埼玉環境サービス ごみ質分析(環整95号、発熱量など)

ごみ分析 プラスチック組成分析
埼玉環境サービス top
ごみ質分析測定 環整95号
環整95号解説
ごみの3成分
灰分測定
ごみ質分析流れ
円すい四分法
物理組成分析
細分組成項目例
低位高位発熱量
発熱量推算値
プラ組成
参考図書の紹介

焼却灰分析 環整95号
木質ペレット品質測定分析
シックハウス測定分析診断
生ゴミ処理システム TRASH(トラッシュ)
埼玉環境 概要
砂場清掃
環境、廃棄物、リサイクル関連リンク集
彩生工房 修理、再生、リサイクル
問合せ

ごみ分析 プラスチック組成調査

プラスチック組成 材質識別

 集められたプラスチック、ビニールがどのような素材で出来ていて、比率(割合)はどうなのかを調べることがあります。リサイクルする場合にも、燃やしてしまう場合にもとても大切な調査と言えます。特に燃やしてしまう場合にはダイオキシンの生成にも関わる塩素の発生源になる塩ビ等の含有率が気になるところです。
 最近では素材表示識別マークの表示が徹底されてはいますが、複合素材や、破砕された素材の識別はなかなか困難です。
 それらを識別するため赤外線の吸収(透過)スペクトルを利用した機器などもありますが、高価であり、所有している業者さんも少ないようです。弊社では簡易識別法での識別を実施しています。
 素材には主なものとして右のようなものがあります。

プラスチック簡易識別法
 火に近づけて見てその様子を観察したり、実際に燃やして見て煙の様子をみたり、破れ方や、感触などで総合的に判断します。
 右のようなマークが付いているものは参照します。
 また、バイレシュタイン反応を見ることで塩ビ、塩化ビニリデンなどの塩素を含む素材は的確に判別することが出来ます。
 簡単な作業のみで特殊な機器などが不要であり、かつ精密な調査が必要な場合でなければ充分に有用です。
 火を使う方法は火災や火傷など心配があるため、お子様などと実演する場合は、傷の付きやすさなどを比較したり、比重を比較したりして分別することもできます。

バイレシュタイン反応
 火炎中で素材に銅を接触させると、塩素を含むものは特徴的な緑色の炎を発生させるため明確に判断することができます。そのため塩化ビニール、塩化ビニリデンなどの塩素を含む素材を的確に判別することが出来る。
 塩素以外にも臭素、ヨウ素などのハロゲンにも反応してしまう。フッ素には反応しない。

破砕されていて細かいものや、複合製品や特殊なものは、機器を用いても、簡易識別法を用いても識別は困難になります。
 また、機器を使用する際でも色の付いているものや、汚れの付いているものは不可であったり、厚みのあるものはだめだったり、判定できる種類が限定されていたりします。調べたい対象や、形状などに応じ、機器の仕様をよく確認して選定する事をお勧めします。

埼玉環境サービス ごみ質分析 埼玉環境サービスでは
環整95号による組成分析のほか各種詳細分析、プラスチック組成分析などにも対応します。 お気軽にご連絡ください。


プラスチック概要

プラ ペット PET ・ペット(ポリエチレンテレフタレート)
ご存知のとおりペットボトルの原料。燃やすと水と炭酸ガスになる。ダイオキシン類は発生しません。カセットやビデオのテープ、衣服の繊維、卵のパックなどにも使用されている。

高密度ポリエチレン ・高密度ポリエチレン
他のポリエチレンに比べ硬い。
容器、コンテナ、文具、家庭用雑貨などに用いられるが、PPと用途が競合している。化粧品、シャンプーなど家庭用容器、灯油用ポリタンクなどにも用いられている。


ポリ塩化ビニル 塩ビ ・ポリ塩化ビニル(塩ビ)
塩素を含み、燃やすと特有の臭いの酸性ガスを発生する。塩ビパイプ、パッケージ、電線の被覆など。ダイオキシンの問題により用途が限定されてきている。

低密度ポリエチレン ・低密度ポリエチレン
レジ袋、マヨネーズ容器など身近に多用されている。


ポリプロピレン ・ポリプロピレン
食品容器、バケツ、食品の包装、梱包用バンド、ペットボトルのフタなどに用いられている。


ポリスチレン ・ポリスチレン
珍味などの中仕切り、コンビニ弁当の容器、また発泡スチロールとして、トレイやカップなどとしても利用されている。

その他のプラスチック ・その他のプラスチック
その他、材質の特性を生かしさまざまな用途のさまざまなプラスチックがある。




 当然これで全てではなく、これ以外にも実に多くのプラスチックや複合素材があります。



 ごみ分析 先頭 ごみ分析へ 埼玉環境サービス 表紙

ごみ分析 プラスチック組成分析

〒355-0156
  埼玉県比企郡吉見町長谷1643-159
  電話 0493-54-1236 Fax 0493-54-5114
  お問合せ