オンライン・ミドルアースCCG

リプレイ&奮戦記07

NetMECCG 2002年3月20日(木)

対戦記録

コントウリス・リプレイ 3月20日 久しぶりに、NetMECCGをプレイできた。 今回はドイツのKontoulis Steve(ハンドルネーム、イムラヒル)さんとの対戦。 初めての対戦相手だったので、気合いを入れて、 世界大会で使用した、エルフデッキで対戦。 相手は、ミニオンデッキを選択。 ゲーム開始後は「旅の仲間」「高き希望の星」「晴れた空」などの 強化カードが全く引けず、苦しい展開になる。 1ターン目にグンダバド山へ向かうときに、「Sell Swords between charters」 が二回出されて、1回目は撃退するが、2枚目で、「ガルドール」負傷。 ロリエンに戻るまで生きていられるかなぁ・・・、と心配し、 手札に予備キャラクターのエルラダンを残すが、無事にロリエンに戻り回復。 エルラダンは予定通り、「ガンダルフ」のもとに登場。 序盤こちらの不調とは裏腹に、あちらは、 1ターン目に、「ペラルギア」で「金の指輪」を出し、 2ターン目に、「ドル・アムロス」で「Seacred of their Forging」を使い、 「Wisper of the Ring」にストックしてあった、 「ドゥーリン族のドワーフの指輪」(サイトをアンタップさせる効果を持つもの) を出し、大きくポイントでリードする。 こちらは中盤から自分のカンパニーを強化することが出来、 常時武勇+6くらいの状況が作れた。 が、ポイントでリードされているので、予定を変更して、カンパニーを分割。 (相手が指輪デッキなので、もしかしたら「ワンリング」戦略かもしれないことも、警戒。) 「旅の仲間」が一枚有ったが、それを捨てて、大急ぎで、ポイント集めに向かう。 幸い、心配した堕落ハザードは相手は使っていなかったので、助かった。 サイドボードから入れた「森エルフ」「くろがね連山のドワーフ」「ドルイニオンの兵」を 召集し、 「離れ山」と「ウールンドの洞穴群」で「竜殺しの剣」と「海行く人のエメラルド」をプレイ。 はっきりいって、ヒーローのポイントは高すぎるので、がんばってポイントをかせいでいる、 対戦相手にはほんとうに申し訳なく思った。 中盤に、相手に、「武装したモルドール」が出るが、ほおっておき、 終盤に、武勇+8の状態を作り、 「スランドゥイル」と「ガルドール」+「竜殺しの剣+2」の二人で わざわざ、「ウルルルツ・ヌアン」に向かうと、 コントウリス:わざわざヌアンまで何をしにいくんだ? 俺:「武装したモルドール」が出ているから、    あなたの象さん(じゅう)を殺しに行くんだよう! コントウリス:ノオォォォー!!!! 俺の象がー!!!! ってな感じで笑えた。 しかし、常々、MECCGは原作を忠実に再現していると、宣伝しているのに、 さすがにこれくらい(じゅうを二人で狩りにいける)強くしすぎるのは、 さすがにやり過ぎかと思った。(笑い) うーん、かつての(シルマリルの頃のバルログとか戦っていた) エルフの再現と思えば・・・、いいのか? その後(最終ターン)、カンパニーを「東夷の野営地」に集結させ、 「ファラミア」+1 「ゴンドールの角笛」+2 「ドゥナダン」−2 「友達の一人、いや三人」+4 合計+5で「東夷」を召集するが、これは失敗。 相手は、「ドワーフの指輪」で、「石碑」、「トルファラス」をアンタップさせて、 効率よくアイテムをプレイしたりしていた。 ドワーフの指輪を持ったドワーフの下に、「トルファラス」で 「We have come to kill」を使って、「闇野伏せの長」が登場したときは驚いた。 終盤に、相手のカンパニーが「ウロンドの島」に向かったので、 ここですることと言えば・・・?と考え、「アドゥナフェル」で直接影響力の大きい 「闇野伏せの長」をタップさせ、1ターンかせぎ、 次のターンに相手は予想通り、「イシルドゥアの巻物」を貢ぎ物にして、 エアルカラクセ(ドラゴン)を仲間に引き入れた。 これはかっこいい! 相手のナズグルは「レン」で、「バラド・ドゥア」あたりで、 「恐怖の兜」や「恐ろしい獣」などをプレイして、ポイントをかせいでいた。 相手がおもしろいデッキをやってくれたのに、こちらは勝ちに行くデッキだったので、 容赦なく、サイドボードから入れた「Rolled down to the Sea」とかで、 ドワーフの指輪を捨てさせてしまったりして、悪いことをした。 (相手がイシルドゥアの巻物を出した時点で、「ワンリング」を警戒して入れた) 相手はこちらが「Rolled down」を使う一つ前のターンに、 予備の指輪を捨ててしまったよー。と、嘆いていた。 結局32対21で勝利。 こちらのハザードは実は対ヒーロー用のハザードだったので、 あまり邪魔が出来なかった。 (ミニオン用のハザードだったらひどいことになっていただろうが、 ミニオン用のデッキが見つからなかった。) 妥当な勝利だろう。 相手のハザードは「人間クリチャーハザード」だったが、 序盤に「Sell Swords」と終盤「東夷の野営地」で「暗殺者」に襲われて、 ガルドールとフォルロングが負傷をして、しぬ可能性が有った以外は、 ほとんど邪魔されなかった。 プレイ後のチャットで、 とても、堅い(Solid)デッキだ。と言われた。

《戻る》