第二審・第3回公判の概要(報道より)








遺族「償う方法は死刑だけ」 名古屋闇サイト事件 

 10年10月18日(中日新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区で2007年8月、会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が男3人に拉致、殺害された「闇サイト事件」で、強盗殺人罪などに問われた堀慶末(よしとも)(35)、川岸健治(43)両被告の控訴審第3回公判が18日、名古屋高裁であった。1審で死刑判決を言い渡された堀被告は「生きて一生苦しみながら償いたい」と述べた。利恵さんの母富美子さん(59)は公判後「償ってもらえる方法は一つしかない」と死刑判決を主張した。

 被告人質問で堀被告は「償いを悩み続けてきたが(死刑は)ある意味で楽な選択。私にとって極刑は無期懲役」とした。弁護側が知的障害を指摘する川岸被告は、遺族への気持ちを問われ「申し訳ありませんでした」と答えたが、ほかの質問ではちぐはぐな受け答えが目立った。

  証人として出廷した富美子さんは「まじめに生きてきた娘が標的にされた。厳しく裁くことがまじめに生きる人を守ることになる」と訴え、2被告への極刑を求めた。




遺族「償う方法は死刑だけ」 名古屋闇サイト事件 

 10年10月18日(朝日新聞・記事抜粋)


 名古屋市で2007年に会社員磯谷利恵さん(当時31)が殺害された「闇サイト」事件で強盗殺人罪などに問われた2被告の控訴審の公判が18日、名古屋高裁であり、利恵さんの母親の富美子さん(59)が検察側証人として出廷した。下山保男裁判長に「2人に死刑判決を下してください」と改めて訴えた。

 控訴しているのは一審・名古屋地裁で死刑とされた堀慶末(よしとも)被告(35)と、無期懲役とされた川岸健治被告(43)。2被告とともに起訴された神田司死刑囚(39)は控訴を取り下げ、一審の死刑判決が確定している。

 富美子さんは法廷で、「お母さんに家を買ってあげたい」と話していた利恵さんの夢をかなえるため、被告らが奪おうとした利恵さんの預金を住宅購入に充てて昨年3月の一審判決後に引っ越したことなどを説明。そのうえで「厳しく裁くことがまじめに生きる人を守ることになる」と述べ、両被告には「反省しているのなら死刑を受け入れてほしい」と話した。

 堀被告はこの日の被告人質問で「生きて一生苦しみながら償うことが私にとっての極刑なのではないかと悩んでいる」と述べた。堀被告の母親も弁護側証人として出廷し、「息子には生きながらえながら罪を償ってほしい」と語った。

  12月3日の次回公判で検察側、弁護側が最終的な意見を述べ、結審する予定だ。




堀被告「生きて償いたい」=被害者母、改めて死刑を

 10年10月18日(時事通信・記事抜粋)


 名古屋市千種区で2007年8月、会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が拉致、殺害された闇サイト殺人事件で、強盗殺人などの罪に問われ、一審で死刑とされた堀慶末被告(35)と無期懲役とされた川岸健治被告(43)の控訴審第3回公判が18日、名古屋高裁(下山保男裁判長)であった。被告人質問が行われ、堀被告は「生きて償いたい」と述べ、無期懲役を求めた。川岸被告は「(被害者に)申し訳ない」と話したが、検察側証人として出廷した磯谷さんの母富美子さん(59)は、両被告に改めて死刑を求めた。




堀被告、生涯償いにと無期求める 闇サイト事件で一審死刑

 10年10月18日(共同通信・記事抜粋)


 名古屋市で2007年、会社員磯谷利恵さん=当時(31)=が男3人に拉致、殺害された「闇サイト」事件で、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末被告(35)と川岸健治被告(43)の控訴審公判が18日、名古屋高裁(下山保男裁判長)であり、被告人質問や、磯谷さんの母富美子さん(59)の証人尋問などがあった。

 一審で死刑判決を受けた堀被告は弁護側に罪の償い方を聞かれ、「死はある意味で楽な選択。自分の生涯を罪の償いにささげられればと思う」と述べ、無期懲役判決を求めた。堀被告の母親も出廷し、「生きながら償ってほしい」と述べた。

 一審判決で無期懲役だった川岸被告は、自首した理由について「自分にも子供がいるし、(磯谷さんに対し)よくよく考えるとそこまでやらなくてもよかったのに、と思ったから」と説明した。

