"Dwarven Ring/Lures Speed deck"
「ドワーフの指輪/誘い堕落デッキ」

デッキデザイン:スティーブ.B

テーマ

このデッキのテーマはは十分なポイントを指輪を使って獲得し、 自由の民会議で勝利することで、また、デッキ枯渇のために、 ハザードカードを可能な限り速く回すことである。 堕落カード(ほとんどいつでも使用可能)を用いることで、 あなたは、いつでもカードをドローすることができる。 それにより、あなたの必要とする新たなリソースを手に入れることが できるだろう。 ハザードは対戦相手を遅くすることができる。

リソースカード

全25枚 1美しい金の指輪 3いとしい金の指輪 2魔法使いのテスト 2指輪学(指輪学はドワーフの指輪を手に入れるための最も有効なもの。) 2徹底探索(アイテムを早めに発見することが早く勝利するための決め手。) 2遠目(勝つためのアイテムをデッキから引き抜く。) 3秘密の道(指輪を手に入れるときに自分を守る。ただし、下のカードも見よ。) 1大いなる道(秘密の道を使用後使う。そして次のカードも見よ。) 1橋(大いなる道の使用後に使う。すると1ターンで、指輪をプレイするために、    廃墟に行き、その後、徹底探索でアイテムを余分に取り、聖域に戻って、    その後さらに指輪学を使うために、情報サイトに行くことができる。) 1青の山脈のドワーフ(集団) 1ゴールドベリ(同盟者) 1多彩のトルク 1ドゥーリンの戦斧(オルクリストグラムドリングでも可) 1ドルーイン族のドワーフの指輪(安全な場所でメジャーアイテムをプレイ    早めにこれがプレイに出せれば、多彩のトルクや、剣を簡単に手に入れる    ことができる。ただし、堕落チェックには注意せよ。) 1ドワーリン族のドワーフの指輪(同上) 2自然の魔法の指輪(所持者が野伏ならば、アタックを回避できる。)

サイトカード

ロリエン 裂け谷 イセンガルド(金の指輪、メジャーアイテム) 盗賊の隠れ家(金の指輪) ゴブリンの裏門(金の指輪) あやめの(金の指輪) モリア(金の指輪、最後の選択肢) 踊る峰(金の指輪、最後の選択肢) おぼろ谷(指輪学) 風見が丘(指輪学) ロスゴベル(カードをドローするために使用。) 水湧きいずる広間(同上) 青の山脈のドワーフ砦(集団) 古森(ゴールドベリ) 通常、まず最初に「ロリエン」に移動。その後、「盗賊の隠れ家」など のサイトに移動する。 いくつかの金の指輪を手に入れたら、「魔法使いのテスト」 を使うためにロリエンに戻る。 その後、終わりに近づいたときに、「指輪学」を「おぼろ谷」で ガンダルフが使用し、ドワーフの指輪を手に入れる。 (ドワーフの指輪は堕落ポイントが大きいので、なるべくあとに プレイする。) 「水湧きいずる広間」、「ロスゴベル」はカードをドローするために 移動するサイトとして使用する。 指輪を所持したキャラクターを比較的安全である聖域に 残しておいても良い。

キャラクター

スタートキャラクター ビルボ(もしくは別のホビット) エルロヒア ギムリ 小穴屋のこまどり ボンブール(簡単に従者になれる) スタート時マイナーアイテム エルフのマント(ビルボ、ただし、「多彩のトルク」を         手に入れたら、他のキャラクターに渡す。) 西方国の短剣(強い戦士に持たせる。) デッキ内キャラクター バーリン エルケンブランド オロフィン(従者になる) ビフール ギルドール・イングロリオン(オークに対して最良)

ウィザード

ガンダルフX2(指輪のテストの能力) もしくはラダガスト(カードドローの能力)

ハザードカード

 合計25枚 ハザードは第一に対戦相手が堕落に煩わされるようにし向ける。 私は対戦相手を4ターン以上も同じサイトにとどまらせたこともある。 また、対戦相手はクリチャーの撃退によるポイントが得られないという 点も特筆すべきことである。 ただし、誘い災厄はホビットデッキにはあまり効果的ではない。 それ故、彼らを殺すためには「沸き立つ下僕たち」を用いるか、 少しでも彼らを遅らせるように、するしかない。 3自然の誘い 3創造の誘い 3感覚の誘い 3利便主義の誘い 3心のつかれ 3我が家の呼び声 3心の絶望 1部隊解散 デッキ制作 1996年 2月3日
《戻る》