トップページ ショップ案内 お買い物について ものづくりへのこだわり お客様の声・お部屋紹介 家具・お手入れについて 家具製作ブログ 楽天市場店
「PasarRaya/ぱさらや」のオーダーメイド・オリジナル家具はインドネシアの自社工場・提携工房にて製作しています



― イタリア紀行2005 ―

(Firenze編)

   ローマ1  ミラノ  フィレンツェ ローマ2 

■ フィレンツェへ ■
 ミラノからユーロスターで今度はフィレンツェへ。ここからが本当の旅だ。知り合いもいなく、イタリア語も全く話せないが「地球の歩き方」を片手に安ホテル探し。その前に、郵便局近くの大衆レストラン「Leonardo」で腹ごしらえ。セルフサービスなので緊張もせずゆっくりと食事ができる。味はまあまあ。雨が降り出したので路上でアフリカ人から傘を買い、何とかホテルへ。荷物を置いて少し休憩。

ホテルから見えるサンロレンツォ教会とDUOMO

ホテルのトイレ

ホテルの家具@

ホテルの家具A

ホテルの家具B

ホテルの家具C

ホテルの家具E

となりのホテルのテラス


■ フィレンツェの家具ショップ・工房めぐり ■

 ここの町は昔ながらの職人さんも多く、修理工房などもあった。「MAGGIO通り」と「SERRAGLI通り」を中心に散策。建物・扉・色彩、さりげなくある看板・家具などがすばらしく興味ぶかかった。町自体はは小さいので歩いて回るにはちょうどよい広さだが迷路のようになっている

有名な「アルノ川」と「ヴェッキオ橋」

革製品も有名でスクールもある


アパートの入り口にあったベンチ

額縁屋さんの工房で

果物屋さん

ローマ門近くの家具ショップ

広場には露天が多い

陶磁器博物館にあったスツール

教会のベンチ

教会にて


■ レストラン・カフェの家具 ■


市場の中のパニーノ(牛の煮込みサンドウィッチ)ショップ。3日連続で朝食に。

旅行代理店で。両替のレートもよかった


 ■ オリーブの丘の町「Fiesole」へ ■

田園の風景が見たい場合は「Fiesole」がおすすめ。フィレンツェの駅前からバスで約30分。


 ■ Duomo/クーポラからの眺め(2008.1.15更新) ■

フィレンツェの景色が一望できる。映画「情熱と冷静のあいだ」の舞台にもなった。


3-103 Murozumi Sawara-ku Fukuoka, Japan <telp>092.841.9300   (C)PasarRaya