アンデットデッキ



ハザードクリチャーをアンデットのみに固め、「悪霊の襲来」、「月が死ぬとき」の効果を
最大限に生かしたアタック重視デッキです。
「悪霊の襲来」と「月が死ぬとき」と「夜の扉」が同時に出ていると、
「グール」5ストライク武勇7が11ストライク武勇9に、
「塚人」1ストライク武勇12が3ストライク武勇14になります。
さらに「冷気を浴びせるもの」がつけば「塚人」は4ストライク武勇15。

アンデットは「影なす国」、「影の砦」以上暗い場所でしか出現できませんが、
それを「夜の扉」+「モルグルの夜」、「包み込む影」で作り出すことによって、プレイ頻度を
高めています。これに、「サウロンの意志」などがつけば、原野がすべて影なす国になるので、
相手の「ドラゴン戦略」「洞穴のドレイク」をうち消す効果も期待できます。
(そんなにうまくはいかないでしょうが。)
アンデットのアタックが、他のクリチャーのアタックより優れているのは、堕落チェックなどの
おまけが付くことです。
各種堕落カード、「青白き夢の紡ぎ手」「冷気を浴びせるもの」「広がる影」
「暗闇の中につなぎ止める」「アングマール立つ」「腐敗がまき散らすもの」
「野生のおぞましき獣」「サウロンの意志」「モルグルの夜」「ナズグル」
「予期せぬ見張り」(夜の扉、黄昏をリサイクルする。)
「塚人の呪文」
などを入れることによって、さらに修正が可能です。
このデッキの弱点は、「星のガラス瓶」と各種アタック回避カードです。

クリチャー

4X3=12体12枚

塚人     X3    
幽霊     X3
グール    X3
うごめく骸  X3

イベント18枚黄昏+3

夜の扉    X3  キーカード、これを保持する必要がある。
危機の再来  X2  夜の扉と同じ効果をもたらす長期イベント
モルグルの夜 X2  強力カード、すべての原野は影なす国になる。(要「夜の扉」)
包み込む影  X2  原野一つを影なす国にする。(要「夜の扉」)
眠らぬ悪意  X3  廃墟/住処サイトでアンデットプレイ可能(要「夜の扉」)
月が死ぬとき X3  アンデット強化カード
悪霊の襲来  X2  アンデット強化カード
サウロンの意志X1  長期イベントを永続化する(要「夜の扉」

黄昏     X3  「夜の扉」を死守する!!!

計30枚+黄昏3枚

《戻る》