指輪戦績3

Middle Earth Collectible Card Game
指輪物語コレクティブルカードゲーム
対戦成績記録           T.S

日付    場所    対戦相手
リソース戦略
ハザード戦略
勝敗
勝因、敗因、その他

4月11日 イエローサブマリン新宿ハイパーアリーナ店

鈴木   一つの指輪
中江さん 南方エリアグレーターアイテム  ミスリルの胴着、イシルドゥアの巻物
     集団呼集戦略          南方人

スタートキャラでサムが出されるが、
トゥックの血で追い返し、フォルコをディスカードして、サムを出す。
イシルドゥアの巻物を先に出されるが、金の指輪をむりやりテストして、一つの指輪を出し、
破壊。
勝利

2回戦 3人プレイ

中江 アタック重視災厄
鈴木 ロードブロック ホームサイト集団呼集デッキ
小町 暗殺者

ロードブロック災厄は、小町さんによく効いた。かなり、極悪だが、さすがに息が続かない。
多少動かれた。

中江さんの暗殺者には、辺境の砦でで襲われまくりキャラクターが10人近く死亡。
暗殺者対策対策が必要。
スカサと、イタンガストにもドワーフが殺されまくった。
アタック回避策必要。
しかも、夜の扉+予期せぬ見張りでこれらのカードを使われまくった。
予期せぬ見張りを相手が使用するとき、黄昏で、夜の扉を消すだけでも多少効果はあるかも。

キャラクターが出そろったら、ウイザードの出時、灰色港でキアダンを従者につけるのが良い。
煙の輪を複数枚入れておくこと。

キャラクターが死んだときのフォロー策を作っておくこと、(代行して、集団を呼集)

小町さんもいっていたが、3人プレイはあまりバランスが良くない。

4月25日大会

1回戦小町様
誰よりも遠く深く見て(ホームサイト集団呼集せんりゃく)
ロードブロック

勝利

2回戦中江様

同上

勝利


3回戦相河様

相河さん25点で会議招集
鈴木20点、ラストターン逆転の作戦を思いつく
パーティーを4つにわける

ドワーフ二人死者の沼地へ(グレーターアイテム)
ドワーフ5人カルンドゥームへ(グレーターアイテム)
ブランドウールンドの洞窟へ(グレーターアイテム)
ガルバ(南方人)

最期のターンで恐ろしい長虫にドワーフ部隊は壊滅させられ、竜殺しの剣をとられる
ー4点
ブランド翼を持つ火のドレイクに猟犬を全滅させられる。
ー6点
深い森は危険。
離れ山に行けば良かった。

