埼玉環境サービス ごみ質採取、サンプリング

ごみ質分析 サンプリング、採取
埼玉環境サービス top
ごみ調査分析測定 環整95号
環整95号解説
ごみの3成分
灰分測定
ごみ質分析流れ
円すい四分法
物理組成分析
細分組成項目例
低位高位発熱量
発熱量推算値
プラ組成
参考図書の紹介

焼却灰分析 環整95号
木質ペレット品質測定分析
シックハウス測定分析診断
生ゴミ処理システム TRASH(トラッシュ)
埼玉環境 概要
砂場清掃
環境、廃棄物、リサイクル関連リンク集
彩生工房 修理、再生、リサイクル
問合せ

ごみ採取、サンプリング 問合せ
サンプリング 円錐四分法 円すい四分法 (円錐四分法)

 ごみ質サンプルの場合、一般的に相当の不均一さ、偏り、ばらつきを含んでいます。これはある意味避けられないことです。
 そうであっても、より偏りの少ない代表的なサンプルを得る為に、通常、円すい四分法を用いる。ごみに限った採取方法ではありませんが、以下、環整95号に基づき、円すい四分法を用いた、ごみのサンプリングについて説明します。一般的な家庭系廃棄物をごみピットから採取することを想定して説明します。

収集運搬車、もしくはごみピットから200kg以上を採取。

 環整95号の記述は以下になります
1 試料の採取
 (1) 収集・運搬車からの採取
  無作為に抽出した収集・運搬車から一台あたり
 一○kg以上、合計二○○kg以上を採取する。
 (2) ごみピットからの採取
  ピット内のごみを十分混合したのち、
 二○○kg以上採取する。


※この時点で既に偏りを生じてしまうことがある。代表できるサンプルを採取するように心掛ける。
 ピットから採取する際にもよく攪拌してもらう必要がある。
 明らかに偏りが認められる場合には採否を検討し、場合によっては採取からやり直すこともある。


大きなものは小さくし(困難なものは取り出しておく ※1)、袋等の中身は取り出し、よく攪拌して均一化する。
ごみ採取 円すい四分法 除外

試料を1点上部から落下させ円すい状に積み上げる。
ゴミサンプリング 四分法 積み上げ

頂点から垂直に押し下げるように平らにする。
ごみ採取 円錐四分法 押し広げ

4等分し相対する2つの部分を無作為に選び試料とする。
ごみサンプリング 円すい四分法 縮分

1回で約半分になるので、4〜5回程度、上の操作を繰り返し、5〜10kgの試料を得る。
 (目安としては200→100→50→25→12.5→6.3kg)


 環整95号の記述は以下になります
2 試料の調整
 採取した試料は、乾燥したコンクリート等の床上で、スコップ等でよく混合し、袋づめのごみは中味を取り出し、とくに大きなものは適当に細分する。
 つぎに、試料を十分に混合しつつ、四分法により数回縮分し、試料として五〜一○kgを採取する。

10kg以下の試料で大きなごみピット内のごみを代表させるわけであるから、非常に重要な作業と言える。この工程の良し悪しで以下の分析の結果の良し悪しを決定付ける。

ピット内をよく見て選んだ試料がごみピットを代表しているか確認する。明らかに偏りがある場合は作業をやり直すなどする。(たまたま草木ばかりだったり、段ボールが固まっていたりすることがある。事業系ごみでは極端に偏っていることも多い)

※1 【大きな廃棄物の扱い】
 縮分不適物などとも呼ばれる。

 環整95号の記述は以下になります
  注 縮分の途中で、目につく大きな廃棄物(とくに毛布、タイヤ、木竹、石油かん等破砕しにくいもの)については、あらかじめ別にとり出しておき、最後にそれを細断して試料に加えることが望ましい。例えば四回、四分法で縮分する場合、二回目終了後に毛布をとり出せば、その毛布は、さらに二回の縮分によつて1/22=1/4に減量されるはずであるから、毛布全重量の1/4を試料に加えることとなる。

  環整95号抜粋及び、解説

  ごみ質分析の流れ

  参考図書の紹介
  ごみ分析の参考になる図書の紹介。



 ごみ調査分析 先頭 ごみ調査分析へ 埼玉環境サービス 表紙



埼玉環境サービス ごみ質分析 埼玉環境サービスでは
ごみ質分析全般が可能です。サンプリングから、乾燥、破砕、仕分け、灰分測定、発熱量測定、元素分析等。 お気軽にご連絡ください。埼玉、千葉、東京を中心に関東一円、サンプリングいたします。

ごみ質 四分法サンプリング、採取

〒355-0156
  埼玉県比企郡吉見町長谷1643-159
  電話 0493-54-1236 Fax 0493-54-5114
  お問合せ