指輪カードと私

Through Search
『徹底探索』



  前後してしまいますが、1998年の暮れから、
 1999年の上半期の頃の事について綴っています。



 もともと売っている店が少なかったミドルアースCCGであったが、
コンプリートをした後、都内の店を探してみると極端においている店が少なくなった。

定価では「やのまん」の「フェアリーウッズ」で購入することが出来るのだが、
1パック500円では高すぎる・・・。
渋谷パルコの内の「マーク」でも定価であった。

どうせ買う人がほとんどいないのだから、もっと安くしてくれてもいいと思うのだが・・・。

指輪の魔力にとりつかれて幽鬼と化したT.Sはコンプリート後も、
さらにストックを求めて、安売りをしている店を探すのであった。

 そして、地元の「ダイクマ」でウィザードのブースターが200円だったり、
「ヨドバシカメラ」でダークミニオンズのブースターが100円だったりした店では、
大量に買い占めをしたりした。(どうせ私しか買う人がいないし・・・)

 このころの発見した指輪を扱っている最高のお店は新宿のイエローサブマリン
南口店であり、なんともう手に入らないと思っていて、夢にまで見た
「英語限定版」や「リドレス・アイ」、「ホワイト・ハンド」
などを取り扱っていた。
まさにミドル・アースプレイヤーにとっての聖地であった。

 この店をKomacchiさんに紹介したことが、彼にとって身の破滅を導いた。
最初は購入をためらっていた彼であったが、
T.Sの「もうここでしか手に入らないんですよ!」のセリフにつられて、
数パックを購入してしまい、
結局このことが彼を、「英語限定版コンプリート」への道へと走らせたからである。
そして、その後彼は「魔王」の名で知られる、
日本最強のコレクター(幽鬼)としておそれられるようになるのであった。


   東口のイエロー・サブマリン・ハイパーアリーナ店では、なぜか
  英語限定版のブースターが1500円以上したのであきらめていたが、
  この南口のイエサブでは、リーズナブルな価格で売っていた。
  (なぜか、同じ新宿のイエローサブマリンなのに、値段がちがった。)


さらに、リドレス・アイ専用のカード、ミニオン用プロモカード
「アーケン石」のついている雑誌100円の掘り出し物を見つけたりした。

 さらにネットの情報で宇都宮に安いスターターが存在した
という噂を得て、東北自動車道を車で数時間かけて買い出しに行ったりした、
(その時に車を飛ばしすぎて、オーバーヒートさせて莫大な修理代がかかった。)

 その後、HiTさんの情報により、通信販売で、英語版が安く買える
ネット上の店、「テッペのお宿」の事を知り、購入。

さらにkomacchiさんの探索により、「テッペのお宿」が輸入をしている大元の、
アメリカの問屋、「ポトマック・ディストリビューション」の存在が明らかになり、
どんどん安く手に入れる(ただし英語版のみ)道を切り開いていったのであった。

  (ポトマックディストリビューションでの
  ドラゴンズ、ダークミニオンズの最安値は1Box25$=3000円くらい
  であった。実際には郵送料(シッピング)と関税(タックス)がかかるので、
  そのほかに数割り増しの経費がかかるのであるが。)


《戻る》