指輪戦績7

 

1月30日 大会(ルール説明会)報告

2000年最初の大会は第5日曜日に変更されました。 T.Sは、仕事のために遅れて、やのまんには1:30ころ到着。 誰もいないだろうなあと思って見てみると、 「チャットで教えてもらったという方が見えていますけど・・・。」 と、店員さんにいわれる。 なんと、先週の指輪チャットに参加していただいた「灰色の息子」さん がいらしてくれました。 ホントに来てくださるとは、びっくり、大感謝です。 古畑氏、eVic氏は5:00こる来るという予定。 それまで時間があるし、灰色の息子さんはルールを知りたい、とりあえず やってみたいと言うので、スターターを2箱かってルールの解説をする事にする。 T.Sはもう何度もルール説明をしたことがあるので、慣れていてスムーズな進行が 出来た。 ちなみに、スターターを2箱かってでたレアは・・・。 ゴクリの最期 秘密の入り口 サウロンの意志 力と恐怖の言葉 よき航海 固定セットは 灰色の息子さんスランドゥイルのセット T.S    ビヨルン・ギムリのセット ゲームの方はスターターのみのカードなので、単調な展開でしたが、 コモンカードは比較的利用価値の高い物が多かったので、そこそこゲームにも、 勉強にもなりました。 それに対し、アンコカードやレアカード「竜の荒らし場」や「力と恐怖の言葉」 などは、ユニークドラゴンも、ナズグルも持っていないので全く役に立ちませんでした。 1時間ルール説明、その後1時間ほど、スムーズな流れでゲームを行い、 T.S18ポイント、 灰色の息子さん15ポイントの時にT.Sのデッキが枯渇しました。 ラストターンに灰色の息子さんの手札に「ファンゴルンのエント族」が 入ったのですが、残念ながらプレイできませんでした。 どちらかと言うと、T.Sの買ったスターターの方が、「洞穴のドレイク」、 「殺戮者」、「感覚の誘い」「自然の誘い」など強力なコモンカードがたくさんあった 様に思います。 まあ、楽しくゲームが出来てよかったです。 その後、4:30ころ、古畑氏とeVic氏が到着、 古畑氏はドイツ語、フィンランド語、イタリア語、フランス語、英語などの ワンリングコレクションを自慢げに自慢していました。 堕落ポイント42ポイント!!! T.Sは、彼の称号を「幽鬼たちの首領」から、 やはり、「サウロン大王」に昇格させた方がよいのでは・・・ と思ったりしました。

2月27日 大会

第一戦 OKKO氏 ホビット白の木グレーターアイテム収集・堕落ハザード戦略 「密やかさ」を使ってガラドリエルとスランドゥイルの館に向かった パルランドが、「探し出す目」+「暗殺者」によって襲われ、 パルランドが命を落とす。ー5点 グレーターアイテムを上手に収集しまくったが、3枚入れてあるはずの 「白の木の若木」が全然手札に来ない。 終了間近になって、いっぺんに3枚きた。ので、「白の木」はプレイできず、 「王の帰還」も終了直前に来た。(デッキに入れていることさえ忘れていた。) 相手のビヨルンを堕落させる。 T.S   アイテム2倍 OKKO氏 同盟者2倍 T.S   アイテムたくさん OKKO氏 集団たくさん。 T.S ウィザード死亡で−5 T.S手札からOKKO氏の同盟者「せっかち」を出しOKKO氏−1 総合得点17体17・・・。 同点オプションルール「鎖の強度」で決着。 ホビットメインのパーティーで有利なはずであったが、 4週目まで突入(堕落ポイント+4)心臓に悪い試合であった。 4週目で、相手のウィザードが堕落して辛勝。 久々の勝利。  第二戦 古畑氏 最初のターンに移動したウィザードが洞穴のドレイクに襲われ死亡する・・・。 3以下で負傷・・・。3/36 10以上で死亡・・・。6/36 あわせて、1/70がでるかねえ・・・。 サイドボードも使えなくなった、お先真っ暗。 まあ、めげずに順調に海近辺のアンデッドの自動アタックのサイトで、 ホビット2人とアラゴルンでメジャーアイテムを集める。 「白の木」をミナスティリスで収納。 「白の木」プレイ・・・と、行きたかったのだが、 キャラクタードラフトでビルボが先にだされ、ウィザードが死に、 ウィザードの影響力下に於くつもりであったエルフも出せなく、 賢者技能を持ったキャラクターがいないので、ミナスティリスを聖域化する前に、 エゼルロンドにアルウェン登場。 何とか、ミナスティリスを聖域化する間での1ターンを守りきればよいのだ・・・。 しかし、さすが古畑氏、エゼルロンドからミナスティリスに向かう、 アラゴルン、アルウェン、ボルジャーの一行を「暗殺者」が襲う。 アラゴルンタップ、ボルジャータップ、アルウェン「潜む」でタップ・・・ で回避したと思ったら、もう一枚「暗殺者」 これでアルウェン・ウンドミエル死亡・・・。

