署名活動は終了いたします。
ご協力いただいた皆様には心より感謝しお礼申しあげます。
本当に有難うございました。


磯谷 利恵 (遺影)

 私は、平成19年8月24日に名古屋市千種区内で拉致され、その後惨殺され遺棄された、磯谷利恵の遺族の者です。
 何の落ち度も関係もない利恵が、このようなむごい事件の被害者となってしまい、無念でなりません。
  「敵を討ちたい!無念を晴らしたい!」 と思っても、どんなにむごい殺され方をしても、一人の命では、犯人達を極刑にすることは、今の司法では難しいのです。
 利恵一人の命が、犯人たちの命の重さより軽いというのでしょうか。二人以上の殺人でないと極刑は難しいなど
と、命の重さの線引きを、どうして出来るのでしょうか。この司法の判例をくつがえすために、 殺人犯たちに極刑を科
陳情書を作成し、提出してまいりました。

 しかし、堀被告の上告棄却で全ての裁判が結審し、5年間近くにわたった活動を終了いたします。これまでにご協力いた
だいた署名は、33万2千600名余りとなります。
 皆様の声を司法に届ける事ができず、このような結果で結審してしまい申し訳ございません。今の私は、司法に対する不
信感で一杯ですが、それ以上に、多くの皆様のご協力や応援に感謝の気持ちで一杯です。有難うございました。

 お手元に陳情書がございましたら、娘の命日の8月25日までにお送り頂きたくお願いいたします。
 

<裁判の経過>

  平成21年3月18日の第一審判決(近藤宏子裁判長)で、神田被告と堀被告に死刑、川岸被告に無期懲役が下され、その後、神田被告が控訴を取り下げ、神田被告の死刑が確定。(平成27年6月25日死刑執行)

  平成23年4月12日の第二審判決(下山保男裁判長)では、堀、川岸両被告に無期懲役の判決が下され、検察は堀被告だけを上告し、川岸被告の無期懲役が確定

 平成24年7月11日付で最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は検察側の上告を棄却し、堀被告の無期懲役が確定 「被害者が1人で、死刑がやむを得ないほど他の量刑要素が悪質といえないとした二審の判断に誤りはない」としたのです。

 これまでの被害者一人の量刑相場で裁かれてしまいました。被害者の数に関係なく、犯罪内容で裁いて欲しいと願った活動でしたが、すべて否定され何も変える事ができませんでした。
 この事件を最後まで見届けて下さった皆様、酷い結果しか残せませんでしたが有難うございました。


  加害者の更生より、真面目に生きている人を守る司法であって欲しい。その為にも、被害者の数や過去の判例にとらわれることなく、行った犯罪内容に見合う刑罰が科せられる司法に変わることを心から願います。 



 平成24年7月26日
 被害者側代表 磯谷 富美子
メール:fumiko_isogai@mbe.nifty.com

堀の上告棄却

堀と強殺事件・強殺未遂事件






堀と三つの事件

無念の判決(第1審)

怒りの判決(第2審)

川岸の上告断念

堀の上告棄却

30万人の署名達成のご挨拶

公判について

報道に宛てた手記(抜粋)

イベント・活動報告

鳩山法務大臣に宛てた手紙

鳩山法務大臣のお返事

動画(日本語字幕)

動画(英語字幕)

リンクして頂ける方へ
皆様のご協力によりH24/8/25日現在で署名して

 いただいた方は332,806になりました。

(署名活動終了後に頂いた署名は、8月25日にさかのぼって計算しました)
  平成23年4月18日に、三人の極刑を求める陳情書を、名古屋高検
に提出いたしました。平成21年5月13日、平成20年3月26日、平成
19年10月23日の名古屋地検提出に続き、4回目の提出となります。
これで、提出した署名は、およそ33万名様になりました。その後、順次
名古屋高検に提出しました。全国、海外のご賛同頂いた皆様有難うご
ざいます。



 郵送された署名の開封作業            名古屋地方検察庁提出署名
     (2007.10.1.)              およそ15万人分(2007.10.23.)

 この事件を風化させないよう、30万名様以上の署名を目標に、活動を続
けてまいりましたが、平成20年12月18日にその目標を達成することがで
きました。ご協力に心より感謝し御礼申し上げます。

  利恵の受けた恐怖や苦痛、そして無念を考えると絶対に許せません。
 人を殺める事を何とも思わない計画的な犯罪の凶悪凶暴性、
 利恵殺害当日に、次の犯行を実行予定だった三人の再犯の可能性、
 既に模倣犯も出ている等の社会的影響からいっても極刑しか考えられま
せん。
  無期懲役では犯人達はまた社会に戻ってきます。同じ悲劇を繰り返すこ
とは、絶対に避けなければなりません。

  このような思いから、一日も早く川岸、堀、神田三人の死刑判決で結審す
ることができるよう、闘ってまいりました。
 しかし、川岸、堀被告の無期懲役は確定してしまいました。無差別強盗
殺人で一人殺しても、死刑になるほど悪質ではないと司法は示したの
です。

 司法の世界ではまかり通っても、普通の感覚であれば到底理解しがたい
ことです。 裁判でも、裁判官や弁護士のこのような文言に何度も傷つけら
れました。被害者の数がそんなに重要なのでしょうか。 どのような目的
で、どのような人を、どのようにしたかが最重要なのではないでしょうか。
 
 裁判が全て結審して私の心に残ったのは、娘の無念を晴らせなかった悔
しさと、司法に対する不信感だけです。