第18回公判の概要




闇サイト殺人:弁護側、死刑回避求め結審 名古屋地裁

 09年2月2日(毎日新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区の派遣社員、磯谷利恵さん(当時31歳)が07年8月、拉致・殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた闇サイト仲間の3被告の公判が2日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であった。検察側の死刑求刑に対し、3被告側は「綿密な計画性はなく、被害者が1人の死刑確定事件と比べて特別に悪質とも言えない」として、死刑の回避を求めて結審した。判決は3月18日。

 死刑求刑されているのは▽愛知県豊明市、無職、神田司(37)▽名古屋市東区、同、堀慶末(よしとも)(33)▽住所不定、同、川岸健治(42)の3被告。

 最終弁論で、3被告の弁護人は「寄せ集めの集団で、意思の通じ合いがない行き当たりばったりの犯行。事前に具体的な殺害方法や場所を決めておらず、殺害も突発的だった」と、検察側が主張する計画性を否定した。

 また検察側が「体感治安を悪化させた」と指摘したのに対し「闇サイトを悪用した事件は初めてではない」と反論した。

 神田被告側は「両親の離婚や持病の群発頭痛により幼少期から安定した生活を送れず、社会に適応するのが困難だった」、堀被告側は「性格は柔和で犯罪性向は低い。改悛(かいしゅん)の情が顕著」、川岸被告側は「立場は従属的で、自首もしている。法廷では開き直った発言をしているが、心の底では反省している」と情状酌量を求めた。

 結審を前に堀、川岸両被告は傍聴席の遺族に一礼し「本当に申し訳ありませんでした」「すんませんでした」と謝罪した。神田被告は「一日も早く事件が決着するようお願いします」と述べた。磯谷さんの母富美子さん(57)は閉廷後、取材に「量刑にかかわると思うと素直に(謝罪を)聞けない。受け入れる気持ちはありません」と述べた。

  起訴状は、3被告が07年8月24日夜、千種区内の路上で帰宅途中の磯谷さんを車内に連れ込み、25日午前1時ごろ、愛知県愛西市内の駐車場で磯谷さんの頭を金づちで殴り、首を絞めるなどして殺害。現金約6万2000円などが入ったバッグを奪ったとしている。



3被告が死刑回避を主張 闇サイト事件結

 09年2月2日(産経新聞・記事抜粋)


 名古屋市の会社員、磯谷利恵さん=当時(31)=が平成19年8月に拉致、殺害された闇サイト事件で、強盗殺人罪などに問われた元新聞セールススタッフ、神田司(37)、無職、堀慶末(33)、無職、川岸健治(42)の3被告の公判が2日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であり、いずれの弁護側も事件の計画性を否定、死刑回避を主張して結審した。判決は3月18日。

 検察側は1月20日の公判で全被告に死刑を求刑している。

 各被告の弁護側は最終弁論で「インターネットで知り合った他人同士が虚勢を張り合い、各自が思いつくまま行動する中で、殺害は偶発的に起きた」と主張。被害者が1人である点などから「過去の判例に照らしても、死刑を選択すべき場合に該当しない」と述べた。また3被告側はいずれも事件での主導的立場を否定して情状酌量を求め、川岸被告側は自首の成立を主張した。



3被告、死刑回避を主張 名古屋・闇サイト事件が結審

 09年2月2日(中日新聞・記事抜粋)


 名古屋市の会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が2007年8月に拉致、殺害された闇サイト事件で、強盗殺人罪などに問われた元新聞セールススタッフ神田司(37)、無職堀慶末(33)、無職川岸健治(42)の3被告の公判が2日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であり、いずれの弁護側も事件の計画性を否定、死刑回避を主張して結審した。判決は3月18日。

 検察側は1月20日の公判で全被告に死刑を求刑している。

 各被告の弁護側は最終弁論で「インターネットで知り合った他人同士が虚勢を張り合い、各自が思いつくまま行動する中で、殺害は偶発的に起きた」と主張。被害者が1人である点などから「過去の判例に照らしても、死刑を選択すべき場合に該当しない」と述べた。

 また3被告側はいずれも事件での主導的立場を否定して情状酌量を求め、川岸被告側は自首の成立を主張した。

  最終意見陳述では、神田被告を除く堀、川岸両被告が「申し訳ありません」などと遺族へ謝罪の言葉を口にした。



3被告側が死刑回避求める 闇サイト殺人、地裁最終弁論

 09年2月2日(朝日新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区の会社員磯谷利恵さん(当時31)を拉致・殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、死刑を求刑されている3被告の公判が2日、名古屋地裁であった。被告・弁護側の最終弁論で、弁護側はいずれも「計画性のない場当たり的な犯行で、更生可能性はある」として死刑回避を求めた。

 3被告の意見陳述で、堀慶末被告(33)と川岸健治被告(42)は、それぞれ「極刑の判決を受け入れる覚悟はできている」「開き直ったようなことを言ったが本心ではない」との謝罪文を読み上げたのに対して、神田司被告(37)は「特に申し上げることはありません」と話した。公判は結審し、来月18日に判決が言い渡される。

