埼玉環境サービス 木質ペレット(品質規格改定 長さ)

ごみ組成分析調査 埼玉環境サービス
埼玉環境サービス top
ごみ質分析分析測定 環整95号
焼却灰分析測定 環整95号
木質ペレット品質測定分析
品質規格
機械的耐久性
20161115改訂
長さ(改訂)

埼玉環境 概要
環境、廃棄物、リサイクル関連リンク集
問合せ


ごみ質 電話049-236-3953 サンキューごみ ごみ十八番


木質ペレット 品質評価・試験・分析

木質ペレット品質規格 測定分析試験 長さに関する改訂、変更点

木質ペレット試験サンプル 平成28年11月15日に 「改訂版【木質ペレット品質規格(平成28年11月15日発効)】」が一般社団法人 日本木質ペレット協会から出されました。
 ここでは特にお問い合わせが多かった”長さ”に関する改訂、変更点についてご説明いたします。


 木質ペレット品質規格日本木質ペレット協会

【改訂前】

 長さに関して木質ペレット品質規格(2011.03.31)(以下、改訂前規格)では
 ” L≦30mmが質量で95%以上で、かつL>40mmがないこと ”
 と規定していました。

 報告書の書式は以下のようになっていました。(測定値、結果は架空のものです)
 評 価 項 目  測定値   単位   規準値   評価結果 
 長さ L   L≦30mmの質量割合  98.6 %  95%以上   良好
 L>40mmの有無  無いこと  良好

【改訂後】

2016.11.15の改訂後の規準は

 ”3.15<L≦40mm,L>40mmは最大1%,最長は45mm”

 と表現されています。が、改訂前とも表現が違うし、とっても判りずらいと思います。

以下に、部分部分をご説明いたします。
 ● ” 3.15<L ” の部分は、3.15mmのふるいを掛け、残った物を測定対象にすること。
 ● ” L>40mmは最大1% ” の部分は、長さを40mm以下にしましょう。
   40mmを超えるものは質量割合で1%以下にしましょう。1%までは許容します。
   つまり、改訂前的に表現すると
   ” L≦40mmの質量割合 が 99%以上 ” と言うことです。
 ● ” 最長は45mm ” の部分は、最長でも45mmで、それ以上があったらダメと言うこと。
   つまり、改訂前的に表現すると ” かつL>45mmがないこと ” と言うことです。

 報告書の書式は以下のようになりました。(測定値、結果は架空のものです)
 評 価 項 目  測定値   単位   規準値   評価結果 
 長さ L   L≦40mmの質量割合  99.8 %  99%以上   良好
 L>45mmの有無  無いこと  良好

 ご不明な点がありましたらご遠慮なく、担当までお問い合わせください。

機械的耐久性試験 日本ペレット協会 品質規格のページ

 ごみ分析 先頭 埼玉環境サービス 表紙

  埼玉環境サービス 木質ペレット分析 ペレット分析 埼玉環境サービスでは
木質ペレット以外にも、固形燃料(RDF,RPF)、高分子廃棄物等の発熱量測定、灰分測定等が可能です。高位発熱量、低位発熱量の算出、元素分析も可能。 お気軽にご連絡ください。

埼玉環境サービス ごみ質分析調査

〒350-0311 
  埼玉県比企郡鳩山町石坂726-9
  電話 049-236-3953 FAX 049-277-5318
  お問合せ 埼玉環境 地図アクセス