2勝1敗
得失点差(2点差で)3位
3回戦でのラストターンが悔やまれる。

6月27日フェアリーウッズ大会

150人参加大トーナメント
4位、惜しくも入賞ならず。


(大嘘、本当は参加者6名中4位)
6月27日 フェアリーウッズ 第1戦 浅野さま 鈴木懲りずに一つの指輪戦略 スタートキャラクターにサムを出されたので ビルボ、ガラドリエル、フォルコの3人でスタートカンパニーを組む。 浅野さんは奥底を回り、ノルドのランタン、竜の兜などを出すリソース戦略を していた。 奥底なので、メジャーアイテムを追加でプレイできるので統率ポイントが どんどんたまる。 こちらの手札にはナズグルなどがあったが、いまいち攻撃しにくいし、 (殺されると怖いので) もともと、永続イベントで出す予定だったので、アタックはしなかった。 特筆すべきは、浅野さんのハザード、「エージェントデッキ」である。 「ミニオンエージェントです。」という宣言とともに、裏返しのカードがどんどん 並べられてゆく・・・。 しかも、「誰の友でもなく」がつけられ、どこの辺境の砦でも、そのエージェントが アタック可能になっている。 とりあえず、自分のデッキは辺境やに自由領に一歩も立ち入らない戦略なので、 特に、影響は無かったが、またも、「今までに見たことの無い戦略だぁ」状態。 対策の立てようがない。いい知れない不安。 まあ、何とか、「金の指輪」2つプレイ、「イシルドゥアの巻物」 「ガラドリエルの瓶」プレイといつも通り、「一つの指輪」を破壊できそうな状態に なったので、(手札に「一つの指輪」があるが、まだプレイしていない状態。) 「滅びの山」へと向かう。 アタック対策に「密やかさ」をプレイしていたのだが、 「滅びの山」の特別ルールで、滅びの山ではリソースカードに関係なく、クリチャーを プレイできると指摘され、オークのアタックを2回食らう。 1回目「潜む」でかわし、2回目を「ガラドリエルの瓶」のストライク割り振り 能力を使って、パルランドに全部受けさせる。・・・パルランド負傷。 何とか、「滅びの山」到着。 しかし、ドラマはここで起こる。 なんと、「滅びの山」でゴクリがビルボを襲ってきたのだ。 (「滅びの山」をホームサイトとする「いとしいしと」〈ゴクリのミニオンエージェントの相) がアタックを仕掛けてきた。) うぉぉ!原作そっくりに返り討ちにしてやる!(フロドじゃなくてビルボだけど・・・) タップ状態のビルボを「小さい人の体力」でアンタップさせ武勇1 鈴木  2d6を振り9+1  =10 浅野さん2d6で  6+2+5=13 (ミニオンエージェントは裏向きの状態で自分のホームサイトでアタックするとき、 武勇+5で目標キャラクターを選べる。) ゴクリ武勇7?むちゃくちゃ、つええ!!! 相手のダイス目がピンゾロぐらいじゃないと勝てないじゃんか!!! ビルボ、敢えなくゴクリに敗退、「いとしい金の指輪」を奪われる。 その上、「お前達を連れて行く」の効果で、捕虜となり「モリア」に連れ去られる。

