指輪物語と私

MECCG2001年世界大会報告

行きの成田空港でのこと



登場人物

鈴木・・・私
大倉(OKKO)さん
Kさん

海外旅行はひさしぶりだったので、
一人で行くのはなんだか不安なので、
OKKOさん(大倉さん)と待ち合わせて、行くことにした。
搭乗手続きとかも良くわからんし・・・。めんどくさい。

午後の3時に日暮里で待ち合わせて、京成スカイライナーでGo!

時間通り・・・というかかなり余裕を持って、空港に到着、

申し込んであった、パックプラン用のカウンターを探し、申し込むと、
私たちが申し込んだ直後にそのカウンターはしまってしまった・・・。

添乗員無し、観光のパックも無し、素泊まりのモントリオールだけのプランなど、
我々しか申し込んでなかったのですね・・・。

早めについたのでKさんをしばらく待ってみたが、来る気配がないので、
登場の手続きを進めることにする・・・。
トランクを預け、出国審査をすませ、
日本円をカナダドルに替えてもらう。
いくらくらい替えれば良いか迷うが、とりあえず、300カナダドル
を手に入れる。あとはカードで何とかなるだろう。

手持ちのアメリカドルのトラベラーズ・チェック200ドル分をカナダドルに
替える予定であったが、成田で行うと、アメリカドル>日本円>カナダドル
という両替の手続きをとらねばならず、手数料がバカにならないし、めんどくさいので、
やめておいた。

その後、出国審査をパスし、いざ飛行機乗り場へ、

その前に、OKKOさんは奥様の命令に従い速攻免税店へ。
OKKOさんは奥様の抜け目の無い指示書にしたがってしっかりと
買い物を進めていった。

その後喫茶店でコーヒーを飲む、本当はお腹がすいていたので、
何か食べたかったが、そば800円くらいと高かったので、
180円のクロワッサンを食べる。

さて、時間も迫ってきたので
飛行機の搭乗ゲートに向かう、そろそろKさんも来ている頃だろう・・・。

しかし、搭乗ゲートについてみてもKさんの姿は見えず、
間に合うのか、ちょっぴり不安・・・。

Kさんがあらわれたのは搭乗開始10分くらい前のことであった。


と、なんとか日本代表の3人は時間に遅れることもなく、
いざカナダ(トロント)への便に乗り込む。

2001年8月23日(木)
現在日本時刻18時50分頃

長い1日の始まりである。
(今日は日付変更線を越えるため1日が36時間ぐらいある)


《戻る》