指輪物語と私

MECCG2001年世界大会報告

トロント空港でのこと


トロント空港で

 飛行機から降りると、小町さんも無事到着していて、
同じ飛行機だから当たり前・・・。
待っていてくれた。

一人でもまあ、何とかなるだろうが、旅慣れた人たちがいてくれると、
心強くて安心である。

バゲッジ・クレイム(荷物引き取り所)に行き、
無事、トランクも回収。

入国審査で「滞在目的は?」と聞かれたので、
おきまりの"Sight seeing."「観光です。」と答えると、
「友達の家にでも泊まるのか?」と予想外のツッコミが入ったので、
正直に、
「えーと、実は、あるカードゲームの世界大会に参加するために来ました・・・。」
と白状すると、一応すんなりと通してくれた。

ちょっと変なやつと思われたかな・・・?

その後、人並みにながされながら、モントリオール便へと乗り継ぐ道を辿る・・・。

が、間違って、トロントでおりる人並みの列にについて行ってしまったようで、
あわてて引き返す。

乗り継ぎのことはconnectionコネクションというらしい。

通路の中で、「こうてい疫」の靴消毒用マットを通るときに、
念入りに、ズリズリ足を引きずりながら歩いたら、係員に、
"Thank you for shuffling. But you have to just walk."
と、ほめられた?


地下道を通って、モントリオール便の搭乗ゲートまで、たどり着くと、
やはり離陸が30分ほど遅れているらしい。

搭乗までに30分くらい時間があるし、機内食でろくなものを食べられなかったので、
何か、軽めのものを食べようと大倉さんと、
空港内の軽食店をのぞく、
少し迷った結果、ファーストフードの店、Hervey's「ハーベイズ?ハービーズ?」
にする。

なんか注文の仕方がわからないので、適当なコンビネーションのチーズバーガー・コンボ
の様なものを注文する($5くらい)。

カウンターを進んでいくと、どうやら、これはサブウェイ方式の、
客がハンバーガーに入れるもの(野菜、調味料など)を選んで行く方式の
ハンバーガーショップらしい。
いちいち注文するのもめんどくさかったし、カナダ人が普段食べているであろう
標準的な味のいわゆる普通のハンバーガーを食べてみたかったので、

店員:「何を入れますか?」(もちろん英語で)と聞かれたときに、

鈴木:"Just make it normal."「普通に作ってください。」
というと、

店員:「普通にね、ふーん。」
といって、バンズの蓋をそのままパタン、と閉じられた・・・。
そして、チーズと肉だけが挟まれたハンバーガーは
「あっ。」という間にラップにつつまれてしまった・・・。

「なにー、お前らカナダ人が普段喰う、『普通のハンバーガー』というのは、
野菜が一つも入っていないハンバーガーのことなのか?」
「俺は、『普通のハンバーガー』って言うのは、あそこのサンプル写真にある、
普通に全部の野菜が入っているやつのことを言おうと思ったんだぞ!!!
アレが普通ってもんじゃねぇーのかぁ?」

と言おうと思ったが、時間が迫っているし、あまりに驚いたので、
何も言うことができなかった。

とりあえず、後ろにいっしょにいた、大倉さんには
"Just say everything!"「全部入れてください、と言った方がいいぞ!」

と小声でアドバイスをするが、
彼の持ってきたハンバーガーもたくさんのピクルスと
あと少しの野菜しかのっていない、
お世辞にもあまりおいしそうには見えない、ハンバーガーであった。

このときは飛行機の離陸時間も迫っていて、クレームを言う時間が無く、
泣く泣く、野菜無しのハンバーガーを食べることを余儀なくさせられたが・・・、
笑い話と思い出となるから、まあ、いいか・・・と自分を納得させながら食事をする。

実際、本当に時間が無くて、のどがつっかえて、
涙が出るほど口にほおばり込むくらいだったので、野菜が入っていたら、
とても食べきれないほどの状況であった。

T.S具無しのハンバーガーを喰う・・・。
この屈辱的な経験と教訓は
後のカナダでの滞在期間中大きく役立つことになる。

言語回路を「英語」に切り替えたのなら思考回路も「アメリカ・カナダ風」に
切り替え無ければいけないのだ!!!


急いで、飛行機のゲートに戻ると、なにやらまだ飛行機が遅れているらしい、
こんなことならゆっくり食事をしてくれば良かった。


それからさらに1時間以上も待って、入った放送では、
結局、最初の予定より、2時間ほど出発が遅れて、それによって、同じ時間に
モントリオール行きの飛行機が2機離陸することになるらしい、

それにともなって、出発ゲートも変更されることになり、
急いで来た通路を戻り、変更された出発ゲートに向かったのであった。


《戻る》