いとしい、いとしい、いとしいしとおお・・・ そして彼らは(ゴクリとビルボ)いなくなりました。

原作と違うじゃんか!(当たり前) 残ったパルランドと、フォルコは途方に暮れるが、 イシルドゥアの巻物は残っている、次の編成フェイズに「幸運な探索」をデッキに 入れ、「金の指輪」を拾う最後のチャンスにかける。 しかし、次の災厄フェイズに斥候の2人とも負傷してしまい、「幸運な探索」は 使用できず、会議の招集がかかり、結局ゲーム終了。 20点近く差を付けられ、敗北。 「いとしいしと」は行動範囲が広く、一つの指輪デッキに取って、大きな脅威であった。 はじめてやられる戦略で対策がなかった。 対策としては、自分から、「ゴクリ」を出すか、「いとしいしと」を自分から出して、 先にオープンしてしまえば、相手の「いとしいしと」は出ない。 6月27日 第2戦 大倉様 気を取り直し、第2戦、 スタートキャラクターで、 ビルボ、フロド、サム、フォルコまで、重なりはじかれる。 しょうがなくこちらは「ガラドリエル」「ケレボルン」でカンパニーを組む。 ホビットを早く引き、カンパニーに加えるために、「袋小路」「モリア」間を往復して、 手札を回すが、デッキを半分以上消費したのに「金の指輪」も「イシルドゥアの巻物」も いっこうに引かない。本当についていない。 やっと、フロドを引き、相手のフロドを「トゥックの血」で追い返し、フロドを 袋小路でプレイ、その後、「イシルドゥアの巻物」を手札に引くが、数ターン差で、 「イシルドゥアの巻物」を出されてしまう。 金の指輪を3つプレイして、魔法使いのテストで、10以上6回を行うが、 10以上が出ず、「一つの指輪」が出せずに敗退。 この記事を読んでくださっている大倉さんには、言い訳の様になってしまい、大変申し訳ない とおもうが、本当に手札の引きが悪かったのが、敗因。 このデッキは、3回中2回勝つことを目標にしたデッキ、今回は勝てる手札では無かった。 勝てるチャンスがあるとすれば、1回戦と3回戦、チャンスをものに出来なかったのが、 今大会入賞できなかった敗因である。 でも、大倉さん、よく練られた戦略で強かったです、ルールなんかも私よりも詳しかったし。 ゲームのあと、「イシルドゥアの巻物」を先に出されたときの対策として、「すり」、「盗人」 だけでなく、「それほど古くもなく、役に立たず」を入れておくことをアドバイスして いただく。これは、入れるとしたら、サイドボードですかね・・・。 6月27日 第3戦 小町さん 2敗してしまい、入賞の望みが無くなり、ちょっとがっくりしてしまい、 ちょっと気分を変えたくなって、一つの指輪の破壊をエルフに任せる戦略に変更。 スタートキャラクター 「ガラドリエル」「エルロンド」豪華キャスト! 小町さんの許可をもらい、サイドボードに「3本の金の髪」を入れさせてもらう。 でも、デッキ内には「小さい人の体力」とか、「小さい人の密やかさ」とか役に立たない カードが入っている。まあ、どおせ勝てないのだから、いいか。 軽い気持ちでスタート。 最初のターンと2ターン目手札10枚ぐらいドローしたら、その中の4枚がナズグルだった。 また、変な手札、今日はついてないかと思いきや・・・。 最初適当に金の指輪を集めながら、サイドボードからデッキに必要なカードを投入してゆく。 アイテムを持ち変えるのも堕落ボーナスのないエルフは一苦労。 サルマンが出たので、エルロンドをコントロールさせ、ケレボルンをプレイに出す。 エルフの王カンパニー結成!さらに超豪華キャスト!!!(夫婦と娘婿) うーん「ケレブリアン」カードが欲しい。 あと、アルウエン、アラゴルンでファミリー結成できますね。。 「イシルドゥアの巻物」を「モリア」で発見し、「ガラドリエル」に持たせる。 うーん、エルロンド強し、ほとんどの自動アタックをアンタップでやり過ごせる。 「サルマン」なので、スペル使い回せるからと軽い気持ちで「魔法使いのテスト」 あ、やべ、1回目で「一つの指輪」でちゃった。まだ全然準備できてないのに・・・ 急いで、ドロー枚数を増やすため、「ロリエン」から、「東夷の野営地」の往復決行。 途中、「大いなる怒りに駆られ」で「ディーアのホアルムーラス」がディスカードパイルから はい上がって襲ってきたが、武勇12(一つの指輪武勇+5)のエルロンドを怖れて、 「サルマン」を攻撃してくる。 なんと「サルマン」が2d6で10をだし、「ホアルムーラス」を追い払う。 さすがに撃退は出来なかった。 なんと、このとき、「指輪の意志」がエルロンドに使われるが、「ネンヤ」で回避! ちなみに、このとき手札には「ヴィルヤ」と「ネンヤ」があった。 もう、ほとんどファンデッキ。 デッキが枯渇する直前6枚目ぐらいで、「3本の金の髪」直前2枚目で「ガラドリエルの瓶」を 引き、ロリエンでエルロンドの堕落対策強化準備をする。堕落ボーナス最大+4。 「ロリエン」から一気に「滅びの山」へ、途中懲りずに「ホアルムーラス」が襲ってくるが、 エルロンド武勇12があっさり撃退。(身体チェックで10を出した。) 「滅びのき裂」を用い、あっさり指輪破壊。 エルフで「一つの指輪」を破壊する試みは初めてだったが、結構あっさりいけた。 エルフの方が簡単なのか?それともただの運か?(たぶん絶対後者) 最近、ホビットを使う人が多いから、エルフデッキに切り替えるか?
1勝2敗6人中4位

7月25日大会 ☆祝・鬼頭さま・健部さま・成田さま復活☆!

参加者8名
鈴木懲りずに「ひとつの指輪破壊戦略」 前回はひどい目にあった・・・。ここで、勝たなければ、気持ちよく指輪カードから 足を洗うことはできん・・・。(足を洗うってホントか?) ということで、またデッキマイナーチェンジ、今回はエージェント対策が加わり、 さらに完成度が高まる。 これで優勝できれば「ひとつの指輪デッキ」から、足を洗おう・・・。あれ?

