マイアールについて


イルヴァタールによって創られたアイヌアのうち、
ヴァラールよりも弱い力を持ち、ヴァラールに仕える精霊たち。

名前 役割・説明 臣従しているヴァラ ヴァラと関連する特性
エオンウェ マンウェの旗持ちで、伝令者。
武力に於て彼に勝る者は、アルダにはいない。
マンウェ
オスセ 中つ国の岸辺を洗う海の主。
嵐を好み、時に主君であるウルモの命令を受けることなく、勝手に荒れ狂うことがある。 それ故、海辺に住む者や、船に乗る者は彼を愛してはいるかもしれないが、 信頼はしていない。
ウルモ
ウィネン オスセの配偶者。海の妃。
オスセの乱暴をおさえて海を静める事ができる。
ウルモ
サルマアル ウルモの角笛(ウルムーリ)の制作者
イルマレ ヴァルダの侍女。
エオンウェと対になる最も 主なるマイア
ヴァルダ
メリアン ヴァーナとエステの侍女。
エル=シンゴルの妻。
中つ国に来る以前は、久しくローリエンに住み、イルモの庭に花咲く木々の世話をしていた。
中つ国でエルフ王シンゴルと出会い、ドリアスに住むことになる。
ヴァーナとエステ?
アリアン 太陽の運行を司る。
ヴァーナの庭でラウレリンの手入れをしていた。
彼女はもともと火の精で、ラウレリンの熱を恐れず、傷つくこともなかった。
メルコオルによって欺かれることはなく、彼に仕えるように誘われたこともなかった。 彼女の目の輝きは、仰ぎ見るに耐え得ないほど明く、メルコオルさえもこれを恐れた。
ヴァーナ?
ティリオン もともとはオロメに使える狩人。銀が好きで、テルペリオンの光をあびる事が 好きであった。
テルペリオンの最後の銀の花の世話をしたいと申し出て、月の運行を司ることになる。
昼間月が出たり、日食が起こったりするのは、 こいつが気まぐれのためと説明されている。
オロメ

堕落したマイア

名前 別名 役割・説明 臣従していたヴァラ ヴァラと関連する特性
サウロン ゴルサウア 第一紀 モルゴスの副官。
第二紀 一つの指輪の作り手。
アウレ ものを作り、自らの手による物を愛する。 力の指輪を造る。
ヴァララウカウル バルログ
火の鞭
恐怖の悪鬼
マイアのうちで力に堕落したものたちの総称。
モルゴスが倒されたとき生き残ったものは地中深くに逃げ延びた。
ドワーフたちが、 ミスリルを求めて地中を深くまで掘りすぎたことで、モリアのバルログを目覚めさせ、モリアは滅びた。
ゴスモグ バルログの首領。ゴンドリンでエクセリオンと相打ちとなる。

イスタリ(ウィザード)について


冥王サウロンと戦う自由の民をまとめ、手助けをするために、
ヴァラールは5人のマイアールたちを、第三紀の中つ国に送り込んだ。
しかし、マイアールたちは、中つ国の人々を支配すること、
サウロンの力に対して力で対抗することを禁じられていた。
中つ国に置いてこれらのマイアールは「ウィザード」もしくは「イスタリ」と
呼ばれた。
以下の記述はおもに 「シルマリルの物語」および、
「アンフィニッシュト・テイルズ」「イスタリ」の章から読みとったものである。
名前 別名 役割・説明 臣従していたヴァラ ヴァラと関連する特性
オローリン (人間から)
ガンダルフ
杖をつくエルフ
(エルフから)
ミスランディア
灰色の巡礼者
(ドワーフから)
サルクン
杖を持つ男
(南方人から)
インカヌス
よそ者
マイアの中でもっと賢明なるもの。
中つ国では定住する地を持たず、自由の民のために奔走した。
暗い世の中にあって、彼の言葉に耳をかたむける者は、暗黒の心象を振り払い、立ち上がった。
ローリエンでニエンナから哀れみと忍耐を学んだとあるが 詳細は不明
クルモ (人間から)
クルニア
技の匠
(エルフから)
サルーマン
中つ国に最初に到着したイスタリ。 サウロンと同じく、技の匠の神アウレに使えたマイアであり、当初はサウロンに対抗するために サウロンの手法や、指輪学について研究をしていたが、それを学ぶにつれサウロンを羨み、 サウロンの追随をすることになった。 アウレ 自らの手による技を好む。
アイウェンディル (人間から)
ラダガスト
獣使い
茶色の魔法使い。
樹木や草花について深い知識を持つ。
動物と話をすることができ、特に鳥たちを愛した。
ヤヴァンナ 自然と動物を愛する。
       イスリン・ルイン(青き魔法使い)
アラタール 二人の青い魔法使いについてはほとんど語られていない。 トールキンはこれらの魔法使いについての説明を意図的に書かないことで、 物語のより深い効果を狙ったらしいとされる。
パルランドはオロメに使える魔法使いとされていたが後ほどマンドスに使えていた というような訂正があったらしい。
オロメと関連づけられる理由としては、ヴァラールの中でオロメだけが中つ国の 東方へいったことがあるから。ということらしい。
オロメ? 狩りが好き?
パルランド マンドス? 運命を見通す?



番外
トム・ボンバディル
ゴールドベリ

ウンゴリアント

トムボンバディルは世界が作られる以前から存在していた。

世界が作られる以前からあった存在は、
イルヴァタール、ヴァラール、マイアールのいずれかである。

指輪物語の世界の中で、説明するつけるしたらマイアであるが
トールキンの世界の中で考えると、指輪物語を超越した存在なのか?
                                         
《戻る》