OKKOによる「使える」カードの考察

(H12.12.29作成)

(有名カード編 TWからDMまで)

勝手に「これは強い」もしくは「強いはず・・・」と思えるカードを ピックアップして評価してみた。ちなみに、「強い」というのは、「効果の 強力さ(アタックの武勇等)」と「汎用性(キーの多いクリーチャー や、技能不要のリソース等)」を勘案した総合的強さを意味している。 ベストテン形式にするつもりだったのだが、あれもこれもと増えて しまい、ただの順不同の感想集になってしまった・・・(実はデッキレシピ の中の各カード解説を簡略化する目的だったりして)。 デッキ構築の参考になれば幸いです。 ちなみに、TWはザ・ウィザード、TDはザ・ドラゴンズ、DMはダーク・ ミニオンズ、LEはリドレスアイ、ASはアゲインスト・シャドウ、WHは ホワイト・ハンド、BAはバルログの各エキスパンションを指す。 1)賢者たちは不思議を語り(TD)(略して「語り」byOKKO) MTG(マジックザギャザリング)でいうディスエンチャント。必須。 災厄永続イベントには致命的なものも多く、またそうでなくとも 全く使う機会が無くて無駄カードになることはまずない。 手札に余るなら、期を見て相手の「ウーヴァタ」でも壊していれば良い。 実はドラゴン狩(長期イベント)にも効く。 2)黄昏(TW、LE) 実はかなり偏ったカード。道路封鎖戦略を破ったり、維持したりには必須だが、 それと関係のない場合は無用の長物。初手に2枚あったりすると余って困る。 基本的に3枚デフォ(メインデッキに最初から投入する事。デフォルト。) の必要は無いと思う。道路封鎖関係なら、急いで「予期せぬ見張り」でサイド から入れる(道路封鎖なら夜の扉が出てるはずなので、「予期せぬ見張り」は 使い易い筈)。 時に、相手が「夜の扉」をキーに使ったアタックをしてくるなら、「夜の扉」 を壊してアタックをキャンセルする(逆に自分の戦術を守ることもある)。 3)煙の輪(DM) リソースとキャラをサイドもしくはディスカードパイルからデッキに投入する 貴重なカード。ウィザードが無事に出てるならウィザードタップで良いが、 そうでない場合はこれしかサイド(のリソース類)にアクセスできない。 使う時を選ばないので、煙の輪同士を廻すだけで、手札はまわせる(デッキ は増えるが)。ちなみに、「黄昏」「トゥックの血」は厳密には災厄に分類 されるので、「煙の輪」では持ってこれないから注意。 4)予期せぬ見張り(DM) 災厄をサイドもしくはディスカードパイルからデッキに投入する。 必須とまでは言わないが、かなり使いやすいカード。「夜の扉」が出ていれば 2枚戻せるので、戻す片方を「予期せぬ見張り」にすれば使いべりしない。 これも使うタイミング多く、手札調整にも使えるし、余った災厄リミットを 上手に消費出来る。「何もすることがないので予期せぬ見張りで予期せぬ見張り を戻します・・・以上災厄終わりです(涙)。」ということもしばしば。 5)サウロンの口(TW)<レア> 有名なので省略。ちなみに私は初手にあっても困るのでサイドに入れている。 捨ててから「予期せぬ見張り」でデッキに戻してもいいんだが・・・。 後半、相手の最大の弱点を見抜いて、かつディスカードパイルに相応しい ハザードが何種類も落ちているときに使うと最大の効果を発揮する。 デッキ構築時のクリーチャー枠の調整役でもある。 6)騎乗者ウーヴァタ(TW)<レア>第9ナズグル 有名なので省略。とりあえず入れとけなカード。「サウロンの口」に 比べると、手札を圧迫しないところが良い。 7)ダエロミンは巣に(TD)<レア> ディスカードで災厄リミットを2増やす災厄リミットの貯金箱。 カムールコンボを筆頭とする災厄コンボのお供。 再利用できる「POWER BUILT BY WAITING」 (AS)とどちらが良いかというと微妙だが、でっかいコンボを狙う ならこちらの方が良いだろう。 8)洞穴のドレイク(TW、LE) 超優秀中堅クリーチャー。出しやすく結構強い上に、相手を選べる。 