効果チェインについて




以下、プレイヤーの方々に対して送った質問です。
とても、読みにくくなっています。

これに関するわかりやすい解説はHiTさんのページをどうぞ。
この間の大会の後の座談会で、効果チェインについての疑問があったのですが それについての、まとめと、新たな質問です。 問題の焦点は「効果チェインはどこで切れるか」だと思います。 たとえば、先日okkoさんが質問された、 「竜の飢え」(うえ?かつえ?)(成功すれば災厄リミットが1へる効果)にたいして、 これにより災厄リミットが0になるとき、効果チェインがまだ終わっていないと考え て災厄がプレイできるか。(okkoさんの具体的な例では「洞穴のドレイク」) okkoさんの考え(マジック、およびルールブックでは、)効果チェイン中には 起こったアクションは後のものから解決するという考えによると、最期のドレイクか ら、アタックを解決可能と考えることができる。 とのことでした。 鈴木、小町の考えた答えはノーでした。なぜなら、「竜の飢え」が出た時点で、 災厄リミットが無くなり、 「効果チェインが切れている」、洞穴のドレイクが襲うのは別のアクションと考えら れるのでそれは、効果チェインとは考えられない。ので、不可。 もし可能な災厄があるのならば、「数々の悲しみが降りかかり」くらいだろう。 というのが小町、鈴木の意見でした しかし、小町、鈴木の考えだとどこで効果チェインが切れるのかが、ある意味曖昧で あると、言わざるをえません。 たとえば、ルールブック82ページ 1「心のつかれ」堕落チェックプレイ 2堕落チェックをタップして支援 3支援したキャラクターに対して「我が家の呼び声」プレイ ルールブックではこの後さらに「トゥックの血」・・・と続くのですが、ややこしく なるので、ここまで 考えると、 小町、鈴木の考え方では、「心のつかれ」のプレイと、「我が家の呼び声の」プレイ への関係が 効果チェイン中につながりにくいのです。 ルールブックに書いてあることが正しいのでしょうが、 どうしても、別のアクションに思えてしまうわけです。 つまり、効果チェインはどこできれるか?というのが、最初にも書いたポイントです。 他の例で言えば、ルールブック39ページ「負傷したキャラクターの身体チェック」 においては、「治癒の薬草」等を使用するなどのアクションを行わず、即座に身体 チェックは 行われなければならない。とありますが、 身体値を1減らす、「アコーラヒル」のタップというあくしょんは行ってもよいので すよね。 これは、また、別か・・・。 それから、フェアリーウッズでまだやられたことはありませんが、 さっきの「心のつかれ」と「我が家の呼び声」の例で言えば、 アタックに対して「脱出」を使用したキャラクターに対して、「我が家の呼び声」を 使用して、「脱出」を無効化する事も可能でしょうか?

《戻る》