(付録)「ひとつの指輪デッキ」改良の歩み

今まで3回のフルモデルチェンジと十数回のマイナーチェンジが行われています。 第一段 デビユー    「お遊びデッキ」 第二段 フルモデルチェンジ    「お試しデッキ」(ここまでホームページに公開中) 第三段 フルモデルチェンジ    「本気デッキ」   《アタック対策》              《ナズグル対策》               《堕落対策》          マイナーチェンジ 《環境問題対策》     マイナーチェンジ 《エージェント対策》               《キャラクター重なり対策》   これだけ対策を練れば、とりあえず、万全だろう・・・。 7月25日 フェアリーウッズ 第1戦 秦さま 相手は、アタック中心の戦略をしてくるあいて、この相手とはは相性が良いはず。 相手は、夜の扉を出し、アイグロス武勇+5とか、使ってくるが、そんなのほっといて、 こつこつ、指輪破壊の準備をする。 1ターン目でモリアで「イシルドゥアの巻物」が出せたので、かなり気持ち的に 楽になる。 モリアで「夜の扉」が出され、「名前も持たぬもの」(3アタックの強力なクリチャー) の攻撃を受けるが、「黄昏」で「夜の扉」を消して回避する。 特に問題なく、指輪破壊。勝利。                第2戦 中江様 いつもいろいろな戦略を立ててくる、中江氏。 さて、今日の戦略は・・・どうやら、「堕落デッキ」らしい・・・ と、数ターン目でわかったので、せっせとサイドボードから、堕落対策用カード 「魔法使いが現れる」「エルフの歌」「賢者たちは不思議を語り」 等を入れる。 「イシルドゥアの巻物」がまた、2ターン目ぐらいで自分で出せて、とてもラッキー。 しかし、「イシルドゥアの巻物」と「星のガラス瓶」を持ったサムに 「感覚の誘い」(堕落カード)がつけられ、活動が停滞、(堕落ポイント合計6) 精神的にもストレスがたまる。 しかし、何とか、「トゥックの血」を枚ターン計3回も使い、堕落チェックをキャンセルする。 「トゥックの血」がたいへん役に立ちました。 「イシルドゥアの巻物」が出ていて、魔法使いのテストを使うと、やはり、かなりの確率で 「ひとつの指輪」がプレイできる。 やはり、これがキーカードですね。 「魔法使いが現れる」「エルフの歌」「賢者たちは不思議を語り」 の他、「良き原野の旅」を入れ、サイドボード有効に活用。 「ロリアン」から、「滅びの山」に向かう時に、「良き原野の旅」を用いると災厄リミットが、 最小2になる。今回初めて気づいて使ったのですが、とても有効な戦略でした。 指輪破壊勝利。                  第3戦 健部様 次も勝って三戦全勝!完全勝利じゃあ!しかし相手は健部氏、そう簡単には勝たせてくれそうもない。 健部氏の戦略・・・ナズグル、人間、河、戦略??? いまいち戦略が見えてこない、だから、対応策も見えてこない・・・。 (もちろん、実は健部氏がうまく臨機応変に戦略を変えて、私が対応できない様にしている訳です。) サイドボードから何を入れればいいんだ??? 「ネンヤ」「魔法使いの川馬」「良き原野の旅」等入れたいものはたくさんあるのだが・・・、 とりあえず「エルベレスの賛歌」を入れる。 相手が「ナズグルは放たれた」を出してきたので、ナズグルを拾えないように、 「夜の扉」を常に「黄昏」で消し、 「河」対策に野伏の「サム」をアンタップできるように「小さい人の体力」を手札に3枚キープ、 十分相手の戦略を押さえているはず・・・。 こちらのカンパニーはビルボ、サムと、 エルロンド、ガラドリエル、パルランドの能力で、最大手札上限11枚。すごい。 「イシルドゥアの巻物」がまた早めに出たが、今度は「ひとつの指輪」が引けない・・・ 「遠目」を使いに「エルロンド」が「おぼろ谷」に行くも、「河」で行動を封じられる、 そうこうしているうちに、健部氏のデッキ枯渇! うーん、最大の災厄はやはり、「ラダガスト」のドロー能力による、デッキの枯渇で あったか・・・。 ラストターン、ウィザードをタップして、サイドボードからデッキに何かを入れようかを 悩むが、タップしないことにした。 金の指輪テスト・・・1回目で「ひとつの指輪」プレイ、 ビルボ・サム・パルランドのパーティーは「滅びの山」に向かう 災厄リミット4(「良き原野の旅」が欲しかった。) 災厄1 「指輪の意志」プレイ 何とか、「小さい人の体力」と「ガラドリエルの瓶」をつかって回避 ビルボ+4 ガラドリエルの瓶タップ+2 パルランドタップ +1 小さい人の体力+4=+11 ひとつの指輪ー7 金の指輪ー1 指輪の意志 ー4                 =ー12 災厄2 「サウロンの口」(短期イベント) (エルベレスの賛歌を持っていたのだが、サウロンの口は消せなかった。) 短期イベントは、回避できないものがあるのでつらい・・・。 災厄3 「指輪の意志」プレイ(今、サウロンの口で拾ってきたもの) ふたたび、「小さい人の体力」で+4修正をする。 ビルボ+4 サムタップ +1 小さい人の体力+4=+9 ひとつの指輪ー7 金の指輪ー1 指輪の意志 ー4=ー12

