デッキ紹介5


H11.8.27大会 

バルログドワーフ砦侵略デッキ

2戦全勝優勝Tシャツゲット <リソース31枚> ORCS OF MORIA(LE)(集団3MP。聖域モリアで出せる良い集団) ORCS OF GUNDABAD(LE)(集団3MP。聖域から近く高MP) SNAGA-HAI(LE)(集団1MP。タップした影の砦でも出せ、汎用性高い) STINKER(LE)(同盟者2MP。聖域モリアで出せる良い同盟者) GREAT BATS(AS)(同盟者1MP。タップした廃墟でも出せ、汎用性高い) NASTY SLIMY THING(BA)(同盟者1MP。聖域以外の奥底全てで出せる) ANCIENT BLACK AXE(AS)(スペシャル4MP。底の原で出す。超強力) HIGH HELM(LE)(メジャー2MP。程よい強さ) BLASTING FIRE(WH)(スペシャル1MP。タップした影の砦でも出せ、効果は強力) LIQUID FIRE(WH)(スペシャル1MP。タップした影の砦でも出せ、効果は強力) IRON SHIELD OF OLD(AS)(スペシャル2MP。堕落ポイントが高いが強力) RECORDS UNREAD(AS)(マイナー。底の原をディスカードから防ぐ) SNEAK'N(LE)(回避カード。いわゆる「密やかさ」) SNEAK'N(LE)(回避カード。いわゆる「密やかさ」) A NICE PLACE TO HIDE(LE)(回避カード。いわゆる「潜む」) A NICE PLACE TO HIDE(LE)(回避カード。いわゆる「潜む」) CREPT ALONG CLEVERLY(WH)(回避カード。弱点のアンデッドとドレイクを回避) CREPT ALONG CLEVERLY(WH)(回避カード。弱点のアンデッドとドレイクを回避) ORC QUARRELS(LE)(回避カード。いわゆる「いがみ合う闇の軍勢」) GREAT FISSURE(BA)(回避カード。奥底では全てを無条件に回避。最強) GREAT FISSURE(BA)(回避カード。奥底では全てを無条件に回避。最強) GREAT FISSURE(BA)(回避カード。奥底では全てを無条件に回避。最強) WEIGH ALL THINGS TO A NICETY(LE)(いわゆる「煙の輪」) WEIGH ALL THINGS TO A NICETY(LE)(いわゆる「煙の輪」) ANCIENT SECRETS(BA)(「煙の輪」と「賢者達は不思議を語り」の兼用カード) CAVERNS UNCHOKED(BA)(交通の要衝の底の原をディスカードさせなくする) GREAT SHADOW(BA)(バルログ斥候変形。コンボリソースをデッキに入れるエンジン) FLAME OF UDUN(BA)(バルログ変形、武勇強化カード) DARK TRYST(AS)(とにかくバルログをドローする!) DARK TRYST(AS)(とにかくバルログをドローする!) DARK TRYST(AS)(とにかくバルログをドローする!) <対ヒーロー用ハザード31枚>(前回6.25とほぼ同じハザードなので、前回参照) CAVE WORM(洞穴の長虫)(TD,LE) STIRRING BONES(うごめく骸)(DM,LE) MARSH-DRAKE(沼のドレイク)(TD,LE) SLAYER(殺戮者)(TW,LE) CAVE-DRAKE(洞穴のドレイク)(TW,LE) CAVE-DRAKE(洞穴のドレイク)(TW,LE) CAVE-DRAKE(洞穴のドレイク)(TW,LE) ABDUCTOR(誘拐者)(TW) ASSASSIN(暗殺者)(TW) WERE-WORM(恐ろしい長虫)(TD) DAELOMIN AT HOME(ダエロミンは巣に)(TD) ADUNAPHEL(アドゥナフェル)(TW) UVATHA THE HORSEMAN("騎乗者”ウーヴァタ)(TW) MY PRECIOUS(いとしいしと)(DM) ANARIN(アナリン)(DM) RIVER(河)(TW,LE) RIVER(河)(TW,LE) RIVER(河)(TW,LE) LURE OF NATURE(自然の誘い)(TW,LE) LURE OF NATURE(自然の誘い)(TW,LE) LURE OF THE SENSES(感覚の誘い)(TW,LE) LURE OF THE SENSES(感覚の誘い)(TW,LE) ALONE AND UNADVISED(AS) ALONE AND UNADVISED(AS) SUMMONS FROM LONG SLEEP(AS) POWER BUILT BY WAITING(AS) STORMCROW(疫病神)(TD)(こちらに悪影響はないうえ、効果は強力) AN UNEXPECTED OUTPOST(予期せぬ見張り)(DM) AN UNEXPECTED OUTPOST(予期せぬ見張り)(DM) TWILIGHT(黄昏)(TW,LE) TWILIGHT(黄昏)(TW,LE) <スターティングカンパニー> GANGWAYS OVER THE FIRE(マイナー。奥底を続けて移動可能になる) GORBAG(LE)(武人・斥候 オークリーダー) BLAZON OF THE EYE(LE)(マイナー。