指輪物語と私

MECCG2001年世界大会報告

ホテルのお風呂のこと



私がカナダに行くときに最も心配していたこのと一つは、
言葉や、文化、食事の違いなどではなく、
ホテルについているお風呂の構造であった。
シャワーが自在に動かせるタイプのものであろうか???
きちんとお湯が出るであろうか?

かなり高級そうなホテルだから大丈夫だろうと思ったが・・・。
はたして、行ってみると、シャワーの噴出口は壁に固定されて、
頭の上にあるタイプのものだった。
このタイプのシャワーを見る度にいつも疑問に思うのだが・・・。

お尻はどうやって洗うのだろう?????

足についた石鹸とか、きちんと洗い流せないから、このタイプは大嫌いなのだ。

すごく困ったが、兼ねてから予定していたとおり、
ユニットバス並みの狭いバスタブの中に、日本のお風呂のように、
お湯をはって、その中につかることにした。
これならお尻も洗える・・・?

お湯も、日本のお湯とちがって熱いお湯が出ないので、不満であるが、
まあ我慢しよう。水でなくお湯が出るだけ幸せか。




ホテルをさる時に、

風呂場に備え付けてあった、吸盤がたくさんついたゴムのシートは、
風呂上がりに滑らないようにするためにしくのではなく、
バスタブの中で滑って転ばないようにするためにバスタブの中にしくのだ、
ということをOKKOさんに教わってとても勉強になった。

実際に私が試す機会は無かったが・・・。


《戻る》