使えないカードベスト5(ワースト5?)


1位エスガロスの頭領(TD)

  編成フェイズの終了時、移動中のカンパニーに対してプレイ可能。   そのカンパニーが辺境の砦に移動した場合、その移動/災厄フェイズ後に   再び移動/災厄フェイズを実行できる。 いったいどんな移動計画の時に使用するのだろう? とりあえず、これを使えば一気に「くろがね連山のドワーフ砦」から 最長、「粥村」辺りまで届くのはわかるのですが、 そんな緊迫した状況が起こり得るのか? 手札に「くろがね連山のドワーフ」と「北方の野伏」と「エスガロスの・・・」 が同時に入ってラストターン直前! なんて事態を先に予想したデッキを作れるくらいのすごい人なら、 もっと確実で、強いデッキ作れるよな・・・。

2位モランノン(TW)

言わずと知れた。元祖使用法不明カード HiTさんのFAQ OKKOさんのページ「モランノンについて」

3位汚れを落としさっぱりして(TW)

  編成フェイズの終了時、移動中のカンパニーに対してプレイ可能。   カンパニーの新サイトを公開する時、カンパニーのキャラクターを   アンタップできる。(その人数は、そのカンパニーのサイトパスに   含まれる地域の数を4から減じた数)。 いったいどんな戦略の時に使用するのだろう。 要するに、編成フェイズ後にキャラクターをアンタップさせるカード。 相手が堕落デッキを使ってくることがわかって、編成フェイズに 堕落カードを取り除く試みをして・・・それからアンタップする。のに使える? もしくは、負傷したキャラクターが聖域で治療して、タップ状態になって、 それから、すぐに行動したいときに使用する? どちらにせよ、受け身的な使い方だろうな・・・。 ウィザードのタップによるサイドボードアクセスからのアンタップにも使えるか。 いずれにせよ、デッキにも、サイドにも入れにくいと思います。

4位鋼の半月刀/鉄の兜(DM)

ナズグルイベントをディスカードしてまでオークなどを強化してうれしいのか?

5位いつまでも続く物語(DM)

長期イベントじゃいつまでも続かないじゃないか! 「喜びのこだまで」永続イベントにすれば利用価値があるかなぁ? 次点 ニムロデルの癒し/火の広間

《戻る》