ナズグルイベントベスト5

タップして起こる短期イベントの有効だと思われる効果のカードの順に ランクをつけました。
(前回順位→今回順位)
1位 騎乗者ウーヴァタ(1→1)
ディスカードパイルにあるクリチャーカードを手札に戻せる。 イベントとしては決して強力なものではないが、どんなハザードデッキでも、効果的に 使用でき、相手の弱点をつくことができる。
汎用性、総合力において、ベストなナズグルカード。 クリチャーだけでなく、すべてのハザードカードを手札に戻すことのできる、「サウロンの口」 には、効果範囲の点で劣るが、永続イベントとして出せ、手札を圧迫せずに、いつでも使用可能 という点においては、優れている。 これらのカードと、「夜の扉」+「予期せぬ見張り」で可能性は大きく広がる。
2位 不浄のレン(2→2)
プレイに出ている全キャラクターに堕落チェックを強要する。 自分から使いたいカードというより、相手に使われるのが嫌だからという理由で 自分から場に出したいカード。 あらかじめ、自分でホビットの多いカンパニーを組んで、相手よりも堕落に関して有利な立場に 立ってから、計画的に使用することなどもできる。 ウーヴァタ、カムールなどと同様、どのデッキにも合うカード。 カムールが1枚だけでは、あまり効果がないのに対して、 レンは1枚でも強力な効果を発揮できる、という理由で、第2位。
3位 東夷のカムール(3→3)
場にでているナズグルの枚数だけ相手の手札をディスカードさせる。 使い方によってはとても凶悪なカード、場にナズグルが9人でていたら、 (相手の出しているナズグルも数える。) 相手は、9枚ディスカードしなければならない。 相手が効果的な対応策を持っていなければ 「ナズグルは放たれた」+「夜の扉」で、毎ターンこれを繰り返すことができる。 相手がこのカードを場に出したら、自分のナズグルを放棄する事も考えねばならない。 ナズグルが多くでなければさほど怖いカードではないので、ナズグルが多くでる前に 対策を・・・。
4位 アドゥナフェル(6↑4)
一人をタップさせる。 使え無そうで、いざというときに使える。 「河」を使う前に、カンパニー内の野伏に使ったり、 ゲーム終了直前のラストターンに分割されて少人数になったカンパニーに 使用すると効果的。 場合によっては相手のポイントの獲得を最高4ポイントは防ぐことができるのですから。
5位 ディーアのホアルムーラス(4↓5)
ストライク数+1 これも、比較的どのデッキでも役に立つ。 ドラゴンや、ナズグル、「恐ろしい長虫」、「盗人」などのストライク数を増やすのが効果的、 こうやって苦労して作ったコンボが、「潜む」であっさり回避されてしまったときは、 大変悲しいものがある。
6位 アコーラヒル(5↓6)
身体−1 使えそうで使えない。 負傷したアルウェンを攻撃して、アコーラヒルを使って身体−2。 2d6で、7以上で除去だぁ! こういうときに限って、小さい目が出たりする。 まあ、使ってみるのも、ひとつの手ではある。
7位 夜明けの死インドゥア(7→7)
アイテムをディスカードさせる。 あまり使う機会がないので、忘れがちだが、相手も忘れていたときに 使うことが多い。 「あれ?インドゥア出ていたのか・・・。使ってみよう。」 「金の指輪ディスカード。」 たまに使う機会があるが、使えたときうれしい。
8位 アングマールの魔王(8→8)
ナズグルプレイ可能 ナズグルアタックデッキであれば使う可能性もあるかもしれないが、 魔王と言う肩書きの割に、いまいち使い道が無い・・・。 『モルグルの夜』や、『大地の火の目覚め』ともコンボを組みにくいし、 (『包み込む影』とならコンボ可能。) アタックとして使う方がお買い得。
9位 ワウのドワル(9→9)
オオカミ・動物・クモ強化。 わざわざナズグル出してオオカミとか強化してもなぁ・・・。 動物デッキとかなら効果あるのか?でもたかが+1じゃ・・・。 やはりこいつはサイドボードアクセスのために使うためのデフォルトか・・・。

《戻る》