タラ・ジャンセン
クレイジーシリーズ(国防省特殊防衛班SDFのメンバー達を描く、中古車屋が表の顔)のメンバー構成
ディラン・ハート(SDFのリーダー・31歳?)/クイン・ヤンガー(元空軍大尉・31歳?)/クリスチャン・ホーキンス(覆面工作員・聴覚が鋭い・別名スーパーマン) /J・T・クロノポラス(元海兵隊二等軍曹)/ピーター・キッド・クロノポラス(元海兵隊・狙撃手・電子工学の天才・23歳・別名キッド・カオス)/クリード・リヴェラ(元海兵隊三等軍曹)/スキーター(業務マネージャー)/ジョニー・ラモス(17歳)/プラーデ?


あの夏の天使 シ3-1 ランダムハウス  発刊:2007.05.01
ヒロイン:リーガン・マッキーニ(古生物学者・30歳?) ヒーロー:クイン・ヤンガー(元空軍大尉・パイロット・31歳?)
ヒロイン:ニッキー・マッキーニ(芸術家・21歳) ヒーロー:ピーター・キッド・クロノポラス(元海兵隊・狙撃手・電子工学の天才・23歳・別名キッド・カオス)

あらすじ
ただのチンピラだったローパー・ジョーンズが、
今やデンヴァーの裏社会を牛耳っている。金になるものなら何でも取り扱っているようだったが、クイン達が潜入捜査に投入されたのは、アメリカ軍の最新式の銃がごっそり盗まれ、それをローパーが取り扱っているという噂からだった。物的証拠を挙げてローパーを捕まえるはずが、クインの身元が割れ、命を失いかねない傷を負わされた。それでも命をとりとめたクインを、ローパーは血眼になって探し回っているらしい。クインのクビに賞金五万ドルという大金を積んだことから、奴の憤懣ぶりがうかがい知れた。
リハビリと療養と潜伏を兼ねて、ゴーストタウンとも言うべき寂れた町に身を隠すことになって2週間が過ぎた。クインが勝手に動き回らないよう、監視役としてキッドがクインの行動を制限している。
もうそろそろゲームに復帰したい思い始めていた矢先、町のガソリンスタンドに一人の女がやってきた。ローパーが寄越した暗殺者にしては、不手際な動きを見せている。
学校教師のような風情の彼女を、クインはどこかで見たような気がしてならなかった。

15年前の夏に出合った少女と再会したクイン。
クインの妄想っぷりが良かったわー。初めての出合いは、テント内で着替えていたリーガンを見てしまったこと。その時の彼女の様子が未だに彼の妄想の源だなんて(笑)
祖父が2週間もの間、消息不明という事態に陥り、卓上カレンダーに記されていた場所と人物の元へリーガンは出向くこととなります。
「ベティを拾う。ユタ州シスコのクイン・ヤンガーに911の件で連絡」
再会した2人のぎこちなさが格別です。
リーガンの祖父の行方、盗まれた武器はどう売買されるのかをからめて、クインが15年分の想いを成就させていく物語。
メモ:キッドの兄J・Tとリヴェラが南米コロンビアで消息不明。J・Tは死亡?との報。キッドがコロンビアに向かう。