使えるウィザードベスト5


Saruman

1位 サルーマン

斥候、賢者、野伏、交渉者という、4つの有効な技能を持ち、 (武人技能は他のキャラクターでいくらでも埋め合わせが出来る。)
スペルの再利用、パランティアの使用能力など、賢者の名に恥じない マニアックな能力を持っている。
まさに多彩なるサルーマン。
能力的には最高のウィザードカード。

Pallando

2位 パルランド

手札上限+1はどのデッキにおいても、有効に利用できる。
相手の捨て札を確認できるのも、戦略を学習できるので、 初心者向けだと思う。


Radagast

3位 ラダガスト

堕落チェック+1
原野を通ることでドロー枚数が増えることは、相手よりも早くリソースをプレイし、 早くデッキが枯渇することが勝利の鍵となる2デッキゲームでは重要になる。
ただし原野の通りすぎによる、「自然の誘い」堕落には要注意。


Alatar

4位 アラタール

移動時のカードのドローの特殊能力は、ラダガストの項目で述べたのと同じ理由で重要。
アラタールのテレポート能力って使えるのか?
「魔法使いの火」とか、手札にあって、ナズグルを殺すためとかなら良いのですが。
ストライク一つと対決するのだから、「現身の犠牲」とか「真のファーナ」とかは、 使えませんよね。


Gandalf

5位 ガンダルフ

残念ながら、最下位。

効果的なのは堕落チェックの+1ボーナスぐらい。
「金の指輪」をテストするなら、もっと確実性のある、「魔法使いのテスト」か、 「指輪学」を用いるのが、当たり前。
あと、ガンダルフで特筆すべきはホームサイトが「任意の聖域」ということ、 どこの聖域にでも現れることが出来ます。
エルロンドやガラドリエル、キアダンなどを、それぞれの聖域に出して、 それをウィザードがコントロールして手札上限を+1するといったような戦略を たてる場合、とても有効。
でも、パルランドが裂け谷に出て、エルロンドをコントロールすれば手札上限+2 だな・・・やはり、最下位か・・・

《戻る》