洪水〜巨大水門揺らぐ想定水位/水害時浮く家〜被害前提「水陸両用」共生の発想 研究進む【地球異変】  
10/16 コンビニ深夜営業規制どうなった?/論議の争点は温暖化から生活様式に  
10/16 淀川4ダム 突っ走る国/流域委意見書 宙に/河川局「中身知らぬ」/6知事の判断注目  
10/15 温暖化対策〜途上国支援に重点/COP14準備会合/長期ビジョン共有へ  
10/13 川辺川ダム「国は代案を」〜蒲島・熊本知事 反対表明1ヵ月/管理者が対策 当然、国交省 ダム頼りすぎ/国は強行可能 発想転換困難/淀川4ダム 年内にも意見〜3府県知事  
10/11 前進するか「ポスト京都」/COP14/日本提案に熱入らぬ各国/13、14日に閣僚級準備会合  
10/10 空港 きしむ一体論/橋下知事「伊丹廃止論」で争い再燃/分業・共存〜地元に募る不満/同床異夢〜伊丹の扱い焦点  
10/10 バイオ燃料「効果薄い」〜拡大策見直し迫る/FAO(国連食料農業機関)(08年「世界食料農業白書」)  
10/10 東アジア環境相会合〜まず都市問題で協力  
10/10 「世界一の奪還」阻む政策/太陽電池、住宅用補助打ち切り〜「やめても普及」予想外れ/「一定量購入」より「高価買い取り」〜勝負つき、都も独自に制度/普及策以前の技術的ハードル〜立ち止まって考える日本、走りながら考えるドイツ【環境元年 第5部 太陽ウォーズ(4)】  
10/09 日本9位に後退〜世界競争力ランキング/足引っ張った…政治家の信頼度45位  
10/08 ”革命前夜”投資ラッシュ/太陽電池、過熱気味の増産計画〜ギガワット競争時代へ/家で発電・究極のCOゼロ…〜脱ガソリン車、街に次々/広がる市場〜20年後には最大で全発電の14%にも【環境元年 第5部 太陽ウォーズ(2)】  
10/08 ラムサール条約 4湿地を登録へ/琵琶湖地域は拡大  
10/08 脱化石燃料」購入義務化へ/石油・ガス会社対象(経済産業省)  
10/07 東アジアサミット〜声明案に排出半減目標/環境相会合 インド難色  
10/07 鞆の浦 保護論争ヤマ場/「ポニョの町」埋め立て・架橋計画/推進側〜今月中にも国認可か/反対側〜「景観利益」追い風に/「町並みは文化財」法動く  
10/06 光発電 沸騰寸前/電池市場 伸び年40%/「現代の油田」 狙うはサハラ/太陽電池 シェア争奪/性能躍進 アジア進出続々 料金高追い風/先行日本 補助廃止し停滞 世界一奪還へ/石油頼る構図 激変【環境元年 第5部 太陽ウォーズ(1)】  
10/05 アライグマ捕獲 神戸突出/捨てられ繁殖 3年で13倍  
10/01 米でCO競売、1トン320円  

2008年9月
 
9/30 禁煙店 客入り上々/紫煙やめたら…今日も元気だ 料理がうまい/「客層拡大 マナーも向上」/店6割「感謝の声 多い」/条例で義務化 神奈川県準備  
9/30 環境制度重視vs.経済配慮〜国内対策は企業寄り/社会の未来像 公約で示せ【選ぶ政策E】  
9/27 貧困半減 道半ば〜国連ミレニアム開発目標/1.7兆円追加支援/直面する危機と闘う〜潘基文・国連事務総長の寄稿  
9/27 新興国に達成義務〜政府のポスト京都議定書案/中印などに効率目標  
9/27 ダム「不適切・見直し」/淀川流域委 きょう最終案  
9/24 「エコ商品」徹底検査/環境省、来春から/は分解 原料追跡  
9/23 排出量取引 正否は/来月から国内制度試行/自主目標 国際的には異例/風穴開けたい政府/なお慎重な産業界  
9/23 7年以内の家電 再流通/環境・経産省/リサイクルに指針  
9/23 大戸川「緊急性低い」/淀川水系ダム府技術検討会/知事に中間報告(京都府)  
9/19 ワクチン優先職種公表/新型インフル/100業種に3段階で  
9/19 二酸化炭素の「見える化」って?/商品を作り廃棄するまでに生じる排出量表示  
9/18 ゲリラ豪雨どう備える/栃木・車水没〜通報対応で混乱/神戸・川増水〜警報伝えられず/研究機関・行政・民間でデータ共有〜「迫る災害」直接住民に 国が検討へ/警報メール 福岡で先行  
9/18 たばこ1000円でも税収増」/今後10年間の予測/厚労省研究班公表  
9/17 海から見た六甲山 守れ/神戸市、建築に高さ制限  
9/17 細る原発マネー/財政難の地元 固定資産税も法人税も減少/ハコ物 維持重荷/原油高、電力会社の納税に響く【現場から/福島・双葉町  
9/14 道路規格 地域に裁量/国交省方針/車線や歩道幅  
9/13 極度の貧困 依然14億人/国連まとめ  
9/11 川辺川ダム 知事きょう判断/熊本/推進自治体 足並み乱れ/反対の場合〜国、工事強行は可能/賛成の場合〜県負担、300億円超す  
9/10 CO取引 5万5千トン/自主参加第2期(環境省公表)  
9/09 故障・風向き…続く逆風〜京都府の風力発電/今秋にも存廃結論/本来すべきことは税や制度の整備だ  
9/09 利根川大洪水の被害想定〜死者 最悪1万人超/中央防災会議  
9/05 ガソリン税など衣替え案/経団連、環境税容認へ  
9/05 国際公約 待ったなし/失速する温暖化対策/排出量取引に異論噴出【漂う政策B環境】  
9/04 旧ソ連の国々が揺れている/そもそもグルジア紛争に至った背景は〜帝政ロシア以来因縁の土地/ロシアが今攻勢に出ている理由は〜資源高で強気、勢力回復を狙う【ニュースがわからん】  

