OURS人研ニュース

障害者・外国人 <実務資料>              最新情報(トップ)へ  実務資料目次へ


2017/05/28 労働条件に関するトラブルで困っていませんか?(パンフ)
厚生労働省から、日本国内で就労する外国人向けのパンフレット「労働条件に関するトラブルで困っていませんか?(日本語)」が公表されました。

2017/04/15 外国人の活用好事例集〜外国人と上手く協働していくために〜
厚生労働省では、「外国人労働者の活用事例に関する実態把握事業」(株式会社中外に委託)を実施し、「外国人の活用好事例集〜外国人と上手く協働していくために〜」を作成しました。外国人を雇用している企業約50社を対象とした雇用管理等に関するヒアリング調査を実施し、有識者で構成された研究会において調査結果の分析を行い、好事例となる取組内容を取りまとめましたので、より良い就労環境等を整備するきっかけとしてご活用ください。

2017/03/08 事業主が障害者に提供する「合理的配慮」の事例集
厚生労働省から、事業主が雇用する障害者等に提供する合理的配慮の事例を集めた「合理的配慮指針事例集」(第三版)が公表されました。2016年4月から障害者雇用促進法に基づき、全ての事業主に障害者への差別禁止と合理的配慮の提供が義務付けられていることを受け、各企業で障害者の雇用管理の参考となるような具体的事例を紹介しています。

2014/05/20 外国人労働者向け労災保険給付パンフレット
厚生労働省から、「外国人労働者向け労災保険給付パンフレット」が公表されました。日本語版のほか、英語、ポルトガル語、韓国語、中国語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、ペルシア語、スペイン語版が作成されています。

2014/05/04 高度外国人材活用のための実践マニュアル
厚生労働省では、「高度外国人材の日本企業就業促進に向けた普及・啓発事業」(株式会社富士通総研に委託)を実施し、有識者検討会、企業ヒアリング等を通じて「高度外国人材活用のための実践マニュアル〜活用・定着で悩んでいる方へ〜」を作成しました。企業における高度外国人材活用の現状と課題、高度外国人材本人のニーズ等がまとめられており、企業における高度外国人材活用促進のための参考として活用できるものになっています。

2014/04/20 平成26年度版 就業支援ハンドブック
高齢・障害・求職者雇用支援機構から、「平成26年度版 就業支援ハンドブック 障害者の就業支援に取り組む方のために」が公表されました。障害者の就業支援に取り組む場合の入門書として、就業支援の基礎的な知識、支援の流れ、具体的な支援技法、支援のポイント等についてわかり易くとりまとめられています。

2013/08/04 障害者雇用率制度の案内
厚生労働省から、障害者雇用率制度の案内(平成25年8月1日改訂版)が公表されました。障害者雇用率制度の概要、算定の特例、納付金制度などが紹介されています。

2013/04/18 高度外国人材の日本企業就職支援事例集
厚生労働省が、留学生への就職支援に積極的に取り組んでいる企業の好事例や、留学生の採用・活用上の工夫などについてまとめた「高度外国人材の日本企業就職支援事例集」を作成しました。高度外国人材を活用したい企業や日本企業に就職したい留学生が活用できる内容となっています。

2013/04/12 障害者雇用Q&A集(パンフ)
高齢・障害者雇用支援機構から、パンフレット「はじめからわかる障害者雇用 事業主のためのQ&A集」(平成25年3月版)が公表されました。Q&A形式による解説に加え、「自己診断チェックシート」なども掲載され、充実した内容となっています。

2012/04/21 外国人労働者向け紛争解決援助制度の案内(パンフ)
厚生労働省から、外国人労働者向けのパンフレット「外国人労働者向け紛争解決援助制度の案内」(平成24年3月版)が公表されました。日本語のほか、英語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語で書かれたものになっています。

2011/07/01 プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドラインの概要(パンフ)
厚生労働省から、パンフレット「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドラインの概要」が発行されました。

2011/06/22 外国人雇用はルールを守って適正に(パンフ)
厚生労働省から、「外国人雇用はルールを守って適切に」の新しいパンフレットが公表されました。雇用対策法、指針、届出などが簡潔にまとめられています。

2011/05/02 外国人留学生のための就活ガイド(パンフ)
日本学生支援機構から、パンフレット「外国人留学生のための就活ガイド」(2012年度版)が公表されています。

2011/03/04 高度外国人材活用のための実践マニュアル(パンフ)
厚生労働省から、富士通総研作成のパンフレット「高度外国人材活用のための実践マニュアル」が公表されています。
<参考>
同マニュアルは、高度外国人材を活用するには、次のような仕事の進め方の見直しが必要である指摘としているのですが、これらのことは、高度外国人材の(採用の)有無にかかわらず、今後の日本企業に求められていく事項だといえるでしょう。
・仕事のやり方を見直し、効率化できないか再検討する。
・会議をするときは、目的や議論の流れを明確にする。
・仕事の指示をするときは、目的と、誰が、何を、いつまでにやらないといけないのかを明確に伝える。
・報告や相談が必要なときはその旨、どのような場合に必要なのかを予め伝える。

2010/05/05 外国人雇用対策
厚生労働省のホームページの「外国人雇用対策」のコーナーにおいて、「通訳を配置しているハローワーク」など、情報の一部が更新されました。

2010/03/28 外国人雇用のルール(パンフ)
愛知労働局から、「外国人雇用のルール」と題するパンフレットが公表されています。在留資格と就労範囲、雇入れ・離職の手続き、外国人雇用状況報告、外国人雇用管理の改善等が、簡潔にまとめられたものになっています。

2009/11/19 障害者の雇用職場改善の好事例
第41回労働政策審議会障害者雇用分科会の資料として、(独)高齢・障害者雇用支援機構が平成16〜16年度に公表した「障害者雇用職場改善好事例(最優秀賞・優秀賞の事例)」の集約が出されました。
「通訳や介助者等にの人的支援」、「バリアフリー化の推進」、「リーダー制度の導入」などの具体的な改善項目があげられています。
<参考>
最優秀賞・優秀賞事例の具体的内容はこちら

2009/08/13 障害者雇用義務数等試算シート
山口労働局から改正後の障害者雇用促進法に対応した障害者雇用義務数、障害者雇用納付金等を試算することができるExcelシートが公表されています。

2009/06/17 プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン
厚生労働省から、「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン」についてのパンフレットが公表されています。

2009/04/11 外国人労働者受入ガイドブック
経済産業省中部経済産業局地域経済部産業人材政策課が「国際的な人材活用−外国人労働者受入ガイドブック」と題するパンフレットを作成しています。
外国人を雇用する際に一般的に把握しておかなければならない事項などが簡潔にまとめられています。


■ このページの先頭へ