初心者用デッキ


初心者用のデッキのコンセプトとしては、コンボ系のカードが無いものが
一番に上げられます。
コンボがあると、戦略が深まりますが、その分、デッキの回し方が難しくなります。

コンボ依存の最たるものが「一つの指輪デッキ」や「アラゴルンデッキ」です
これらは、シナリオ道理進めねば成功せず、うまくデッキを回すには、それなりの
戦略と経験が必要で、上級者向けですが、うまくやれば、本当の小説の流れの様な
ゲーム展開が出来ます。
たとえば、
『「袋小路」で「フロド」を仲間にして、「ゴブリンの裏門」で「金の指輪」を発見して
「ロリエン」で「ガラドリエルの瓶」をもらい、「モリア」で「ゴクリ」にあって
「滅びの山へ」向かい「一つの指輪」を破壊』する・・・の様に・・・

また、間接的には、ナズグルを自分から永続イベントとして出すことによって、指輪所持者が、
闇の国に行ったときにナズグルに襲われない、(ナズグルはユニークカードなので、)
原作における、ガンダルフやアラゴルンがナズグルの目を外に引きつけてくれている。
などの渋い状況を作り出すことも出来ます。


以下の初心者用デッキの場合コンボが無いので、プレイの指針としては、
自分のターンの時の手札にある、ポイントのカードがプレイできるサイトに移動して、
リソースをプレイすることになります。
使用するサイトは裂け谷、ロリアン周辺のものです。
なるべく、レアカードを使わないことにして、適当に思いつくまま打ち込んで見ました。

このデッキは決して強いものではありません、初心者用に適当に作ったものです。
意図的にほとんど役に立たないカードも入れてあります、なぜなら、
このデッキを何度かプレイして、ゲームのプレイスタイルをつかみ、
どういったカードが効果的で、どういったカードが使いにくいカードなのかを、
学習できる様にと、意図しているからです。


スタートキャラクター

グローフィンデル武人
ギムリ   武人交渉者
アンボルン 斥候
アリンミール斥候賢者

マイナーアイテム

エルフのマント
エルフの石


デッキ内キャラクター

ケレボルン
ビオルン
ダムロド
アリンミール

ウィザード
ガンダルフ
パルランド


リソースカード        ポイント

潜む          X3 
いがみ合う闇の軍勢   X3 
旅の仲間        X3  
オルクリスト      X1 4
イシルドゥアの巻物   X1 4
ナルシル        X1 3
多彩のトルク      X1 2
魔法使いの指輪     X1 2
せっかち        X1 2
ゴクリ         X1 2
くろがね連山のドワーフ X1 4
森エルフ        X1 3
白の木の若木      X1 1(2)
徹底探索        X1
捕虜救出        X1 2
伝承の夢        X1 2
幸運な一撃       X2
捨て身の一撃      X2
竜のいぬ間に      X2
召集          X1
橋           X1

以上30枚

ハザードカード

洞穴のドレイク      X3
襲撃者          X3
ユニークドラゴンのいずれかX2
竜の荒らし場       X2
オーク襲撃隊       X3
オーク戦闘団       X3
自然の誘い        X3
感覚の誘い        X3
心の絶望         X3
心のつかれ        X3

黄昏           X2

以上30枚

使用するサイト

裂け谷
ロリアン

はなれ山      (「竜のいぬ間に」を使って自動アタックを回避し、
ウーロンドの洞窟    グレーターアイテムをプレイする)
モリア
踊る峰
死者の沼地

くろがね連山のドワーフ砦
スランドゥイルの館
ゴブリンの裏門
水湧きいずる広間

など



《戻る》