2008年8月
 
8/29 ポスト京都削減枠組み巡り応酬/作業部会/義務恐れる途上国  
8/28 温暖化巡る国連作業部会〜実質進展なく閉幕へ  
8/27 カーシェア 企業で拡大/社有車削減、全国に  
8/26 太陽光発電補助を復活/09年度概算要求/経産省、環境を重視  
8/25 「民間」の禁煙 条例なるか〜神奈川県の試み/居酒屋やパチンコ店反発/群馬県は治療費補助  
8/23 深夜規制協議ボイコット〜コンビニ 強い不信感/京都市「敵前逃亡」/業界参加 なお要請/京都市 予定通り開催へ  
8/23 森林吸収「ルール維持して」〜依存大きい日本が主張(国連気候変動枠組み条約の作業部会)  
8/22 ポスト京都 交渉再開〜国連作業部会/「50年半減」探り合い/「セクター別」も正念場  
8/15 ODA、環境配慮は十分?/新JICA 10月発足/着手後に問題 後たたず/新指針、透明性どう確保/持続可能な社会づくりに貢献を  
8/13 四川 遠い日常〜大地震3ヵ月/家族を失い心にも傷跡/強いられる「自力更生」【時時刻刻】  
8/09 穀物高騰に一服感/天候に恵まれ増産傾向  
8/08 日本人の平均寿命、また延びたわね/死亡率が低下、55年には女性は90歳超!?【ニュースがわからん】  
8/07 滋賀県、ダム代替策/大戸川 堤防など97億円  
8/05 廃ペット高騰 再生ピンチ/自己破産の業者も/中国の需要増/ぬいぐるみに利用  
8/05 インドネシア鳥インフル死 新たに2人、計112人に  
8/02 上町断層地震〜「海抜0メートル」1.3倍に/防災会議調査/浸水対策促す  
8/02 堤防強化 消えた構想【淀川ダムを問う 混迷の計画(下)】  
8/01 平均寿命、過去最高に/男性79.19歳、女性85.99歳  
8/01 国内線 仁義なき選別/日航・全日空、大幅減便・廃止へ/狙われた関空・中部・福島/燃料高…限界の航空会社「さらに減らす」/それでも続く空港建設  
8/01 大戸川 異例の再転換【淀川ダムを問う 混迷の計画(中)】  

2008年7月
 
7/31 最大限の被害 国強調/滋賀県知事「実態違う」【淀川ダムを問う 混迷の計画(上)】  
7/30 低炭素社会 見えぬ道筋/行動計画閣議決定/達成、技術開発頼み  
7/30 新型インフル〜大流行時「4割欠勤」/厚労省 企業向け対策指針案  
7/26 巨大ダムは必要なの?/経済成長期は進歩の象徴/「自然が犠牲に」反対運動も【ののちゃんの自由研究】  
7/26 来年度からCO貯留実験・10月めどに排出量取引試行/政府の低炭素社会行動案  
7/25 深夜コンビニ 是非は〜温暖化対策で営業規制の動き/生活見直すきっかけに〜門川大作・京都市長/耳目引くが効果は疑問〜諸富徹・京大大学院准教授/休めぬオーナー 規制歓迎の声も〜本部は反発  
7/25 彩都のバイオ 花開く?/大阪のニュータウン ベンチャー約30社/産学連携・資金 カギ  
7/24 岩手北部 震度6強  
7/24 温暖化の波、農政にも/南方の害虫が越冬しコメ直撃〜新品種求め、戦国時代に/作付け急増する飼料用イネ〜広がる「耕畜連携」に助成/環境保全など多面的機能〜経済効果は8兆円以上に 選挙意識のばらまき懸念【環境元年 第4部 食糧ウォーズ(5)】  
7/23 乱獲続き やせ細る海/米、「持続可能な管理漁業」で枠削減〜規制緩い海にしわ寄せ/新鮮・手軽・健康……すし人気爆発〜水産物奪い合う時代に/「枯渇させず」・「生態系守る」……認証を受けた商品にエコラベル 国内100種以上、日本版も始動【環境元年 第4部 食糧ウォーズ(4)】  
7/22 バイオ燃料 摩擦熱/精製所拡大 あて外れ/米国内でも賛否衝突/ブラジル・投資家、虎視眈々【環境元年 第4部 食糧ウォーズ(3)】  
7/21 アジア 争い/井戸のため借金 悲劇/タイでも巨大灌漑網/「第2の緑の革命」へ節水農法【環境元年 第4部 食糧ウォーズ(2)】  
7/20 遺伝子技術で食確保/開発先行 足元へ波/高機能続々 賛否も/日本、無表示で浸透〜油・しょうゆ・菓子・調味料…/土地と人の関係 修復を【環境元年 第4部 食糧ウォーズ(1)】  
7/20 原発依存 浮き彫り〜立地市町村アンケート/財政難、頼みは「増設」〜福島・双葉町/原発マネーの恩恵〜関連税収の割合 予算の56.7%も/運転が止まったら〜新規の受け入れ 12市町村「検討」/誘致のメリットは一時的【列島発】  
7/17 学研都市 揺らぐ針路/構想から30年/研究施設 進む空洞化/民活頼み 虫食い開発/宅地開発で人口急増/権限ある組織必要  
7/11 諫早干拓〜国控訴、アセス実施へ/開門調査の影響判断/諫早再生 新たな関門〜環境アセスへ/農水省〜「控訴反対」法相に譲歩/漁民ら〜「開門いつ」不信感/事業延命へ目的転々〜田んぼ→水源→防災【時時刻刻】  
7/10 G8+新興国の対温暖化目標〜首相、米中狙い布石/自ら電話も/5月に始動  
7/10 温室ガス削減〜長期目標 新興国も共有/サミット閉幕/数値は触れず/環境交渉 新興国に力〜G8と対立顕在化/合意形成COP14カギ【時時刻刻】  
7/09 バイオ燃料 指針策定へ/G8声明/食料輸出規制 撤廃盛る/アフリカ支援 再確認/財源難の中、増額継続  
7/09 温室ガス 半減「世界の共通目標」/G8宣言 中印に同意促す/原油・食糧 懸念を表明/温暖化対策 苦しい結束/首相、直談判で米つなぐ/新興国の共有 不透明【時時刻刻】  
7/07 CO削減 商機あり/石油・電力 太陽光技術に投資/商社 排出枠買い集め/制約 むしろバネに  
7/06 航空機にCO排出枠/EU方針/域内の全離発着対象  
7/06 温室ガス〜米含め国別総量目標/排出国会議案 16ヵ国が合意  
7/05 京都議定書 曲折の11年/温室ガス削減 折衝複雑化〜採択、熱気が後押し/森林吸収分の拡大認める〜日本義務 実質2.2%  
7/05 温暖化対策トップは英国/WWFがG8ランキング/日本は5位「十分な貢献してない」  
7/04 自殺数、地域ごと分析/民間PT/最多は富士吉田署/発生 平均4つの要因連鎖〜例えば 事業不振→生活苦→多重債務→うつ/305のケース聞き取り  
7/01 なるか「環境モデル都市」/コンビニ深夜規制/50年に「COゼロ」/京都市、国募集に名乗り  
7/01 淀川ダム案 3知事慎重/概算要求に遅れも/住民守る責任 重い知事発言  

