サイドボードについて


ちょっと上級

サイドボードの使用法(ちょっと上級)

上級プレイヤーとの対決ではサイドボードの使用が必須となります。
限られた枚数のデッキでは、相手の災厄や戦略に対応する手段が限られてしまいますが、 、そのデッキを補うのがサイドボードです。
上級の相手と戦うには、サイドボードに入れるカードの選択、サイドボードを、 いつ使うかが勝負の分かれ目となります。
サイドボードの利用できる機会は以下の通りとなっています。
また、強力なカードを繰り返し使い、相手の弱点をつくことも上級のプレイでは 当然となっています。

リソース、キャラクターカード

自分の編成フェイズにウィザードをタップすることで、サイドボードから直接 リソースカード、キャラクターカードのどれか1枚をデッキに入れることができる。
その後デッキをシャッフルする。

自分の編成フェイズにウィザードをタップすることで、サイドボードから5枚までのリソース、 キャラクターカードをディスカードパイルにあるリソース、キャラクターカードとカードと 交換《訂正 限定版のルールブックでは交換となっていましたが、 非限定版のルールブックでは移すとなっていました。非限定版の方が新しく正しいものではと 指摘がありました。》することができる。

自分のターン中に「煙の輪」を使用することで、ディスカードパイルもしくは、 サイドボードからデッキに1枚カードを入れることができる。

このほか、「ヴィルヤ」「サルマンのスペル回収能力」「パランティアの 特殊能力」等を組み合わせると効果的にサイドボードにアクセスする事ができる。

ハザードカード

場にでているナズグル永続イベントカードをタップする(通常の効果は発揮されず、 災厄リミットに数える。使用後はディスカードされる。)ことで、サイドボードから、 災厄カードを1枚デッキに入れることができる。
使用後デッキをシャッフルする。

場にでているナズグル永続イベントカードをタップすることで、(詳細は同上) サイドボードの災厄カードとディスカードパイルにある災厄カードを5枚まで、 交換することができる。

相手のウィザードが登場していて、災厄フェイズのはじめに、相手の災厄リミットを 1/2にすると宣言することで、サイドボードから、1枚災厄カードをデッキに入れることができる。 (使用後デッキをシャッフルする。)

「予期せぬ見張り」カードを使用する。(夜の扉がでていると凶悪になり得る。)

以上の効果と「騎乗者ウーヴァタ」、「サウロンの口」等を組み合わせることで 凶悪な災厄を繰り返し行うことができる。

その他

デッキの枯渇時にサイドボードのカードとディスカードパイルのカードを5枚まで 入れ替える事ができる。

以上サイドボードの使用は上級プレイヤーでは必須のものとなっています。

サイドボードの考え方。

サイドボードの構築の仕方として、大きく分けて、2通りの目的があると考えました。
すなわち、アクティブ(積極的)な使い方と、パッシブ(受け身的)な使い方です。

アクティブな使い方とは、目的の達成のために必要なカードを前もってサイドボードに入れ ておくことで、「一つの指輪デッキ」における「ゴクリの最期」「滅びのキ裂」などがこれに あたる。 また、デッキ枯渇時の2サイクル目に入れるカードを決めておく事もこのうちに入る。 アクティブなサイドボードのカードは主にリソースカードで構成される。

パッシブな使い方とは、プレイをしていて相手の戦略に対応できるカードをサイドボードからデッキに 入れる使い方で、

相手のアラゴルン戦略に対応する「デネソール2世」や「アルウェン」
海洋戦略に対する、「エアルカラクセは狩に」
などである。

以下これについて戦略ごとに詳しく書いてみる。

VSリソース戦略

アラゴルン戦略


アルウェン   「アラゴルン2世」に直接影響力を行使する。
デネソール2世 「王の帰還」のプレイを阻止する。 
我が家の呼び声 「アラゴルン2世」にお帰りいただく。
アラゴルン2世 「我が家の呼び声」を使ったあとプレイし、相手のプレイを防ぐ。
アドゥナフェル 「死者の軍勢」のプレイを阻止する。

海洋戦略 飲み込む海 おぞましき海亀 大海蛇 エアルカラクセは狩に 「夜の扉」が出ていればどこの海でも出現可能、超強力 オスセの嵐 その他、海系ハザードカード

一つの指輪戦略 諸事の調和 指輪の意志 いとしいもの

集団呼集戦略 召集 部隊解散

アイテム収集戦略 すり 盗人 強欲

VSハザード戦略

ロードブロック 黄昏 朝の門 2つの力の均衡

アタック戦略 密やかさ 潜む 浅瀬 策略 何度も道をおれ いがみ合う闇の軍勢

ナズグル戦略 魔法使いの川馬 エルベレスへの賛歌 賢者たちは不思議を語り

堕落戦略 エルフの歌 魔法使いが現れる 賢者たちは不思議を語り 各種友情カード

以上のカードを取捨選択し、20枚という制限の中でバランス良く入れる。

《戻る》