ダニエル・スティール

 

二つの約束   アカデミー出版  発刊:1996.12.01
ヒロイン:ナンシー・マコリスター&マリー・アダムソン ヒーロー:マイケル・ヒリヤード

あらすじ
二人の仲をマイケルの母モリオンは、絶対に認めようとはしなかった。結婚式直前に起こった事故は、ナンシーをマイケルの元から葬り去るのに格好の出来事だった。ナンシーの死亡を告げた時、モリオンはこれで息子の将来は完璧になったと安堵したのだった……

モリオンのやったことを、ああも、簡単に二人とも許しちゃうのか……どうして、それだけで許しちゃうんだよと唖然。マイケルもナンシーもそれぞれ、大人になってなかった面が、事故で一番悪い方向に出ちゃって、そこをモリオンに突かれたわけなんですが、うーん、人が好過ぎるわ。
それにしても、アカデミー出版の「超訳」ってなんだか……下品なような(苦笑)気がするのは、私だけ? サンリオ社から出ていた「サウンドレス・ラブ」は、もっとしっとりとしたロマンス訳なのか、ちょっと気になるところ。