2008年6月
 
6/30 コンビニ24時間論争〜CO削減・非行助長・防犯機能/10自治体 規制検討/コンビニ深夜営業規制〜賛否両論/規制派〜生活を変える「象徴に」/慎重派〜地域安全・災害、貢献も  
6/26 少数チャン族 苦境〜四川大地震で「1割死亡」説/文化継承に打撃/政府、優遇支援を強調【世界発2008】  
6/25 温室ガス半減 黄信号/主要排出国首脳宣言案〜数値目標、米阻む/「セクター別」参加国合意へ  
6/23 極北 早まる夏/イヌイット 45年ぶり訪問/7.8度上昇 生活浸食/民族の誇り 危うし/なぜ狩りをするか?それがおれの人生だ〜今世紀末 夏の海氷消滅も/気候変動を考える時、私は人の顔を思い浮かべる〜自主対策には限界【地球異変】  
6/23 家庭太陽発電 設置費半額に/経産省方針  
6/22 エチオピア 干ばつ深刻化/飢え 子ども直撃/460万人分の食糧必要  
6/21 「手つかず生ゴミ」3割〜京大、京都市145世帯の家庭ごみ調査/5年前より大幅増/「期限切れ」続々/特売に踊らない  
6/21 小中校1万棟「倒壊も」/文科省調査/震度6強、大阪1割/公立学校耐震化〜276棟「工事早急に」(京都府)/市町村、重い負担/補助増え対策に勢い〜小中学校耐震化/すぐ動けぬ自治体も  
6/21 淀川4ダム 国交省「建設」/計画案 流域委を無視/なぜ推進 乏しい説明/淀川水系整備計画案〜「民」外し ダム一直線/整備局、国の権限強調/流域委「河川法生かせ」/地元 歓迎の声も/識者「ごり押しでは」【時時刻刻】  
6/20 自殺 都会のひずみ映す/家も会社も 苦しむ30代/ストレス社会 危機感  
6/20 岩手・宮城地震〜土砂ダム増水の不安  
6/19 温暖化被害 現実味〜環境省報告/悪影響、予想超す速さ/対策の優先順位 課題  
6/19 地域の足 息切れ/地方バス会社 破綻相次ぐ/引き継ぐ自治体 重い負担/実情に合う事業探る〜市民団体が無料バス・乗り合いタクシーに転換【現場から】  
6/19 淀川水系〜ダム見直さず/国、計画策定へ  
6/18 ジュース・菓子・洗剤…商品にCO排出量 表示へ/経産省 来春にも指針  
6/17 教育界に四川ショック〜耐震不足 日本も4万5000棟/強く安心の校舎を/補助拡充 自治体に動き/秘策は窓の狭小化・減築/民間資金の活用 基金も【新防災力】  
6/17 岩手・宮城地震〜7市町に交付金前倒し〜総務省「月内にも」/死者10人に/不明12人/山の集落 険しい復旧/財源不足、対策遅れ/孤立時の備え足りず/不明者、足取り見えず【時時刻刻】  
6/16 岩手・宮城地震〜雪解け水 土石流猛威/宿前で崩落、進路急変/死者9人に/土砂「ドーム7杯分」  
6/15 岩手・宮城地震〜死亡6人、不明11人/M7.2/けが159人、半壊42棟/余震200回/温泉旅館7人生き埋め/中山間地域 進まぬ対策/続く災害 初動迅速〜救援 組織超え続々/速報周知 時間差の壁/新幹線 一時2050人缶詰め【時時刻刻】  
6/14 地球は待ってくれない 国境・世代超え総力戦〜地球環境シンポジウム/開会スピーチ 福田康夫首相〜主要国すべての参加重要/基調講演 コニー・ヘデゴー氏〜最初の一歩踏み出そう/特別講演 奥田碩氏〜省エネ技術で世界貢献/特別講演 マーガレット・ベケット氏〜負け組許されぬ「大戦争」/干ばつ・水不足・感染症/排出減へ中期目標大切/技術移転をスムーズに/米の責任を日本促して  
6/13 アフガン〜500億ドルの支援要請/各国表明は計150億ドル/治安 ほど遠い安定  
6/13 たばこ1000円」見えぬ税収増/消費減、予測難しく/消費増税を牽制?/議連に「上げ潮派」【税を問う】  
6/12 四川大地震〜癒えぬまま 1ヵ月/不明なお1万7000人(死者6万9146人、行方不明者1万7516人)  
6/11 温暖化対策 福田提案を読み解く//環境税〜燃料課税見直しも/省エネ減税〜技術・商品開発促す/地球環境税〜国民理解カギ【税を問う】  
6/11 自動車保有数 戦後初の減少/昨年度末/車離れ テコ入れ不発/燃料高騰の影響も  
6/11 四川大地震〜ダム排水 下流の村水没  
6/10 地球環境シンポジウム 13・14日にシンポ/生物と水守るには〜外来バチ、生態系変える・恐竜以来の大絶滅時代か・保全に大切な「住民参加」/渇く中国の大地 日本は「輸入」・「節水思想」の普及を/気候危機 打つ手は〜温暖化が紛争に拍車・社会全体の意識 高める議論を  
6/10 排出量取引 秋から試行/温暖化対策 首相が発表/来年に中期目標/サミット向け率先姿勢/「低炭素革命」首相提案/主導権維持に意欲/中期目標なく批判も/自民〜族議員、軟化の兆し/産業界〜電力・鉄鋼なお反発/達成コストは52兆円超 家計に波及も  
6/10 四川大地震〜排水進む/震災孤児1019人 四川省内(死者6万9142人、行方不明者1万7551人)  
6/08 第3次石油危機の影/1年前の倍、2ヵ月で4割急騰/現状の水準「異常」〜エネルギー相会合/デモ・スト世界拡大/「石油危機」難解/止まらぬ投機マネー/食糧高騰の要因にも/省エネ進み負担感は軽く【時時刻刻】  
6/07 温室ガス半減「45兆ドル必要」/IEA試算  
6/07 EU新憲法」ピンチ/アイルランド12日国民投票/世論調査、「NO」優勢  
6/06 排出量取引 13年以降の導入検討/温暖化対策の政府案  
6/06 四川大地震〜27土砂ダム 決壊ピンチ/爆破で対処も(死者6万9127人、行方不明者1万7918人)  
6/05 終身刑」の創設 加速/秋の臨時国会 法案提出へ〜超党派で議論一致/死刑廃止論にジレンマ/ねじれ国会に嫌気差し参集  
6/05 出生率1.34、07年も上昇/2年連続/出生数は3000人減  
6/04 食糧サミット開幕〜バイオ燃料 妥協点遠く/推進派のブラジル・米国〜「高騰主犯論」に防戦/国内政策優先 反発呼ぶ/日本 輸入米30万トン放出 福田首相表明  
6/04 四川大地震〜被災児100人 故郷離れ1400キロ/親の死知らず「飛行機楽しみ」(死者6万9107人、行方不明者1万8230人)  
6/03 四川大地震〜土砂ダム 募る不安/避難民に届かぬ情報/倒壊校舎周辺を封鎖〜警察、遺族の抗議排除(死者6万9019人、行方不明者1万8627人)  
6/03 少子化 厚い壁/「新たに最大2.4兆円必要」〜財源めど立たず/団塊ジュニア30代後半へ〜自立できぬ層なお/「両立」支援の中小企業も  
6/02 淀川流域委 存続の危機/住民参加、「ダム不適切」指摘/国交省「23億円運営 高い」/会合600回 情報も広く/長良川河口堰教訓に設置/意見盛らぬ方が無駄  
6/02 四川大地震〜救援ヘリ不明/負傷者ら19人搭乗/日本医師団きょう帰国(死者6万9016人、行方不明者1万8830人)  
6/01 40歳喫煙 余命4年短い/30万人を10年間追跡/早めの禁煙なら効果  

