埼玉環境サービス ごみ質分析の流れ

ごみ分析の流れ
埼玉環境サービス top
ごみ質分析測定 環整95号
環整95号解説
ごみの3成分
灰分測定
ごみ質分析流れ
円すい四分法
物理組成分析
細分組成項目例
低位高位発熱量
発熱量推算値
プラ組成
参考図書の紹介

焼却灰分析 環整95号
木質ペレット品質測定分析
シックハウス測定分析診断
生ゴミ処理システム TRASH(トラッシュ)
埼玉環境 概要
砂場清掃
環境、廃棄物、リサイクル関連リンク集
彩生工房 修理、再生、リサイクル
問合せ

ゴミ質分析の流れ

ごみ質分析の流れ(標準の場合)

 検体の採取(サンプリング、縮分)
        
 単位容積重量見掛け比重)測定
        
 乾燥(水分測定)
 乾燥機で乾燥させ、乾燥の前後の重量から水分を求める。
熱風循環式乾燥機。
        
 物理組成分析(仕分け、分別)
        
 破砕、粉砕
 組成分析したものの可燃物を項目ごとに破砕し粉状にする。
        
 調製 (乾燥可燃物を破砕した試料をを組成の比率で混合する)
”化学分析試料”と呼んだりする
                   
 灰分測定
 発熱量測定
 元素分析


 破砕機、粉砕機の紹介(弊社のもの)
 上部から試料を入れると、高速で回転する6枚の回転刃と、2枚の固定刃によって切断、粉砕され一定以下の粒径になった物が下部のメッシュを通過して受け皿に落ちるようになっている。 ウィレー式とか言う型式らしい。刃を研磨したり、隙間を調整したりと、なかなか職人領域の機械かもしれない。

 発熱量測定の紹介(弊社のもの)
 一定量の水を入れた水槽の中で、試料と酸素を入れたボンブに点火し水温の上昇から発熱量を測定する。試料は鴈皮紙(がんぴし)と呼ばれる薄い和紙に包んでセットし二ッケルの点火線で外部から電気で点火する。

 ごみ分析 先頭ごみ分析へ埼玉環境サービス 表紙


埼玉環境サービス ごみ質分析 埼玉環境サービスでは
ごみ質分析全般が可能です。サンプリングから、乾燥、破砕、仕分け、灰分測定、発熱量測定、元素分析等。 お気軽にご連絡ください。

ごみ分析の基本的な流れは環整95号に記載されています。
 環整95号 環整95号抜粋及び、解説

お客様の仕様によって順番が変わったり、項目が加除されることもあります。

サンプリング、検体の採取
 ゴミピットからクレーンで上げてもらったもから、縮分したり、パッカー車から採取したりする。縮分は円錐四分法による。何の分析でもそうでしょうが、このサンプリングの良し悪しで決まると言っても過言ではない。
 ごみ質サンプリング 円すい四分法

単位容積重量(見掛け比重)測定
 時間の経過や運搬中に容量が変わるので容量の確認は採取の現場でやることが望ましい。
 容量が既知の容器にごみを入れ、容量あたりの重量を測る。一般には30〜50リットル程度のバケツや箱を利用する。30センチ程度のところから3回トントンと落とすので割れたり壊れたりするものでは困る。
 仕様によっては一定量の荷重を加えた時の容量を測るように指示されることもある。

乾燥(水分測定)
 乾燥機で乾燥させ、乾燥の前後の重量から水分を求める。

物理組成(仕分け、分別)
 環整95号では乾燥後に分別することになっているが、湿状態で仕分けすることもある。
 そうすることにより組成項目個々の水分(含水率)を知ることができる。

 ゴミ質組成分析 物理組成分析(分別)

破砕、粉砕
 可燃物を組成ごとに1〜2mm以下に破砕し粉状にする。イメージとしてはふりかけ程度(あるいはもう少し細かく)の粒径。

調製(”調整”ではありません)
 1〜2mm以下に破砕し粉状になった組成項目ごとの試料を元の組成割合に応じて混合する。それが元の試料を代表する検体となる。
 通常は乾燥状態の可燃物のみを混合するため、有姿(入荷状態、湿状態)の値を求めるためには水分と破砕・混合を除外した分(通常、不燃物など)の補正・換算をする必要がある。

各種分析

 ごみ質発熱量 発熱量(低位、高位発熱量)
  発熱量実測(ボンブ式)

 環整95号ごみの三成分 ごみの3成分
  水分、灰分、可燃分

 環整95号ごみ灰分測定 灰分測定

  その他に元素組成分析など
  (炭素、水素、窒素、
    硫黄、塩素、酸素など)

ごみ質分析の概要

〒355-0156
  埼玉県比企郡吉見町長谷1643-159
  電話 0493-54-1236 Fax 0493-54-5114
  お問合せ