すまないアルウェン・・・。お前を守ってやれなかった・・・by Aragorn

これは完全な戦略ミスでした。 ・必ず、ミナスティリスを聖域化してからアルウェンを出すべきであった。 ・ここで「密やかさ」を使うべきであった。(先のターンに使ってしまった。) ・ミナスティリスを「気高き猟犬」などをプレイしてタップするべきでは無かった。 などなど、大変悔やまれます。 結局、あとから手札に入った「王の帰還」使用できなかったし、 結構前に作ったデッキだったので、戦略ちぐはぐで、むむう・・・。でした。 元はといえば、1ターン目に死んでしまったパルランドが全て悪い!!! こちらのハザードはきっちり決まったので、最終的に得点差で勝利はしたものの テーマが完成せず、納得のいかない戦いでした。 気が向いたらくわしく更新します。 1位 T.S 2位 OKKOさん 3位 小町さん  

3月25日 大会

祝 都々目さとしさんご来店。

都々目さんはドラゴンズとミニオンズしかもってらっしゃらなかったので、 プレイは出来ませんでしたが、是非スターターを手に入れて、プレイしたいです。 本日のTSのデッキ 前日徹夜でパソコンを買うために並んだので、 (開店日替わりセールで、液晶ディスプレイ付きValu Starが12万円 でした。) デッキを作る暇が無かったので、すでに作ってあった リソース戦略・・・前回の白の木ホビット戦略 ハザード戦略・・・戦略紹介にのっているオーク戦略初心者用 を組み合わせて持ってゆく。 かなりいいかげんな気持ち・・・。(^^;) とりあえず、前回『白の木デッキ』がうまく回せなかったので、 今回は以下の3つあるテーマを完成させるのが目標。 1.白の木プレイ 2.王の帰還プレイ 3.ルシエンの選択プレイ 第一戦 VS eVic氏 eVic氏はスタートキャラにエルロンドを使っていた。 その他従者として、ヨーレスなどコストの低いモノを使っていた。 最近ヨーレスは大人気のキャラである。 T.Sのスタートカンパニー予定通りの編成 アラゴルン二世 ビルボ ボルジャー ゲーム開始後T.Sは予定通りグレーターアイテムを求めて、 海に散らばる廃墟を巡る。 両者とも早めにウィザードが出せ、期待のもてる展開・・・。 (T.Sパルランド、eVicガンダルフ) T.Sハザードにオークがたまったので、『オークコンボ』発動。 『ホブゴブリン』が武勇14くらいでアタック! これにはeVic氏もビックリ。T.Sほくそ笑む。 しかし、あちらには奥の手が・・・。

ナルヤ 始動 ガンダルフ武勇+4

なぜならこれは火の指輪であり、あなたはこれによってしだいに冷えゆく 世界の人の心を再び燃え立たす事ができるからです。(指輪物語)

T.Sのオークたち:「ぎゃーす。やられたー。」 オークたち無惨に破れる。 eVic氏はぬかりなく堕落チェックの対策として、『古き友情』などの カードを当たり前の様に使っていました。こういうところが、さすがです。 数ターン後、懲りずに同じ様なオークコンボ。 (条件がそろえば、『幾多の傷を負いながら』か『夜の扉』+『蜂起した下僕たち』の どちらかがあれば十分強力なコンボになると言うことがわかりました。) しかし、またもや

ガンダルフ ナルヤ始動

T.S:「何で、また持ってんの?」

 そういえば、さっき『エルロンド』が『裂け谷』で『ヴィルヤ』使って、  リソースカード戻してたな・・・。  ヴィルヤの堕落チェックも  エルロンドの下に意志の低い従者を何人かつけて、きちんと回避していた。  うまい戦略です。 T.Sのオークたち:「ぎゃーす。また、やられたー。」 という感じで、みるみるオークたちはやられていく。 しかし、それなりに強力なオークだったので、(というかeVic氏の戦略が強すぎ) 何とか、キャラクターをタップさせて、リソースのプレイを遅らせる。 しかし、その分クリチャー殺戮ポイントをかせがれる。 T.Sは3つの目標の内の『王の帰還』だけプレイ。 また、『白の木の若木』がデッキの下の方に入っていた。 ちゃんと3枚入れているのに・・・。 最終的に、 T.S20ポイントくらい、 eVic氏18ポイントくらい (すみません忘れてしまいました。) でT.Sの勝利。優勝決定戦に進出。 第2戦 VS OKKO氏 OKKO氏のスタートキャラクター(あやふやな記憶を元に・・・)  ビヨルン+黒い矢X2  キアダン  ヨーレス T.Sのスタートキャラクター  アラゴルン二世  ビルボ  ボルジャー 最近『堕落デッキ』でさんざん黒い矢X2にいやがらせしたのに、 まだ黒い矢を使うか・・・。 と、思いつつ、今回はこちらは武力勝負なので、正々堂々と勝負。 オークデッキの真価がわかると言うもの。 両者とも早い段階でウィザードが登場。 T.S   アラタール OKKO氏 パルランド             ・・・でしたっけ? T.S予定道理海洋戦略をはじめる。 開始後二ターン目、ウロンドの洞窟に移動するとき、 アタック回避カードが手札に無かったが、 サイトパスが『海』、(サイトタイプは『廃墟』)だけだったので、 相手の手札に強力なクリチャーはないだろう・・・。とおもって、 冒険を結構する。 まあ、強力なクリチャーがあったとしても、『洞穴のドレイク』くらいだろう。 と思ってすすむ。 しかし・・・。 やってはいけない『だろう運転・・・』。

どどーん、 『エアルカラクセ狩り』

始まって、まだ2ターンしか経ってないのに・・・ なんで、そんなの持ってるの?