2008年5月
 
5/31 クラスター弾〜禁止条約案を採択/米などへの実効性課題  
5/30 NGO結集 「実利」再現〜クラスター弾 禁止合意/有志国と連携 世論背に/日本の転換 首相主導/変わらぬ米の不参加【時時刻刻】  
5/30 四川大地震〜広東省は文川県・山東省は北川県〜各省に担当被災地/復興・支援 競わせる/土砂ダム 対策に遅れ/下流の放射性物質移動(死者6万8516人、行方不明者1万9350人、負傷者36万5399人)  
5/30 バイオ燃料「見直しを」/TICAD〜食糧高騰を議論/アフリカの食糧増産 切り札は「ネリカ米」  
5/30 水害 年1兆円増・ブナ林激減/温暖化日本も深刻/PT予測(温暖化影響総合予測プロジェクトチーム)  
5/29 四川大地震〜土砂ダム爆破へ/死者6万8千人に(死者6万8109人、行方不明者1万9851人)  
5/29 クラスター爆弾〜例外認める提案/議長国アイルランド  
5/29 対温暖化5700億円基金〜十数ヵ国参加/サミットで合意へ  
5/29 欧州 原発活況/「温暖化対策」と一躍脚光/仏、各国と次々協定/兵器に転用 懸念の声/米国〜現政権、推進に転換/日本〜大手、海外受注狙う【世界初2008】  
5/28 四川大地震〜ガス壊疽3.5万人/広がる感染症/決壊寸前、防げるか〜四川震源近く(死者6万7183人、行方不明者2万790人、被災者4561万人、避難者1500万人)  
5/27 死者6900人予想/花折断層、最大震度7/京都府調査委  
5/27 四川大地震〜ダム決壊なら130万人避難も(死者6万5080人、行方不明者2万3150人)  
5/27 脱温暖化 先進国なお溝〜G8環境相会合閉幕/目立つ途上国の譲歩姿勢/長期目標、方向出ぬ日本【時時刻刻】  
5/26 G8環境相会合〜「50年半減」で大筋一致/議長総括へ文案最終調整/レジ袋削減など合意/日本に注文続々  
5/26 四川大地震〜M6.4余震、7万戸倒壊/避難生活1400万人(死者6万2664人、行方不明者2万3775人、負傷者35万8千人)  
5/25 G8環境相会合〜「低炭素社会へ国際研究網を」/神戸イニシアチブ 提唱方針/森林保全 意見相次ぐ/流通規制案も  
5/25 四川大地震〜土砂ダム22ヵ所 決壊も/死者6万人超に(死者6万560人、行方不明者2万6221人)  
5/24 バングラデシュ政府 初の鳥インフル患者確認  
5/24 バイオ燃料「見直して」/食糧高騰/国連など議論活発/「緊急事態」WFPスーダン代表  
5/24 四川大地震〜被災地の50%消毒終わらず(死者5万5740人、行方不明者2万4960人)  
5/23 四川大地震〜死亡・不明 8万人超す(死者5万1151人、行方不明者2万9328人)  
5/23 G8環境相会合あす神戸で開幕/「ポスト京都」協議  
5/23 旬のものを食べる、太陽光・自然風生かす家〜CO 2050年70%削減へ12案/国立環境研、サミットに向け提言  
5/22 四川大地震〜土砂ダム33ヵ所に(死者4万1353人、行方不明者3万3千人)  
5/22 「道路」VS.「環境」動き新た/工事の合間に酪農…「土建国家体質」維持は限界/特定財源一般化 揺らぐ「受益と負担」〜徴税の根拠で駆け引き/「環境」は予算確保の名目〜「石油石炭」先例からくりを駆使/環境税 北欧中心に8ヵ国 用途限定せず税収還元も【環境元年・第3部 政策ウオーズ(5)】  
5/21 自然エネルギー頭打ち/風車の新規建設 相次ぐ辞退〜意欲なえる「抽選」・耐震基準/安全性証明が壁・国の補助打ち切り〜技術・資本 進む海外流出/「安定供給」盾に電力会社抵抗〜手放さない送電線 増やしたい原子力/風力 世界8位から13位に、太陽光 かつて日本の独壇場【環境元年・第3部 政策ウオーズ(4)】  
5/21 四川大地震〜核施設被災 中国認める/山に亀裂 9000人避難(倒壊家屋約536万戸、損壊家屋約2143万戸、避難した被災民約1235万人)  
5/20 四川大地震〜作業員200人、土石流に/犠牲、7万人も  
5/20 バイオ燃料 攻防戦/直接混合 締め出し/石油は参入警戒/食糧以外からの生産 期待【環境元年・第3部 政策ウオーズ(3)】  
5/20 食糧高騰 強い危機感/「バイオ燃料原因」討議へ/アフリカ支援も焦点【洞爺湖サミット 議論の行方(下)】  
5/20 クラスター爆弾国際会議始まる/「禁止」の範囲 争点に  