実はドラゴンなので、ドラゴンを使ったコンボにも使える。 9)河(TW、LE) 野伏をタップしない限り、そのターンのサイトフェイズに何も出来なくなる という強力なハザード。「河」対策の為だけに野伏を入れるといっても過言 ではない。「アドゥナフェル」や堕落カード(はずす為にタップするから) で、野伏を寝かせてから使うとより強力。短期イベントなので回避は不能。 10)アドゥナフェル(TW)<レア>第7ナズグル 任意のキャラクターをタップさせる効果は実はかなり強力。「死者の道」を 使って「死者の軍勢」をプレイしにエレヒ谷に向かうアラゴルンが強制的に タップさせられたら・・・ね(逆に「死者の道」を使われたらアタックが しづらいので、これぐらいしか対策が無い)。 11)東夷のカムール(TW)<レア>第2ナズグル 場にあるナズグルの数だけ手札を捨てさせるイベント。ウーヴァタ等で いっぺんに手札を破壊するコンボは決まると凶悪。特にコンボデッキの天敵。 「あっ、ゴクリの最期が流された・・・・。リカバリーする時間は・・・ もう投了です・・・(涙)。」てな感じ。 12)殺戮者(TW、LE) 強力クリーチャー。「暗殺者」より強さは落ちるが、汎用性はやや上がる。 人間では無いため回避される確率は暗殺者より低い(「いがみ合う闇の軍勢」 (TW)で回避できないから)。 13)潜む(TW) 有名なので省略。 14)いとしいしと(DM)<レア> ゴクリのエージェントの相。ホームサイトが4個所もあってあちこちに出没し、 しかも殺してしまうと相手にー1MPのペナルティというとんでもないカード。 一つの指輪対策にもなり、相手のゴクリのプレイも防げて(ユニークだから)、 とにかく使って損することはないカード(絶対カードデザイン壊れてる・・・)。 15)黒い矢(プロモーショナルカード) めちゃくちゃ強いマイナーアイテム。ビヨルンくらいしか有効に使えるキャラが いないのが難点(人間しか上手く使えない)。もしビヨルンが2枚使えば、武勇8 のアタック(1ストライク)はアンタップのまま対決しても自動的に効果なし になる。アタック全体の武勇を下げ、かつ重複して使えるのが良い。 また、アタックの身体を下げるのは、ナズグルやドラゴン等を殺すのには最適。 16)魔法使が現れる(TD) 最高の対堕落カード。ターンエンドとかに全ての堕落カードを相手の手札に 戻させて、手札を余らせて捨ててもらう。 堕落は1枚づつしか張れないので、十分時を稼ぐ。 サルマンのスペル回収能力で毎回回収して使えば相手の堕落戦術は崩壊する。 17)いがみ合う闇の軍勢(TW) 持ってれば多分いつか使う。モリア等のオーク自動アタック回避に使うのが普通。 「暗殺者」回避にも少し役立つ。 18)友だちのひとり、いや3人(TW) (集団呼集等の)影響力チェックもしくは堕落チェックにボーナス。カンパニー の人数に左右されるが、使用に技能条件不要で汎用性高く、十分強い。 19)不浄のレン(TW)<レア>第8ナズグル 全員堕落チェックの諸刃のいやらしいハザード。堕落チェックの貯金箱。 「では「諸事の調和」と「裏切者」張って、レンをタップします・・・ 堕落チェック全員失敗ですね? さあ、一からやり直しましょう! お互いに・・・(涙)。」といった具合。 20)オルクリスト(TW)・竜殺しの剣(TD)<レア>・    ミスリルの胴着(TW)<レア> 4MP2CP(堕落ポイント)の高効率グレーターアイテムたち。 やたら相手と重なるが文句なく強いから仕方ない。 21)海ゆく人のエメラルド(TD)<レア> 文句なく強いのだが、3MPしかない、しかも財宝グレーターをどう評価 するか・・・。統率ポイントや、プレイ可能なサイトを重視するなら、 オルクリスト等を優先する場合もある。 22)グラムドリング 効果とMPと堕落ポイントのバランスの良いメジャーアイテム。よく重なる。 23)自然の誘い(TW、LE) 有名なので省略。堕落チェックの回数多いのが強み。ホビットやドワーフに効かない のが弱点だがそれでも強い。