 弁論で、神田被告の弁護人は「殺害方法は残虐だが、死に至らない被害者に恐怖感を覚えたためだった」と述べ、殺害は偶発的な結果だったと主張。堀被告の弁護人は、犯行の無計画さを強調し、「死刑を選択すべき場合には到底該当しない。死刑判決が下されれば、厳罰化が加速し乱発を招く」と指摘した。

 また、警察に自ら事件を通報した川岸被告の弁護人は「犯行は従属的で、被告の自首によって捜査が容易になったのは明らかだ」と、量刑判断の際に自首の重要性を考慮するよう求めた。

  閉廷後、磯谷さんの母富美子さんが取材に応じ、計画性がないことを理由に弁護側がいずれも死刑回避を求めた点について、「計画なしに惨殺できることのほうがかえって怖いと思う」と語った。



3被告、死刑回避を主張 闇サイト事件が結

 09年2月2日(共同通信・記事抜粋)


 名古屋市の会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が2007年8月に拉致、殺害された闇サイト事件で、強盗殺人罪などに問われた元新聞セールススタッフ神田司(37)、無職堀慶末(33)、無職川岸健治(42)の3被告の公判が2日、名古屋地裁(近藤宏子裁判長)であり、いずれの弁護側も事件の計画性を否定、死刑回避を主張して結審した。判決は3月18日。

 検察側は1月20日の公判で全被告に死刑を求刑している。

 各被告の弁護側は最終弁論で「インターネットで知り合った他人同士が虚勢を張り合い、各自が思いつくまま行動する中で、殺害は偶発的に起きた」と主張。被害者が1人である点などから「過去の判例に照らしても、死刑を選択すべき場合に該当しない」と述べた。

 また3被告側はいずれも事件での主導的立場を否定して情状酌量を求め、川岸被告側は自首の成立を主張した。

  最終意見陳述では、神田被告を除く堀、川岸両被告が「申し訳ありません」などと遺族へ謝罪の言葉を口にした。



闇サイト事件結審 死刑回避を求める

 09年2月3日(読売新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区の契約社員磯谷利恵さん(当時31歳)を拉致、殺害したとして強盗殺人罪などに問われた3被告の最終弁論が2日、名古屋地裁であった。検察側は3被告ともに死刑を求刑しているが、弁護側は「殺害された被害者は1人で、場当たり的な犯行だ」などと述べて死刑の回避を求め、結審した。判決は3月18日に言い渡される。

 最終意見陳述では、3被告の姿勢が分かれた。被告人質問では「お気の毒」「運が悪かった」などと話した住所不定、無職川岸健治被告(42)は、「開き直ってしまったが、売り言葉に買い言葉で本心ではない。すいませんでした」と述べると、足早に被告人席に戻った。

 名古屋市東区、無職堀慶末被告(33)は「極刑の判決が下されれば受け止める覚悟は出来ています」と傍聴席の遺族に頭を下げた。愛知県豊明市、元新聞セールススタッフ神田司被告(37)は、「特に申し上げることはありません」と述べただけだった。

  磯谷さんの母・富美子さん(57)は閉廷後、「謝罪は初めて耳にしたが、受け入れる気持ちはない。3人とも死刑の判決を求めます」と述べた。



堀、川岸両被告が初の謝罪 名古屋・千種拉致殺害が結審

 09年2月3日(中日新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区の会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が2007年8月、拉致、殺害された事件で、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた神田司(37)、堀慶末(よしとも)(33)、川岸健治(42)の3被告の公判が2日、名古屋地裁であり、弁護側の最終弁論が行われ結審した。判決は3月18日。

 最終陳述で、堀、川岸両被告が、初めて磯谷さんら遺族へ謝罪した。堀被告は泣きながら「被害者の夢や希望を奪って、遺族に苦しみを負わせてしまった。申し訳ない」と遺族が座る傍聴席へ向かって頭を下げた。川岸被告も声を震わせ「(磯谷さんの)お母さんの意見陳述は胸に刺さりました。利恵さんのご冥福をお祈りします。すみませんでした」と一礼した。神田被告は「特に申し上げることはない」と話した。

 神田被告の弁護側は、最高裁の死刑判決の判例を挙げ「計画性のなさや被害者数が1人であり、殺害方法も(他の死刑事件と比べると)残虐性が低い」などとして、無期懲役か有期懲役を求めた。

 堀被告の弁護側は「殺害行為の主導は神田被告で、堀被告は指示に従っていた。矯正不可能とはいえず生きて罪の償いをさせるのが相当」と主張した。

 川岸被告の弁護側は、同被告が事件後すぐに警察へ電話した事実から「良心の呵責(かしゃく)に耐えきれず自首した」と指摘。「反省に基づかない自首は刑の減軽に値する事情ではない」とする検察側の意見に反論した。

 磯谷さんの母富美子さん(57)は「謝罪を受け入れる気持ちはないので、素直に聞けなかった」と話した。

  検察側は3被告に死刑を求刑している。