2d6、3以下で堕落=敗北、がんばれビルボ、負けるなビルボ
「がーん、1ゾロがでるかああぁぁああああ」
ビルボ:「これは私のものだ!」 ビルボ指輪の魔力の前に陥落、「ひとつの指輪」を持ち逃げする・・・

得点差で敗北。

今日の反省

・ひとつの指輪は「滅びの山」でテストするべきだった。 ・「指輪の意志」は強かった。 ・トゥックの血が手札にあれば、ホビットをディスカードする効果は防げた、 ・「ネンヤ」欲しかった。 ・こちらは、パルランドを使っていて、相手のディスカードパイルが見られるのだから、  相手が当然「指輪の意志」と「サウロンの口」を持っていることを予想するべきだった。 ・「ネンヤ」、「古き友情」など、防ぐカード、対応策はサイドボードにいくらでもあった。  小さな判断ミスが、敗北につながった。  勝てる見込みのあるゲームで敗北したのは、残念。

2勝1敗 準優勝

リプレイ1 98年◎10月3日・◎11月3日・△11月14日・★11月22日・△12月13日・△12月23日・★12月27日
リプレイ2 99年△1月17日・★1月24日・★2月28日・★3月28日
リプレイ3 99年△4月11日・★4月25日・★6月27日・★7月25日
リプレイ4 99年★8月22日・△8月22日
リプレイ5 99年★9月26日
リプレイ6 99年★11月29日・★12月26日

リプレイ7 00年△1月30日・★2月27日・★3月25日
リプレイ8 00年★6月25日・★8月27日
リプレイ9 00年★10月22日
リプレイ1000年★12月23日指輪物語2000ファイナル

リプレイ1101年☆1月28日第一回 自主大会レポート
リプレイ1201年☆2月25日第二回 自主大会レポート
リプレイ1301年☆3月25日第三回 自主大会レポート
リプレイ1401年☆4月22日第四回 自主大会レポート
リプレイ1501年☆5月26日第五回 自主大会レポート

◎ルール講習会
★フェアリーウッズ大会
△有志テストプレイ
☆新宿イエローサブマリン自主大会

リドレスアイ・リプレイ099年2月21日
リドレスアイ・リプレイ199年10月11日
リドレスアイ・リプレイ299年12月26日
リドレスアイ・リプレイ300年5月28日


◎ルール講習会
★フェアリーウッズ大会
△有志テストプレイ
《戻る》