5/19 「鉄は国家」呪縛/業界反対 転換進まず/迫られる排出量取引/「セクター別」に希望/温暖化対策 日本は62位【環境元年・第3部 政策ウオーズ(2)】  
5/19 四川大地震1週間〜救い待つ命1万人/死者3万2千人/「この下に、まだ弟が」/避難456万人 安住の地どこ/中国・四川省 テント村に人の波/被災地の核施設 放射能漏れ懸念/日本の公立小中学校〜耐震化率58% 重い財政負担【時時刻刻】  
5/18 四川大地震〜800ダム 決壊の恐れ/雨続き増量 住民ら避難/「壊れるぞ」数千人、高台へ/感染症じわり 薬不足/防疫進まず拡大恐れ/揺れ体感広範囲 日本列島収まる  
5/18 京都議定書 裏に密約/批准へ 財界に「強制せぬ」/国内対立 外交にツケ/理想か現実性か 目標にずれ/欧米連携なら締め出し懸念/国内議論 今こそ深めよ【環境元年・第3部 政策ウオーズ(1)】  
5/17 温暖化対策 仲介に期待/削減目標〜日本の力量、各国も注目/途上国〜参加促進へ支援策提案【洞爺湖サミット 議論の行方(上)】  
5/17 06年度排出量 「京都基準」超す  
5/17 省エネに新国際枠組み/主要11国、サミット成果に  
5/16 排出枠配分、4試案/取引制導入 本格論議へ/環境省  
5/16 四川大地震〜死者推計5万人超/日本の救助隊 北京到着/衛生状態悪化 住民移送  
5/15 四川大地震〜2.7万人 命の瀬戸際/不明・生き埋め 救助進まず  
5/15 経済被害74兆円〜上町断層地震/国試算/避難者550万人/200万人 帰宅に課題/大きさに戸惑い/観光客対策も/ライフライン/各自で備えを  
5/15 排出枠取引」個人向け次々/旅行、宅配便…消費者にエコPR  
5/14 淀川水系〜「不適切」4ダム盛る/国交省計画案/流域委の意見書無視  
5/14 四川大地震〜死者1万2000人超/生き埋め2万人以上/道分断、救助阻む/「一戸残らず倒壊」必死の避難  
5/13 中国M7.8 死者8500人/四川省 学校や家多数倒壊/化学工場生き埋め/「校舎下に息子が…」/交通マヒ・食料品に殺到/温首相、はや現地入り/日系企業 安否確認急ぐ/「阪神の20〜30倍規模」【時時刻刻】  
5/13 屋内家禽類を1万5000羽処分/ソウル  
5/13 折れた電柱 壊れた僧院〜ミャンマー激甚被災地ルポ/路肩で寝起き/マラリアなど発生/「死者・不明10万人」国連推計下方修正  
5/12 揺れるバイオ燃料政策/EU〜食糧高騰の元凶と矢面/ブラジルは弁護に懸命〜世界最大の輸出国「サトウキビ原料なら善玉」  
5/09 ソウルでも鳥インフル  
5/08 100万人 家喪失か/ミャンマー  
5/06 ミャンマー サイクロン〜死者4000人超える/強風突然の直撃  
5/06 秋田と同型 強毒性検出/北海道の鳥インフル  
5/06 食確保 脱「海外頼み」/給食直撃 献立工夫/飼料・小麦粉、米で代替/「無駄」見直し家計節約/農家と消費者、提携を【食糧暴発(下)】  
5/05 急騰 絡み合う不均衡/小さなパイに投機乗り換え/天災・転用 産地に異変/工業化のツケ 大国でも【食糧暴発(中)】  
5/05 子どもの数 27年連続減(15歳未満、総務省発表)  
5/04 穀物高騰 世界に影/娘の給食、5人家族の糧〜止まらぬ暴動・コメ求め疎開/国際支援遅れ鮮明〜1億人に食料不安「静かなツナミ」/WFP調達費 青天井/日本対応 縦割りの壁/新興国台頭 高止まりも【食糧暴発(上)】  
5/03 温暖化対策 セクター別アプローチ〜「公平さ」実現なるか/日本「目標の基礎」/各国、都合良く解釈/調整、時間との闘い  
5/03 手足口病の原因ウイルス 中国・安徽で3千人感染  
5/03 鳥インフル猛威の韓国〜鶏肉・カモ肉を敬遠  
5/02 北海道で鳥インフルか(北海道根室支庁別海町の野付半島)  
5/02 止まらぬダム計画/岐阜・徳山ダム 完成目前/移転強いた手前 引けず〜国交省「地域感情無視できぬ」/見直し権限 求める住民/自治体が主導 中止の成功例  
5/01 糖尿病患者・予備軍 250万人増えた/夜食・運動不足 06年1870万人に(厚生労働省 国民健康・栄養調査)  
5/01 デンマークでも鳥インフル検出(H7N1型)  
5/01 お手軽CO”削減”術/排出枠、コンビニで購入・500キロは2500ナリ【エコにGW(下)】  

