埼玉環境サービス ごみ質分析 組成項目の例

ごみ分析 組成項目例
埼玉環境サービス top
ごみ質分析測定 環整95号
環整95号解説
ごみの3成分
灰分測定
ごみ質分析流れ
円すい四分法
物理組成分析
細分組成項目例
低位高位発熱量
発熱量推算値
プラ組成>
参考図書の紹介

焼却灰分析 環整95号
木質ペレット品質測定分析
シックハウス測定分析診断
生ゴミ処理システム TRASH(トラッシュ)
埼玉環境 概要
砂場清掃
環境、廃棄物、リサイクル関連リンク集
彩生工房 修理、再生、リサイクル
問合せ

ごみ質分析 組成項目お問合せ



生ごみ処理槽トラッシュ

シックハウス診断・調査

遺品整理、生前整理、空き家管理
ごみ分別 組成項目

 環整95号による分類項目は”物理組成分析”のページで触れましたが、その他の組成項目の例を挙げてみました。通常は依頼元から示されることが多いと思いますが、新規に提案する際などにご参照下さい。調査、分析の目的により最も特徴が現れる事項とも言えます。
 項目に分類できないもの、中間的なもの、不複合的なもの、細かいものなどの処理についてあらかじめ確認する必要もあるかも知れません。
 リサイクルを目的とする調査の場合、汚れの度合いや、内容物の種類などで仕分け先が変わる場合もあります。


【環整95号による項目】 6項目
 1:紙、布類
 2:ビニール・合成樹脂・ゴム・皮革類
 3:木・竹・ワラ類
 4:ちゅう芥類
  (動植物性残渣、卵殻、貝殻を含む)
 5:不燃物類
 6:その他
  (孔眼寸法5mmのふるいを通過したもの)
 ・5以外は可燃物です。シンプルですが現在の多様なごみには十分とは言えない部分も。

【環整95号による項目を展開した例】
 1:紙類
 2:
布類
 3:
プラスチック類
 4:
ゴム・皮革類
 5:草木類
 6:ちゅう芥類
 7:不燃物類
 8:その他
  (孔眼寸法5mmのふるいを通過したもの)
 ・環整95号の項目の紙と布を区別し、プラスチック類とゴム・皮革類を区別した。


【さらに不燃物を細分した例】 10項目
 1:紙類
 2:布類
 3:プラスチック類
 4:皮革類
 5:草木類
 6:ちゅう芥類
 7:
ガラス類
 8:
金属類
 9:
陶磁器、セトモノ、石類
 10:その他

※陶磁器、セトモノ、石類の項は”その他の不燃物”と解釈しガラス、金属以外の不燃物を含めることもある。
・上に関連して、10その他は"その他の可燃物”と解釈して良いか確認の必要がある。

・乾燥剤、使い捨てカイロ、ネコ砂などは行き先を確認したほうがいいかも。意見が分かれる場合もある。


  環整95号抜粋及び、解説
 ゴミ物理組成分析 物理組成分析(分別)
  ごみ質分析の流れ
  参考図書の紹介
  ごみ分析の参考になる図書の紹介。

埼玉環境サービス ごみ質分析 埼玉環境サービスでは
ごみ質分析全般が可能です。組成分析では多項目、プラ組成、容器包装仕分け等に対応します。  お気軽にご連絡ください。

項目ごとの細分の例。

ごみ組成 紙類
紙類の細分例1(容器包装関連)】
 ・容器包装 ・容器包装以外
※ごみとして排出された後では厳密には判定しにくい。同じ紙コップでも商品が入っていたのか、家庭で買って使ったものなのかの判断はむずかしい。

紙類の細分例2
 ・新聞 ・雑誌 ・ダンボール ・紙パック など
 ・紙パックでも中にアルミが張ってあるか無いかで分かれることもあります。

※リサイクルの可否で分類することもあります。この場合、統一した基準の設定は難しく、リサイクルしてくれる業者様が居れば可、いなければ不可とせざるおえない。
  
ゴミ組成 
プラスチック類の細分例1(容器包装関連)
 ・容器包装 ・容器包装以外
※ごみとして排出された後では厳密には判定しにくい。同じポリ袋でも商品が入っていたのか、家庭で買ったものなのか、使役されたものなのか判断はむずかしい。

プラスチック類の細分例2
 ・硬質 ・軟質
※厳密に判断、分別することは難しい。そもそも定義できない。

プラスチック類の細分例3(材質別)】
 ・ポリエチレン ・ポリスチレン
 ・ペット(PET) ・ポリプロピレン
 ・塩化ビニール ・その他


ペットボトル
 ・容量別 ・用途別 ・着色の有無 
 ・外装、キャップの有無の状況  など


形状別
 ・トレイ ・パック ・ボトル ・袋
 ・フィルム など

ごみ組成項目 不燃物 金属類
金属類の細分例1(容器包装関連)】
 ・容器包装 ・容器包装以外

金属類の細分例2
 ・磁性物(鉄など) ・非磁性物(アルミなど)

金属類の細分例3(材質別)】
 ・鉄類 ・アルミ類 ・その他の金属類
 銅、ステンレス、真鍮なども
 ※電池などを別に分けることもあります。


ごみ組成 不燃物 ガラス類
ガラス類の細分例1(容器包装関連)】
 ・容器包装 ・容器包装以外

リサイクルの可否。対象かどうか】
 ・リターナルびん ・ワンウェイびん 
※厳密にやろうとすると難しい点もある。同じ一升瓶でも用途によって再利用しにくいものもある。

びんの状態別
 ・生きびん(割れていない)、欠け、カレット(破片、カケラ)

色別
 ・無色(透明)、茶色、緑、青、黒などの色別
※蛍光灯、鏡、水銀温度計などを水銀含有物、有害物として別に扱うこともあります。


無色ガラスに関する私見
 ”無色”のガラスを”透明”と言ったり、”白色”と言ったりすることがありますが、”白色”は白く着色されたガラスの事(化粧品のビンなどにある)なので無色ガラスとは違う。透明かどうかは色のことではないので、無色ガラスでも透明でないこともある。(すりガラスなども)。なので、色を視点に分別するのであれば”無色”(あるいは無着色)と表現するのがいいような気がする。
 ※酢のビンなどは一般には透明と認識されているかもしれないが薄く着色されていることもある。厚い部分を見るとわかりやすい。

 ごみ分析 先頭ごみ分析へ埼玉環境サービス 表紙

ごみ質調査 組成項目

〒355-0156
  埼玉県比企郡吉見町長谷1643-159
  電話 0493-54-1236 Fax 0493-54-5114
  お問合せ