  一方、富美子さんは「見知らぬ男たちに娘を惨殺された。どうか死刑判決を下してもらえるよう、お願いします」と涙ながらに訴えた。




「死は楽な選択…生涯を罪の償いに」 闇サイト事件で一審死刑の男

 10年10月18日(産経新聞・記事抜粋)


 名古屋市で平成19年、会社員、磯谷利恵さん=当時(31)=が男3人に拉致、殺害された「闇サイト」事件で、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末被告(35)と川岸健治被告(43)の控訴審公判が18日、名古屋高裁(下山保男裁判長)であり、被告人質問や、磯谷さんの母、富美子さん(59)の証人尋問などがあった。

 一審で死刑判決を受けた堀被告は弁護側に罪の償い方を聞かれ、「死はある意味で楽な選択。自分の生涯を罪の償いにささげられれば」と述べ、無期懲役判決を求めた。一審判決で無期懲役だった川岸被告は、自首した理由について「自分にも子供がいる。(磯谷さんに対し)よくよく考えるとそこまでやらなくてもよかったと思った」と説明。

  一方、富美子さんは「娘を惨殺された。どうか死刑判決を下してもらえるようお願いします」と訴えた。




闇サイト控訴審、堀被告「生きて償いたい」

 10年10月19日(読売新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区の契約社員磯谷(いそがい)利恵さん(当時31歳)が拉致、殺害された闇サイト事件で、強盗殺人罪に問われ、1審・名古屋地裁で死刑を言い渡された無職堀慶末(よしとも)被告(35)と、無期懲役判決を受けた同川岸健治被告(43)の控訴審第3回公判が18日、名古屋高裁で開かれた。


 証人出廷した利恵さんの母、富美子さん(59)が両被告の死刑判決を求めた一方、堀被告は「生きて罪を償いたい」と訴えた。

 富美子さんは証人尋問の冒頭、「娘1人だけ痛かったり怖かったりしたのがかわいそうで、少しでも共有してあげたかった」と、傍聴を続けてきた理由を説明。「全く落ち度がないのに、なぜ惨殺されなければならなかったのか分からない」と述べ、今も死を受け入れられない心境を吐露した。

 受け取りを拒否したものの、控訴審で弁護団が読み上げた堀被告の謝罪文について「刑の軽減のためのものだ」と批判。1審で自首が評価された川岸被告に対しては「反省や後悔しての自首ではない」と訴えた。「最後に裁判所に言いたいことは」と検事に促されると、声を詰まらせながら「娘は強制的に人生を終わらせられたのに、彼らは自分の命を守ろうとすれば手厚い弁護などでかなえてもらえる。それはおかしいと思う。死刑を下してもらうようお願いします」と述べ、深々と頭を下げた。

 その後の被告人質問で、堀被告は「死刑を受け入れるべきか悩んだが、死ぬことは楽な選択肢だと思う。一生苦しみながら罪を償わせていただければ」と述べた。川岸被告は、「磯谷さんの冥福を祈ります」と記した弁護人あての手紙がこの日、証拠採用されたが、弁護人に謝罪や反省の気持ちを詳しく述べるよう求められても「ちょっと分かりません」と答えていた。

 また、堀被告の母親も初めて証人出廷。利恵さんや富美子さんへの心境を問われると「本当に申し訳ございません」と消え入るような声で述べた。1審での死刑判決については「頭の中が真っ白になった。お母様も娘さんを亡くされた時、こういう気持ちだったのかと思った」と語った。






被害者母が出廷、死刑判決求める

 10年10月19日(毎日新聞・記事抜粋)


 名古屋市千種区の派遣社員、磯谷利恵さん(当時31歳)が07年、闇サイトで集まった男3人に殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われた堀慶末(35)と川岸健治(43)両被告の控訴審公判が18日、名古屋高裁であった。証人出廷した磯谷さんの母富美子さん(59)は改めて2被告への死刑判決を求めた。

 富美子さんは、1審後の弁護側の犯罪心理鑑定について「堀被告は、保身のために本当のことを言っていない」と指摘。「川岸被告の自首も反省や後悔からではない」と訴えた。

  被告人質問で、堀被告は「一生苦しみながら、罪を償わせていただければ」と主張。川岸被告は「よく考えるとあそこまでしなくてもよかった」と話した。