指輪CCG自主的大会のお知らせ

MECCGにおける最後の砦であった妖精たちの憩いの館、「裂け谷」もついに陥落し、 我々MECCGのプレイヤーは安息の地を求めて西方の地 へと旅をすることになりました。

もはや西方王土からの助けも期待できず、 われらの滅びの運命は今まさに成就されようとしています。

我々の取りうる選択としては、もはや希望の見いだせない、灰色となった世界 を逃れ、西方王土に旅立つか、 中つ国で影のよう存在になりながらも生き残り続けるかです。
いずれにせよ、中つ国にわれらのような種族がいたことは忘れ去られ、 老婆のおとぎ話の中に出てくるような存在となるでしょう。
あるいは、我々の戦いが後世に語り継がれることすら無いかもしれません。

しかし、我々は、MECCGの火を消さぬように、 多くの犠牲の上に、歌に語り継がれるほどのいさしおを成し遂げたいと思い、 最後のひとりとなろうとも戦い抜く所存です。(笑い)

(上の記述のわかりやすい?日本語訳)

日本のディストリビューターであった「やのまん」におけるサポートの フェアリーウッズでの公式大会は終了してしまいましたので、 我々MECCGのプレイヤーは安息の地を求めて西方の地(都内新宿方面) へと旅をすることになりました。
大元であった米国のICEが倒産し、ICEはすでにMECCGのサポートはしていません。
日本国内ではMECCGを快適にプレイする環境はほとんどありませんが、 海外では毎年、今だに、世界大会を行っていますので、西欧の大会に参加する事は 不可能とは言い切れませんが、我々が海外に移住するのでもなければ プレイする環境を維持することは、まずむずかしいでしょう。

MECCGの海外でのプレイヤーもマジックザギャザリングのそれほどは多くなく、 コレクタブルカードゲーム業界そのものが衰退期に入ってきている様な兆しも見られます。

プレイヤーがいなければ、このゲームは死に絶え、絶滅し、 このカードゲームの存在すら過去の物となり、人々から忘れ去られて しまうかもしれません。

しかし、我々は今後も最後のひとりとなるまで、 自主的に大会を開催し続けていきたいと思います。(笑い)

第2回指輪自主大会は2001年2月25日(日)、
会場はイエローサブマリン新宿ハイパーアリーナ店です。
ふるってご参加ください。

イエローサブマリン新宿ハイパーアリーナ店の場所

戻る
OKKO
ご意見ご感想を掲示板に書き込みしていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。