「ALONE AND UNADVISED(AS) (移動した地域数だけチェックさせる強力堕落ハザード)」とどっこいどっこいか。 24)感覚の誘い(TW、LE) どんなキャラでも対象にできて、はずれにくいのは強いが、堕落チェックさせる 回数は少ない。これを張った上に、次のターンで「自然の誘い」なんかがいい感じ。 25)気高き猟犬(DM) 有名なので省略。使用頻度高い。ホビット等の重要キャラの盾になってくれる。 タップ状態の辺境の砦でも出せるので、特に入れたい同盟者が無い場合、普通は 犬を入れておく。 26)脱出(TW) 技能不要の万能回避カード。キャラクターの負傷と引き換えなので、 デッキを選ぶが。お守りに一枚といったカード。 27)星のガラス瓶(TW) アンデッド回避用マイナーアイテム。死者の沼地、トルファラス等役立つ サイトは結構ある。堕落デッキのある程度の対策にはなるが、 アンデッド強化デッキのアタックを全部回避するにはちょっと力不足か。 「何度も道を折れ(TD)」もアンデッド回避の短期イベント(キャラクターの タップ不要)で優れているが、使いべりしないガラス瓶とどちらを採るか・・・。 28)多彩のトルク(TW) ホビット等に持たせると最適なアイテム。何でも回避出来るのは良い。 使い減りしない「潜む」。 29)ビルボ(TW)<レア> ちょっと意志が高くて、武勇も低いが、補ってあまりある能力を持つ。 賢者技能と堕落への最高の耐性をあわせ持つ最高レベルのキャラクター。 これぞレアキャラクターって感じ。 30)サム・ギャムジー(TW) ホビット中唯一の野伏。ビルボ、フロドに次ぐ対堕落耐性を持ち、 それらより意志が低い点も従者として使いやすい。 31)でぶちゃんボルジャー(プロモーショナルカード) 指輪攻略ガイドブックの付録。単体ではそれほどではないが、タップにより 他のホビットへのストライクをキャンセルできる能力は強い。 32)暗殺者(TW)<レア> 強力クリーチャー。但しプレイ頻度はそれほど高くない。ただ普通集団を 最低1つは取りに自由か辺境の砦に行くので、必ず使うチャンスはあるが。 手札で腐らせるより、ウーヴァタ等でここぞという時に拾って使うのが吉。 LE時代に入ると、「READY TO HIS WILL(LE) (敵クリーチャーを同盟者として寝返らせてしまう強力なリソース)」の 格好の餌食なので注意。 33)サウロンの意志(TW)<レア> 全長期災厄イベントを永続イベントに変える凶悪カード。ただ、「夜の扉」 を必要とする上、「黄昏」(で「夜の扉」を壊すと壊れる)、もしくは 「語り」ですぐ壊される。 34)エアルカラクセは狩に(TD) 基本的に海の辺りをうろうろして相手の災厄戦略の思惑をはずす、通称 「海戦略」を取る相手に対するサイドの対策カード。これ一枚でかなり強力な アタックなので、かなり効く。対海のベスト対策カードと思う。 35)名前も持たぬ者(DM) 奥底や隣接する地表サイトで出現するので、ヒーローよりもむしろ奥底に近い ミニオンカンパニーに対してよく効く。3アタック各2ストライクで武勇も 身体もまあまあいけるクリーチャー。対奥底のサイドにぴったり。 「夜の扉」があれば海でもプレイできる点も便利。 36)密やかさ(TW) カンパニーの大きさに制限があるものの、事前にタップしても良いたくさんの キャラを入れたホビットデッキには最適。相手のアタックに対して「潜む」のと、 敵がアタックしてくるかどうか不明ながらも事前に「密やかさ」で防いでおくの と、どっちが効率がいいのか議論はあろう。ただし余り過信すると「探し出す眼 (TD、LE)」でキャンセルされて痛い目にあう。 37)善意のしるし(DM)<レア> アイテム以外のリソースまでサーチできる唯一のカード。コンボをやるなら 使うしかない? もっと評価されていいはずと個人的には思う、一押しのカード。 38)木の葉のブローチ(DM) 「”夜明けの死”インデュア」「恐ろしい長虫」等アイテムディスカード対策に なる。実は指輪テスト後に捨てるべき金の指輪の代わりに捨てることもできる。 ロリエンでプレイ出来るのも効率的。 