いわゆる「アノールの角笛」) UFTHAK(LE)(武人・斥候・野伏 オーク) GRISHNAKH(LE)(武人・斥候 オーク) LUGDUSH(WH)(武人・斥候 オーク) <デッキ内キャラクター> THE BALROG THE BALROG THE BALROG SHAGRAT(LE)(武人・野伏 オークリーダー。GORBAGの予備) <サイドボード30枚> ROOTS OF THE EARTH(BA)(永続リソース1+2MP。侵略の第一段階) BREACH THE HOLD(BA)(永続リソース2MP。侵略の第二段階) INVADE THEIR DOMAIN(BA)(永続リソース3MP。侵略の第三段階) LORD AND USURPER(BA)(永続リソース5MP。侵略の最終段階) MAKER'S MAP(BA)(永続リソース2MP。情報サイトで野伏にプレイ。獲りやすい) DARKNESS WIELDED(BA)(GREAT SHADOW時の強力回避カード) I'LL BE AT YOUR HEELS(LE)(リーダーにつける、割と強い堕落対策カード) ANCIENT SECRETS(BA)(「煙の輪」と「賢者達は不思議を語り」の兼用カード) ANCIENT SECRETS(BA)(「煙の輪」と「賢者達は不思議を語り」の兼用カード) ANGBAND REVISITED(BA)(バルログをアンタップさせる) ANGBAND REVISITED(BA)(バルログをアンタップさせる) CAVERNS UNCHOKED(BA)(交通の要衝の底の原をディスカードさせなくする) OUT HE SPRANG(BA)(バルログが地域移動可能になるカード) WAR-WOLF(LE)(同盟者1MP。タップした影の砦でも出せ、汎用性高い) SUDDEN CALL(LE)(ゲームを終わらせるのに必要) ORC TRACKER(LE)(武人・野伏 オーク予備キャラクター) ILL-FAVOURED FELLOW(WH)(武人・野伏 ハーフオーク予備キャラクター) SLY SOUTHERNER(WH)(武人・斥候 ハーフオーク予備キャラクター) SLY SOUTHERNER(WH)(武人・斥候 ハーフオーク予備キャラクター) EARCARAXE AHUNT(エアルカラクセは狩へ)(TD)(対海) SMAUG AHUNT(スマウグは狩へ)(TD) MOUTH OF SAURON(サウロンの口)(TW) MUSTER DISPERSES(部隊解散)(TW,LE) AN UNEXPECTED OUTPOST(予期せぬ見張り)(DM) DOORS OF NIGHT(夜の扉)(TW,LE) NAMELESS THING(名前も持たぬ者)(DM)(対奥底、対海) MARSH-DRAKE(沼のドレイク)(TD,LE) KNIGHTS OF THE PRINCE(AS)(回避できなければ全員タップさせる強力効果) ROLLED DOWN TO THE SEA(WH)(対指輪) SUMMONS FROM LONG SLEEP(AS) <対フォールンウィザード用追加サイドボード10枚> INNER ROT(WH) LONGING FOR THE WEST(WH) LURE OF NATURE(自然の誘い)(TW,LE) ALONE AND UNADVISED(AS) LURE OF POWER(力の誘い)(TW) NEWS OF DOOM(LE) CRUEL CLAW PERCEIVED(WH) HEART GROWN COLD(WH) NATURE'S REVENGE(WH) ECHOES OF THE SONG(WH) <サイト:( )は地表サイト> THE UNDER-GATES(BA)(底の門)(聖域) (MORIA)(BA)(モリア)(聖域)(集団と同盟者をプレイ出来る) THE UNDER-LEAS(底の原)(BA)(交通の要衝かつリソースもプレイする重要サイト) (MOUNT GUNDABAD)(グンダバド山)(主に集団をプレイ) THE UNDER-VAULTS(底の蔵)(BA)(経由地) (MOUNT GRAM)(グラム山)(自動アタックのない良いサイト) THE DROWNING-DEEPS(BA)(侵略の手始めの重要サイト) (BLUE MOUNTAIN DOWARF-HOLD)(青の山脈のドワーフ砦)(侵略の最終目標) THE UNDER-GROTTOS(底の洞)(BA)(リソースプレイ用予備サイト) (GOBLIN-GATE)(ゴブリンの裏門)(リソースプレイ用予備サイト) THE GEM-DEEPS(珠の奥)(BA)(リソースプレイ用予備サイト) DIMRILL DALE(隠者が丘)(MAKER'S MAPをプレイする予定サイト) <デッキ解説> 今回初めてバルログをプレイするということで、バルログ専用カードを多用し、 バルログらしくドワーフ砦を侵略破壊することをテーマにした。 ドワーフ砦侵略コンボは、まずROOTS OF THE EARTHでTHE DROWNING-DEEPS を聖域化し、次にBREACH THE HOLDで地表サイトへ道を作る。 そこで、ドワーフ砦でINVADE THEIR DOMAINをプレイして破壊し、 最後にLORD AND USURPERでドワーフ砦を影の砦化する。 