2008年4月
 
4/30 連休 自然にやさしく/都会で水辺めぐり・なるべく車使わず/近くの公園 水筒持参で【エコにGW(上)】  
4/30 鳥インフルは高病原性(H5N1型)(秋田県小坂町の十和田湖畔)  
4/29 白鳥3羽、鳥インフルか(秋田県小坂町の十和田湖畔)  
4/26 新型インフルエンザ発生時〜国の対策 実効性は/在外邦人早期帰国・ウイルス流入阻止/企業は自衛、薬の備蓄も/「侵入後」まだ手薄  
4/25 西成区の平均寿命短し/男性ワースト 女性は4番目(厚労省 全国の市区町村別の平均寿命公表)  
4/24 温室ガス削減策 日本案EU支持/中国など取り込みへ  
4/23 ダム建設「不適切」〜淀川流域委/国交省に近く意見書/ダム推進 せき止め/委員公募、追認せず激論/3知事、国の説明に疑問/「穴あき」式で事業復活  
4/17 鳥インフル〜ソウル近郊でも確認/「警戒」警報、全国に拡大  
4/17 ガス排出削減 手法巡り討論/主要経済国会合開幕  
4/16 死刑 中国が最多/昨年執行  
4/15 環境税 導入論議が加速/ガソリン暫定税率分を「衣替え」/対象・税率 課題は山積【税を問う】  
4/15 大間原発設置許可は「妥当」/原子力安全委など  
4/15 上関(かみのせき)原発〜2年後着工 確実に/共有地訴訟 住民の敗訴確定/反対運動手詰まり  
4/13 温室効果ガス削減で大手が中小支援/排出量取引を活用  
4/13 氷解け陸路 犬ぞり強行軍【地球異変】  
4/11 「開発と温暖化対策両立を」/TICAD 横浜宣言案明らかに/「内容貧弱」批判が続出  
4/08 老朽水道管 遅れる対策/10年後、4割が更新期/大規模断水が相次ぐ/費用工面 手つかず/耐震化とセット 補助金利用も【現場から】  
4/07 目覚めよ循環資源〜草と木のバイオマスを生かす「国民参加の森林づくり」シンポ/国産材利用の底上げが先決/放棄田・休耕田使い燃料生産も/基調講演〜人類を救うスローなバイオ/パネリスト基調報告〜「住育」で利用促進を図れ/安定供給は日本の森から/草原は「緑の油田」になる/消費が資源生む駆動力に  
4/06 京大の屋外禁煙 2キャンパスも  
4/06 G8サミット前 首相「環境」の笛吹けど/国内〜低支持率ネックに/海外〜途上国の反発強く  
4/05 「セクター別」で対立/ポスト京都作業部会  
4/04 ポスト京都〜合意への道筋 見えぬ議長案  
4/04 淀川整備の連携確認/3府県知事/流域委と会合  
4/03 徒歩200万人「満員電車なみ」/首都直下地震 発生したら/直後に「家へ」大混雑の恐れ  
4/03 市民が増やす エコ発電/太陽光パネルの設置に出資/「環境価値」証書で売り買い【できるCO削減(下)】  
4/02 家電買い替え 思案の時/10年前のエアコンなら有意義/省エネ、工夫次第で効果あり【できるCO削減(中)】  
4/02 余野川ダム計画廃止へ(国土交通省近畿地方整備局)  
4/01 レジ袋持参 初めの一歩/有料化加速 全廃スーパーも/「車で店まで」元も子もなし/家庭排出量、急増中【できるCO削減(上)】  
4/01 ポスト京都 議論火ぶた/途上国「資金を」VS.先進国、無駄警戒/「我慢」ではなく「前向き」に  

2008年3月
 
3/31 エコ社会へ実行の時〜京都議定書目標 達成するために/プロ野球も省エネ作戦/政府計画は自主性頼み/国内排出量取引に注目  
3/31 京都の約束」あすから/温室効果ガス削減 本番  
3/28 急成長 ひずむアジア/複合公害 海辺が沈む/洪水常襲地区にスラム/調和型都市計画 JICAが協力 欧州・韓国も名乗り/上海万博控えCOゼロの街建設〜中国、エコ重視へ試金石【環境元年・第2部 都市ウオーズ】  
3/28 温室ガス排出、順位公開/環境省・経産省/電力・鉄鋼など上位  
3/28 「関西広域連合」09年にも発足/2府7県と4指定市/防災・観光・医療で連携/分権へ具体的一歩  
3/27 細るゲレンデ 民営化に賭け/少子雪不足…愛好者半減/小規模公設、廃止進む?  
3/27 ごみ山に眠る宝 狙え/メタン発電 一石三鳥〜電力+温暖化防止+排出枠獲得/日本、生ごみ循環 進化形/都市鉱山なら資源大国〜日本企業、レアメタルリサイクル研究/再利用進んでも削減努力は必要【環境元年・第2部 都市ウオーズ】  
3/27 茶色い雲 越境/汚染物質、刻々と変質〜重慶/オゾンで疾患 拡大予測/規制の枠組み 東アジア空白【環境元年・第2部 都市ウオーズ(3)】  
3/25 渋滞防ぎ排出削減/ロンドン〜中心部乗り入れに課金/東京〜環状道路整備を最優先/鉄道・貸し自転車…交通全体で対策を【環境元年・第2部 都市ウオーズ(2)】  
3/24 熱噴く都会/高温下水 海異変/ビル排気 気流に/温暖化 苦闘の都市/排出枠 産業界と綱引き/高潮・洪水 遅れる対策/「低炭素都市」つくる責任【環境元年・第2部 都市ウオーズ(1)】  
3/21 膨らむ東京 陰る足元/高層住宅が人口吸収/急激な高齢化の波/「脱・官主導」で解決を  
3/21 穀物 高騰ドミノ/バイオ燃料用トウモロコシ拡大→小麦・大豆減産/投機マネーも流入  
3/20 エイズ・結核 感染連鎖/弱る免疫、上がる発症率/高給求め医師は国外へ/頼みの綱の資金援助 介入が重荷に【変わるアフリカ】  
3/19 温室効果ガス〜20年度 最大4%削減/90年度比/経産省「負担52兆円」/実現へ なお高い壁  
3/18 人口流出 第3の波/地方、少子化との二重苦/雇用の確保へ経済自立探る〜飯田市など南信州構想/アクセス維持 悩む「限界村」〜高齢化率50%天龍村  
3/17 G20閉幕 5月に研究作業部会/ポスト京都 国別削減目標作り/積み上げ式 批判続々  
3/16 温室効果ガス〜自治体6割 削減目標/本社調査/「達成可能」は1割/温暖化対策 地方が熱い〜全国自治体アンケート/国より野心的、次々と/広島〜町内会で排出量取引 議論/埼玉〜発想転換「マンゴー研究」/愛媛・和歌山〜ミカンを品種改良/「経済活性化が先」実施には限界も【時時刻刻】  
3/16 G20 温室ガス削減手法協議/日本提案「産業別」が焦点  
3/15 75歳以上世帯 2030年に倍増/全体の2割に(国立社会保障・人口問題研究所の将来推計)  
3/14 大阪・神戸 220平方キロ浸水〜「スーパー室戸台風」直撃なら/国交省試算  
3/14 温暖化対策 連携へ総力/洞爺湖サミット関連会合始動/きょうからG20/ポスト京都焦点  
3/12 中国環境部門、省に昇格/機構改革案/エネルギー局も新設  
3/09 死招く蚊 高地侵食/ケニア 枯れる湖 気温上昇/幼い命に猛威/マラリア禍、長雨が拍車/蚊帳で予防、流行予測へ【地球異変】  
3/05 黄熱病 アルゼンチンでも1人感染  
3/05 災害は時を選ばない/「職員宿直なし」11県/奈良・和歌山・岡山・広島・四国3県  
3/05 温室効果ガス〜8部門で削減目標/積み上げ式 政府原案/ポスト京都案「全員参加」目指す/産業別目標 実効性立証カギ  
3/02 日本向け農畜産物〜生産に使う水 7%は地下水(東京大と国立環境研究所のグループまとめ)  
3/01 ペットボトル再利用へ/環境省、制度作り検討  

