アマンダ・カーペンター

芽生え I-493 ハーレクイン社  発刊:1989.04.05
ヒロイン:ロベルタ・フィッシャー(ウェイトレス/愛称ロビー) ヒーロー:ジェイソン・モロー(会計士)

あらすじ
幼なじみのジェイソンが大学に入学してから、なんとなく疎遠になっていた2人だった。大学卒業後、彼は会計士となり仕事場に近い大きいアパートメントに住んでいた。その彼がこの夏、隣家に戻ってきている。ジェイソンの両親が長期旅行に行ってる間、家の管理をしているのだ。昔のように、ジェイソンが側にいることにロビーは、安心を覚えるとともになんだか、少しうっとおしかった。……ウェイトレスをしている彼女の生き方を、人生を無駄にしていると説教をするのだ。ジェイソンが、リーダーシップを取っていた少年少女時代とは、もう違うのに……

年の離れてない(24歳と22歳)幼なじみで、2人とも初めてというのが、とっても希少価値のある本(笑) ジェイソンがロビーに近づく男を、幼なじみの特権でこき下ろしたり、しっかり嫉妬してくれてなかなか、ムフフフフです。いつも側にいたジェイソンを、男性として意識したことがなかったロビーが、この夏、男性として意識し出して「どうしたらいいのか分からない」 ジェイソンもまた、何とか幼なじみから恋人(できれば結婚相手)として昇格したいのに「どうしたらいいのか分からない」 初々しかったわ〜(笑) 私にしては、滅多に読まない類いのストーリーでした。……スレたヒーローを読み疲れた方にお勧めの本。


愛の肖像画 I-883 ハーレクイン社  発刊:1994.09.05
ヒロイン:ニッキ・アシュトン(商業デザイナー) ヒーロー:ハーパー・ボーモント(美術関係の実業家)

あらすじ
暴漢に襲われて両手の平を切りつけられたニッキを助けてくれた男性は、ハーパー・ボーモントだと名乗った。美術関係者で、その名を知らぬ者はないと言われた人だった。そんな雲の上の人間と二度と会うことはあるまいと思っていたニッキは、翌日、勤めている会社に仕事の依頼にきたハーパーをみて驚いた。何をしに来たんだろう……ニッキは、いつもの癖で、彼を観察し始めた。

友人である間は、ニッキが望むものならたとえ自分からの自由であったとしても、与えるつもりでいたらしいハーパー。でも結婚したら「きみは自分の意志で誓いを立てたんだ。もう放さないよ」と所有欲丸出しの告白。でも最初から最後まで自由にするつもりはなかったような印象を受けたんですけど(笑)