食品ロス調査 埼玉環境サービス

食品ロス フードロス 食品廃棄物調査 組成調査
埼玉環境サービス top
ごみ調査分析測定 環整95号 廃棄物
焼却灰分析 環整95号
木質ペレット品質測定分析
埼玉環境 概要
環境、廃棄物、リサイクル関連リンク集
問合せ 食品ロス調査、フードロス

食品廃棄物 フードロス 食ロス調査

食品ロス 食ロス フードロス 食品廃棄物 食品ロス調査 組成調査 フードロス、食品廃棄物

過剰除去率割合 推定値 可食部 不可食部 未利用食品 手つかず食品
 食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことを言います。
 食品ロスには、過剰除去(野菜の皮の厚むきなど)、直接廃棄(賞味期限切れなどで食べずに捨ててしまう)、及び食べ残し(食べ残して捨ててしまう)などがあります。直接廃棄は未利用食品、手つかず食品などとも呼ばれています。
 日本では本来食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は570万トンあると言われています。(令和元年度推定値)


食品ロス調査 食ロス調査 組成調査 食品ロス 食ロス フードロス
 食品ロス調査は、家庭及び事業者における食品ロスの実態を把握し、廃棄される食品の削減などを目的とすると言われています。
 廃棄される食品は、焼却処分や運搬及び埋め立ての際に温室効果ガスを排出するため、環境汚染につながります。


食品廃棄物 家庭系食品ロス 事業系食品ロス
 食品ロスは主に、家庭から発生する食品ロス、いわゆる「家庭系食品ロス」と事業活動から発生する食品ロス、いわゆる「事業系食品ロス」などに区分されます。
 そのうち事業系食品ロスは、食品製造業、食品卸売業、食品小売業、外食産業などの区分に分けられます。






ごみ袋の開封調査 食品ロス削減 食品ロス実態調査
 一般的な調査方法の例
・約200kgの試料を採取し、調査することが望ましいと言われています。
・一袋ずつ袋を開けていきます。
・調理くず(過剰除去)、食べ残し、直接廃棄などにに分類していきます。
・更に食べ残しでは、100%残存、50%以上残存、50%未満残存に分類します。
・消費期限、賞味期限等も計測します。
・全試料の分類が終わったら、直接廃棄を丁寧に並べ写真を撮ります。
・撮った写真は市民向けの啓発資料などとしてご使用いただけます。

厚生労働省食品ロス
厚生労働省消費期限・賞味期限参考資料

 食品ロス調査分析 先頭 埼玉環境サービス 表紙



埼玉環境サービス 食ロス調査 食品ロス問題 食品ロス対策 厨芥類 ごみ質分析 埼玉環境サービスでは
食品ロス調査、組成調査等、ごみ質調査・分析全般が可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

廃棄物ごみ 食品廃棄 食品リサイクル法 食品廃棄物

〒350-0311 
  埼玉県比企郡鳩山町石坂726-9
  電話 049-236-3953 FAX 049-277-5318
  問い合わせ 見積 メール 食ロス調査に関するお問い合わせお問合せ