2008年2月
 
2/29 公平な排出枠 どう実現/温室ガス 国内取引制度/企業配分、日本流を探る/国際市場づくり 先進国は綱引き  
2/28 温暖化討議、16ヵ国/洞爺湖、最大級の直接対話  
2/28 排出量取引「具体化検討を」/温室ガス/政府が計画改定案  
2/27 温対法改正案〜問題企業名公表を撤回/報告義務、企業単位に  
2/27 経団連 政府が包囲網/排出量取引「容認」/奥田氏、首相の意向助言か/制度設計 今後の焦点  
2/27 「数値目標参加も」/温室ガス削減〜米、中印の同調条件  
2/27 ベトナム 鳥インフル、死者51人に  
2/23 禁止合意持ち越し/クラスター爆弾/国際会議が閉幕  
2/22 姫路城「禁煙」/罰則は2000円  
2/21 07年の出生数 112万人(人口動態統計の速報)  
2/21 排出量取引 本格検討/米導入必至で追随/経済界、抵抗軟化も/経産省「議論もう避けて通れぬ」  
2/20 路上で一服 罰金1000円/京都市の喫煙禁止区域10ヶ所/6月実施へ審議会答申  
2/17 リサイクルのありかた/生産者のコスト負担を高めよ・市民は買う段階で賢い選択を〜国立環境研究所・循環型社会・廃棄物研究センター長 森口祐一さん/資源、エネルギーの無駄多い・寿命長い製品つくり、愛用を〜中部大教授 武田邦彦さん【耕論】  
2/15 ベトナム 鳥インフル死亡49人目  
2/14 1平方キロに ごみ380キロ(環境省 瀬戸内海の「海底ごみ」調査)  
2/14 厳しくいきます〜家庭ごみ「2割減らして」/環境省が2015年目標案/自治体行政の目安に  
2/11 誰でもやさしく〜銀行取引図式化/全銀協が作製  
2/09 新型インフル 備え急務/「鳥」の猛威 14ヵ国で230人死亡/変異の危険高まる/国内死者 最悪「64万人」/治療薬不足懸念も/個人での対策〜食料・日用品2週間分確保を  
2/09 温室ガス 削減目標「達成可能」/京都議定書 見直し政府計画 最終報告/「根拠が不明確」批判も/「国民運動」も頼みの綱  
2/08 京都議定書 温室ガス削減目標〜「追加策でも不足」試算/環境・経産省/対策補い最終報告へ  
2/08 「09年合意」へ共通の土台〜主要排出国会議/温室ガス排出削減/離反の米、歩み寄り/国別義務には反対貫く/米国〜鍵握る新大統領/日本〜意見調整に課題  
2/08 アマゾンの森林 伐採ペース加速/5ヵ月で東京の面積の3倍/農園や牧場に  
2/06 空港の外資規制 熱論/安全保障派「重要インフラ」、成長戦略派「投資に悪影響」/関空も対象に/ファンド対策 各国強化【時時刻刻】  
2/06 中国大寒波 異例の旧正月/数千万人 帰省凍結/停電・交通マヒ続く/死者60人、避難175万人  
2/03 経済損失8千億円〜中国「歴史的」寒波/死者60人、倒壊家屋22万棟  
2/02 空港外資規制〜国交省戦略に強い逆風/閣内からも批判噴出  
2/02 温室ガス主要排出国 夏の首脳級会合検討  
2/01 景気拡大7年目〜曲がり角/住宅着工減、トイレ・家具打撃/建設 人減らしも/石油製品・食品、次々値上げ〜財布のひも 締まる一方  