39)襲撃者(TW、LE) 「暗殺者」「殺戮者」とカバーする地域が重なるのと、「いがみ合う闇の軍勢」 で回避されるために余り使われないが、実は「洞穴のドレイク」と同等の能力を 持つ優秀なクリーチャー。もう少し評価されてもいい気がする・・・。 40)夜の扉(TW、LE) 敢えて解説するカードではないのだろうが・・・。災厄戦略で必要なら使うし、 必要ないなら使わない。あれば「予期せぬ見張り」が2枚カードを戻せるよう になるので、全く不要とは言えないが、相手を利する可能性もあるので諸刃の剣。 ちなみに、私は余り好まない(デッキスペースが惜しいのと、ハザードコンボ はよほど強力なコンボでないと不発に終わったとき悲惨)。 41)自由領で迷う(TW、LE) 問答無用で何もできなくなるのは「河」よりも強いが使用頻度はイマイチ。 ただし使えればほぼ回避不能。 42)石碑(TW、LE) なぜかサイト。南方でグレーターアイテムがプレイできる貴重な廃墟。 自動アタックもそんなに強くない、良いサイト。 「いがみ合う闇の軍勢」でオーク自動アタックを回避できるモリアや、 「星のガラス瓶」でアンデッド自動アタックを回避できる死者の沼地と 比べて、一長一短ではあるが・・・。 「町を再建せよ(DM)」で辺境の砦に変え、「花火(DM)」でサイトを アンタップさせるコンボで何度も使いまわすと吉。 43)死人の蝋燭(TW、LE) ほとんどどこでもプレイできるアンデッドで、回避されなければまず最初に カンパニー全員に堕落チェックを強制する。武勇は弱いので、殺戮ポイント を与えることは覚悟せねばならないが、どちらかといえば「堕落チェックを 強制する短期イベント」のつもりで割り切って使いたい。 44)月が死ぬ時(DM) アンデッド強化永続イベント。「悪霊の来襲」(長期イベント)と同時に 使うと、倍倍ゲームでめちゃくちゃな強化になる。要注意ハザード。 45)バイナラクスは狩に(TD)<レア> 出現範囲の広いドラゴンの相。但し武勇はそれほどでもない。 46)ドルイニオンの兵(TW) 3MPの高MPの集団の癖に、影響力チェックが異常に甘い良いカード。 47)東夷の野営地(TW) 何故かサイト。自分のドロー枚数4枚の、最高にドローできるサイト。 集団「東夷」も4MPで強い集団なので、危険でも行く価値は十分ある。 48)南方人(TW)<レア> 5MPの最高クラスのMPを持つ集団。「ホビット(1MPの集団)」の 5枚分のデッキスペースの節約と、5ターンの節約になると考えると、 異常なくらい強い集団。危険を冒しても取りに行く価値は十分ある。 コンボでしか出せない「死者の軍勢(6MP)」と比べても、絶対に上。 49)白の木(TW)<レア> 5MPの永続イベント。2MPのメジャーアイテム「白の木の若木」を 犠牲にするので、見た目ほどポイントは高くないが、一つの種類のMP が突出しすぎると切り捨てられるリスクを考えると永続イベントという のが強い。なぜなら、出されるとまず破壊できない(サイトを攻撃する 手段は少ない)し、アイテムのように堕落ポイントも無いし、集団のように 「部隊解散」させられない点も強い。しかし、「王の帰還」のように キャラクターにつく永続イベントはキャラクターと共に失われるので 若干劣る(それでもノーリスクで3MPの「王の帰還」は素晴らしいが)。 50)風早彦が見つけてくれた(DM) 3MPの永続イベント。「白の木」と同様永続イベントならではのメリット があるし、ウィザードをサーチして出せるという効果が実はかなり便利 (ウィザードを早く出せないとかなり不利になる)。但し、収納を行うので 一応壊される危険もあるが。「現身の犠牲(TW)<レア>」を使った為に、 一旦場を離れたウィザードを次のターンすぐに呼び戻すことが出来る。 きりが無いので、とりあえず以上。 思いついたら追加します。

戻る
OKKO
ご意見ご感想を掲示板に書き込みしていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。