上級者相手の戦いで、ほんの少しの甘えも許されないことをあらためて 思い知らされました。

(っていうか、そんなことは知っていたのだけど・・・。 どうしてもやってしまう・・・。) T.Sの仲間たち:「ぎゃー」 開始早々パーティー全滅の危機であったが、 被害は最小限に食い止められる。 ボルジャー死亡。 他3人負傷。 ここで、甘えが許されないと悟ったT.Sは何とか復活するために 回避カードを手札にそろえ、泣く泣く手札の『王の帰還』を ディスカードする。 次のターン、OKKO氏なんと、バラド=ドゥアへとカンパニー移動。 オークデッキの最高の標的じゃ!!!! ドロー枚数6、ハザードリミット+2 であったのに、ろくなカードを引けず・・・。 しかも次のターンに奥底にもぐられる。 オーク最強の『ホブゴブリン』が使えなくなる。 (サイトパスに原野2つ必要。)なんと!!! しかし、数ターン後、 『オーク警備隊』(闇の砦でプレイ可能 5ストライク、武勇8) を軸にした、オークコンボ発動。 これによってOKKO氏のウィザード除去。 相手の戦略を大幅に狂わせる。 その後も何度もオークコンボを食らわせ、 残った『キアダン』、『ビヨルン』を苦しませる。 さらに、地上に出現して、集団を召集使用として、荒れ地をさまよう 『ファラミア』にも、オークの手が伸びる・・・。 T.Sのオーク:「兄のあとを追うが良い」 てなかんじで、『幾多の傷を負いながら』がとても強力。 『キアダン』、『ビヨルン』はさすがに強く、オークの屍をどんどん築かれ、 クリチャー殺戮ポイントを取られる。

いくらオークの屍を築こうが、 パルランドの死には値しないのか・・・。

パルランドの死による統率ポイントのマイナス・・・5ポイント しかし、強力なオークの前には『キアダン』、『ビヨルン』も苦戦、(タップする) 奥底であるのに、アイテムを簡単には取らせなかった。 T.Sのリソースプレイはあまり、効果的でなく、 何とか『白の木』プレイ 『ルシエンの選択』を最終ターンに『河』(サイトフェイズに何も出来なくなる。) を使用され、ターンエンドフェイズにプレイ。 (ちょっとインチキ臭いような気がするが、よいのでしょうか?) 大失敗で集団をプレイできず。 (OKKO氏のハザードの効果が効いていたから) あちらが最終ターンに取った『東夷』が2倍の点数、8MPになってしまう。 最終的に T.S   24点 OKKO氏 23点

T.Sの勝利 優勝!!!

・・・と、思いきや、後日気が付いたのですが、 T.Sは『白の木』をプレイするときに『白の木の若木』をディスカード するのを忘れていました。 よって、 ホントの点数は、 T.S   22点 OKKO氏 23点 で、OKKO氏の勝利でした。すみません。 1位 OKKOさん 2位 T.S 3位 eVicさん 反省 オーク警備隊は結構強い。 オーク戦闘団はまあまあ、 オーク襲撃隊は弱い。
リプレイ1 98年◎10月3日・◎11月3日・△11月14日・★11月22日・△12月13日・△12月23日・★12月27日
リプレイ2 99年△1月17日・★1月24日・★2月28日・★3月28日
リプレイ3 99年△4月11日・★4月25日・★6月27日・★7月25日
リプレイ4 99年★8月22日・△8月22日
リプレイ5 99年★9月26日
リプレイ6 99年★11月29日・★12月26日

リプレイ7 00年△1月30日・★2月27日・★3月25日
リプレイ8 00年★6月25日・★8月27日
リプレイ9 00年★10月22日
リプレイ1000年★12月23日指輪物語2000ファイナル

リプレイ1101年☆1月28日第一回 自主大会レポート
リプレイ1201年☆2月25日第二回 自主大会レポート
リプレイ1301年☆3月25日第三回 自主大会レポート
リプレイ1401年☆4月22日第四回 自主大会レポート
リプレイ1501年☆5月26日第五回 自主大会レポート

◎ルール講習会
★フェアリーウッズ大会
△有志テストプレイ
☆新宿イエローサブマリン自主大会

リドレスアイ・リプレイ099年2月21日
リドレスアイ・リプレイ199年10月11日
リドレスアイ・リプレイ299年12月26日
リドレスアイ・リプレイ300年5月28日

《戻る》