2008年1月
 
1/31 ストップ温暖化「一村一品」大作戦〜エコ地方色/大阪〜チラシと一緒にアメちゃん/宮城〜揚げかまぼこ廃油で車燃料/沖縄〜輸入大豆やめ地産の島豆腐/昔の知恵を今に生かす  
1/29 東北連携 道州制の芽/高速バス 弘前から郡山から〜仙台へ若者集結/自動車産業集積や観光PR〜進む「6県共同」/他地域の動きは〜九州、実現めざし報告書・関西は「広域連合」検討  
1/27 耕作放棄地」が急増〜交配防ぐあゆみ/肉牛の放牧や特産品栽培/自治体制度で解消後押し/高齢化・後継難で危機的状況【環境ルネサンス】  
1/25 古紙再生の傷 深く〜偽装問題で信頼失墜/分別回収支えてきたのに…住民に衝撃「やるせない」/配合率見直しへ情報開示が必要/新聞用紙の場合〜配合率60%以上、強度も配慮  
1/24 ベトナム 鳥インフルで男性死亡  
1/24 温室ガス削減EU、国別数値目標提案/平均10%減/英16%、独仏は14%  
1/23 蚊退治に軍まで出動/ブラジル/媒介の熱帯病 流行傾向  
1/20 マイカー頼らぬ繁華街〜那覇市のトランジットモール/郊外型店舗に対抗/歩行者優先で集客アップ【列島360°】  
1/18 レジ袋やめました/ローソン京大店 コンビニ初  
1/17 排ガス規制 米政府VS.州/独自の強化策推進〜カリフォルニア、全米一律掲げ対抗〜ブッシュ大統領/司法も後押し/総排出の28%/経済不安 議論湿る〜気候安全保障法案【世界発2008】  
1/17 密集解消 一歩ずつ〜古い木造住宅 延焼防げ/火災に強い街こうすれば…老朽家屋の取り壊し・家屋のセットバック・消火栓、貯水槽の設置・共同建て替え・沿道建築物の不燃化/震災で焼失 神戸・須磨〜受け皿住宅少なく、戻れぬ住民も/モデル事業 大阪・生野〜入り組む権利 土地買収進まず/京都〜町並みと両立模索/共同住宅化 法で後押し・民の知恵と連携【新防災力】  
1/17 公表こそ対策の一歩〜校舎・地盤 見えぬリスク/責任追及恐れ渋る行政〜4328棟使用禁止相当、危険調査は13自治体のみ/「自助」「共助」重要に【震災の遺訓(下)】  
1/16 「防ぎ得た死」ゼロへ〜派遣医療隊の配備進む/全国404 迅速な活動カギ〜中越沖地震38チーム集結、最大の問題 遅い現地要請/東海や東南海・南海に備え養成急務【震災の遺訓(中)】  
1/15 木造密集地 自ら守る〜同時多発火災に備える/簡便パイプで初期消火〜10世帯1組ボランティア、路地が舞台 実践的な訓練/消防力上げる 延焼予測ソフト開発【震災の遺訓(上)】  
1/14 温室ガス 排出権市場研究/東証と工業品取引所  
1/12 たばこの広告 ロシアも禁止/規制枠組み条約加盟へ  
1/11 温暖化対策〜途上国支援1兆円/ツバルなどに5年間  
1/11 環境税・国内排出量取引〜賛成の企業 ともに4割/反対・経団連と温度差  
1/10 私なりのエコライフ/技術吟味型〜生産法・寿命まで見極め(宇宙物理学者 池内了さん)/情報発信型〜ブーム作り社会動かす(コピーライター マエキタミヤコさん)/リセット型〜様子見はダメ 挑戦して(映像作家 高城剛さん)/アメリカでは〜シリコンバレー やさしく変身中〜自転車通勤で食券支給・CO排出ゼロオフィス【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(9)】  
1/10 空のエコ EU対立/CO規制の厳しさ巡り/日本便も対象  
1/09 新エネルギー覇権争い/アフリカ・めざすはバイオ大陸〜燃料作物か食糧か 論争/アイスランド・水素立国なるか〜滞る技術開発 実現に壁/米・独・ブラジルがリード〜日本、原発依存のまま【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(8)】  
1/09 自転車道建設 国が本腰/全国100ヵ所 駅前中心に(国土交通省と警察庁)  
1/08 廃家電 アジアむしばむ/フィリピン・中国 集積地続々/資源再利用 汚染は拡大【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(7)】  
1/07 政策動かすNGO/豊富な人材・戦略力強み/日本、まず意識変化から【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(6)】  
1/07 「地球環境は病的」76% 温暖化が心配は9割〜本社世論調査/地球温暖化肌身に 暮らしの無駄自覚/どこまで我慢?〜自販機・深夜コンビニ「なくてもOK」8割、温水トイレ・クーラーは世代間で差/ごみ減量〜エコバッグ歯主婦68%、ペットボトル分別定着/生活改革意識〜「不便になってもいい」51%、10年前と変わらず/日常行動〜冷暖房「控えめに」87%、「電気プラグよく抜く」28%止まり/国内政策〜「選挙で環境考慮」7割/京都議定書〜米の離脱「大きな問題」85%/生活改革は着々 政治の積極姿勢望む国民  
1/06 対応迫られる日本/福田首相も「美しい星」/衝突避け あいまい提案/「バリ・ショック」数値設定が急務に【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(5)】  
1/05 気候政策 争う欧米/EU、「一人勝ち」ねらう/米、大統領選の主要課題【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(4)】  
1/04 成長優先 手結ぶ中印/追いつかぬ省エネ/中〜旧式発電、号令で一掃/印〜家畜大国、フン燃料も【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(3)】  
1/03 交通死 54年ぶり5千人台/昨年/飲酒事故 90年以降で最少  
1/03 COマネー 市場席巻/排出権高騰 日本に重荷/必要量「10億トン」海外頼み/国内取引なく孤立化も【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(2)】  
1/03 バイオ燃料に税優遇/来年度から/政府、普及後押し  
1/03 温暖化ガス〜排出権、小口販売/信託各行、商品化に本腰  
1/01 温暖化 牙むいた/相次ぐ異変 生活脅かす/ダルフール 虐殺呼んだ砂漠化〜の争奪 憎しみ募らす/気候変動との戦い 急務/地球への負荷 止めねば【環境元年第1部 エコ・ウォーズ(1)】  
1/01 昨年は109万人誕生/3千人(厚労省 人口動態年間推計)  

<このページの先頭へ>

<TOP PAGE> <街を歩けば> <ビルを歩けば> <鎌倉を歩けば> <犬も歩けば> <庭を歩けば> <プロフィール> <更新履歴>