第2回公判の概要(報道より)





「殺して捨てよう」と方針転換=直前まで一緒の男性証言−名古屋地裁

 08年10月10日(時事通信社・記事抜粋)


名古屋市千種区で昨年8月、会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が拉致された上、殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元新聞販売員神田司被告(37)ら3人の第2回公判が10日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であった。事件直前まで3人と行動を共にしていた男性(31)が検察、弁護側双方の証人として出廷し「神田被告から『顔を見られてやばくなるくらいなら、殺して海に捨てよう』と言われた」などと証言した。

 男性は事件の3日前、神田被告を除く2人と初めて顔合わせをしたが「一緒に強盗しようと話をしただけで、殺害や女性を拉致するという話は全く出ていなかった」と証言。翌日、打ち合わせの場に戻ると神田被告もおり「顔を見られたら殺そう」などと持ち掛けてきたという。男性は「神田被告が主導権を握っているような感じだった」と述べた。