全部プレイできれば合計13MP入るが、最後のLORD AND USURPER以外は バルログ自身がプレイせねばならない為、最低4ターンはかかってしまう( ANGBAND REVISITEDが上手くまわれば別だが)。 その上、バルログをすぐ引けるかどうかは運なので、バルログを引くべく ドロー強化カードも入れ、またバルログが引けなくとも戦えるデッキを目指した。 そのため、ドワーフ砦侵略のコンボカードはバルログ構築済みデッキと同様、 GREAT SHADOWの「ターンエンドにディスカードパイルからリソースをデッキに入れることが 出来る」効果をエンジンとして、サイドから引っ張ってくることにした。 侵略コンボはプレイの順番も場所も決まっており、成功率は高くはないが そのポイントの高さと、FLAME OF UDUNで強化されたバルログの異常な までの強さ(他のリソースの補助なしで簡単に侵略できる)に魅せられた。 バルログ単独で侵略は行い、その間他のカンパニーは別のリソースを集めて いられる点も重要だ(多少手札の圧迫はあるが)。 初期の手札が良ければ、GREAT SHADOWだけに頼らずとも ANCIENT SECRETSやバルログ自身のタップ等で直接コンボリソースや ANGBAND REVISITEDをデッキに入れる。 他のキャラクターはホアルムーラス構築済デッキと同じ、オークの斥候達で、ホビット同様 2人で1ハザードリミットにしかならない強力カンパニーだ。 この大カンパニーの特性を生かして、ハザードを回避しつも、奥底で1ターンに 複数のリソースをプレイすることを目標にしている(個々のMPは低くなるが)。 奥底、特に交通の要衝かつ、奥底での唯一の影の砦である THE UNDER-LEAS(底の原)は、影の砦をキーとするアタックでも ディテインメントアタックにならない例外効果を持ち、かつ奥底ということで 複数の自動アタックを持つので、回避カードは多く入れた。 メインの敵(というか、苦手な敵)をアンデッド強化アタックと NAMELESS THING(名前も持たぬ者DM)と決め、それを回避すべく 回避カードを選んだ。特筆すべきはBLASTING FIREとLIQUID FIRE であろう。前者は「ディスカードすることで全部の(複数の)自動アタックの 全ストライクを回避し、更にそのターン中の全ての影響力行使に+2の ボーナスを与える」という素晴らしい効果を持ち、奥底での 複数自動アタックの回避だけでなく、MOUNT GUNDABAD(グンダバド山)等 での集団呼集にも計画的に使える。 これは回避カードと集団呼集補助カードを先に準備しておけるということで、 素晴らしい手札効率のカードであろう。そのうえ、アイテムとして1MPを持ち( 堕落ポイント1はご愛敬)、タップ状態の影の砦でプレイできるという出しやすさ も兼ね備えている、正に夢のアイテム(どちらかといえば回避カードの役割)。 後者は、「ディスカードすることで、サイトをキーとした任意の全アタックを 回避する」カードで、NAMELESS THING(名前も持たぬ者)を意識 して投入した。その効果と、一応レアである点以外は前者と全く同じ。 そして、MP関係は、バルログを使うなら必須の、ORCS OF MORIAと STINKER。どちらも聖域モリアでプレイでき、高MPのカード。 最悪、これだけで集団と同盟者のカテゴリーを埋められる。 その他のリソースは、THE UNDER-LEAS(底の原)を使いまわす ことを念頭に、タップ状態でも出せるカードも多く入れた。 また、同盟者のNASTY SLIMY THINGは聖域以外の奥底なら どこででもプレイでき、タップでドレイクの1アタックを回避できる優れた 同盟者である。 それから、ハザードは、対ヒーローの方がH12.6.25の大会で使用した ミックスハザードで、対ミニオンの方がアンデッド強化ハザード(実際大会で使用 する機会はなかったので、レシピは省略。アンデッド強化型はこちらも 危なくなるが、自分は全部気合で回避する予定)。 対ヒーローハザードの詳細は過去のレシピ解説に載っているが、 こちらがウィザードを使用しないのでSTORMCROW(疫病神)(TD)を 入れた。ウィザードの直接影響力を下げたり、旅の仲間をはがしたり といった効果で、地味なようだが結構効いたと思う。 対ミニオン用のハザードにはもっと凶悪なものもあるし、かわいいもの。 それ以外は変わらず、堕落カードで野伏をタップさせて「河」、 状況に応じて一般的なクリーチャーでアタック、といったやり方。 サイドのハザードに関してはまあ当たり障りなくといった感じ。 フォールンウィザード用の追加サイドボード(のハザード)は、はっきり言って 良く分からなかったので、当たり障りの無い堕落にしておいた。 ステージリソースとかで堕落ポイントがたまってそうだなと考えた。 最後に、「バルログプレイヤーは意志3以下のノンユニークキャラを手札、サイド、 ディスカードパイルのいずれかからプレイしても良い」というバルログ固有 のルールを有効活用すべく、サイドに少しノンユニークキャラを入れた。 これは最後のポイント追加にかなり役立った。
このデッキの対戦結果

戻る
OKKO
ご意見ご感想を掲示板に書き込みしていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。