エルフ環境強化ver3/エージェントロードブロックハザードデッキ


世界大会へ向けての「エルフデッキ」バージョン3です。
2001年7月に大会で使おうと思っていたデッキです。
(実際には、デッキを組み直すのを忘れて、「Cock Crows」の代わりに
「Hundreds of Butterflies」が入っていました。)

前回の大会で「夜の扉」でリソースが吹っ飛ばされてウィザードが負傷したのが
大きな敗因であったので、「黄昏」「朝の門」「雄鶏が時を告げる」
の3種類のカードを「夜の扉」対策で入れました。これはロードブロックなど「夜の扉」を
基本とするハザードの対策にもなります。

リソースの指針

とにかく、「朝の門」とリソース長期イベントをキープします。

ハザードの指針

「野伏エージェント」と「成算なき追跡」を用いたエージェントロードブロックです。 相手がワンリングデッキの気配があれば「内なる賢さ」を用いて「いとしいしと」を デッキから引っぱり出しプレイします。 期を見て、(いつでも良い)「いとしいしと」を公開すれば、 相手は「ゴクリ」をプレイできません。 「滅びの山」でアタックするのは最後の手段です。 エージェントのホームサイトが辺境の砦もしくは自由の砦であれば、 タップすることによりエルフクリチャーでカンパニーをアタックできます。 (ディテインメント) 「予期せぬ見張り」「ウーヴァタ」「サウロンの口」 でリサイクルする対象は、「精算なき追跡」「河」「アドゥナフェル」「黄昏」 を標的にします。

スタートキャラクター

スタートカンパニーは スランドゥイル レゴラス エルラダン(エルロヒア)(ギルドール) フォルロング の4人です。 野伏・賢者技能を持つスランドゥイルが最重要キャラクターです。 7月29日変更 一番左のキャラクターが公開順  対戦相手とだぶった場合は右に動く。 レゴラス6−2交渉者の代理が見つかったので、 フォルロング(意志が1で適度な武勇を持つドゥナダン) が2番目に重要なキャラクターとなるように変更。 9スランドゥイル→グローフィンデル→キアダン→ケレボルン 1フォルロング→(2ベレゴンド) 6レゴラス→6イムラヒル→(5ガルドール)→6ケレボルン 4エルラダン→エルロヒア→ギルドール デッキ内キャラクター ケレボルン2 エルロヒア1 グローフィンデル3

リソース 30枚

res06

ハザード 30枚(黄昏3枚を含む)

haz06

ウィザード

ウィザードはこのデッキで一番弱いキャラクターとなる可能性が強いので、 おとなしく聖域に留守番です。 1.エゼルロンドで登場しサイドボードを毎ターン操作する。 2.キャラクターをコントロールしてキャラクター3MPを得る。 3.ドルアムロスに行き、「ウィンギルドのネンセルデ」をプレイする。 のが仕事です。 ドルアムロスに出向くときは、「晴れた空」がある時だけにします。
カード名    枚数 レアリティ
ガンダルフ TW X2 F2
アラタール TW X1 F2

サイドボード

side06 まだ改善の余地あり・・・。

サイトカード

移動計画 裂け谷 グンダバド山(グレーターアイテム) ウールンドの洞窟(グレーターアイテム) 怒り岩山(グレーターアイテム) ロリエンでアイテム収納旅の仲間プレイ 以下、手札に来た集団の順に スランドゥイルの館 東夷の野営地 シレル・カイン くろがね連山のドワーフ砦 ゲーム開始時に財宝でないアイテムが2枚以上手札にあれば 最初の移動は「カルン・ドゥム」でも良い。 「カルン・ドゥム」から財宝グレーターアイテムのあるヒースの枯れ野までは 1回で届かないので、財宝アイテムが手札にあったのならば「グンダバド山」を 用いる。
《戻る》