ヴァネッサ・グラント

 

アラスカ沖で I-514 ハーレクイン社  発刊:1989.07.05
ヒロイン:ジェニファー・ウィンスロー(ドキュメンタリー映画制作会社勤務/愛称ジェニー) ヒーロー:ジェイク・オースティン(ドキュメンタリー映画制作会社経営及び撮影監督)

あらすじ
仕事も上司も、もう、うんざり。ジェニーはファーストフード会社の社員教育用の映画に出てくるあふれんばかりの、ハンバーガーの編集に辟易していた。上司のジェイクが、ジェニーにカスのような仕事を回し出して2年。それまでは、ロケにも同行していたのに新しく雇ったカメラマンのハンスにその地位を奪われ、編集の仕事ばかり……その上、ジェイクがルームメイトのモニカと結婚するという……もう、たくさん、会社を辞める潮時だわ。

雇って早々に、自分に全く興味を持ってくれないジェニーに、欲情していることに気付いたジェイク。何度か、食事に誘ったりはしたものの空振りに終わってからは、他の女性と軽い付き合いがお盛んに ← ジェニーが嫉妬してくれるかな?と報告もマメだったり(苦笑) でもジェニーに欲情するのはダメだよなーということで、無意識の内にロケの同行から外したりして、仕事内容的に彼女を軽んじる立場に追いやってしまいます。
ジェイクに心惹かれながらも、プレイボーイな男性はもう懲り懲りなジェニー。仕事が面白ければ、折り合いがついたのに、回ってくるのもどれもこれも面白みにかけるものばかり。で、バーンッと爆発して辞職届を叩きつけちゃうんだよね。それで従姉のジョージとアラスカ沖にヨット旅行に出発。
ジェニーの不満に初めて気付いて、おろおろするジェイク。なんとか、つなぎ止めようと大事な仕事を放り出して追い掛け回してます。その間に、ジェイクは自分の身勝手さに気付いてジェニーに誠心誠意尽くそうと努力してます♪