生ごみ処理槽 トラッシュ 埼玉代理店

生ゴミ処理システム
 TRASH (トラッシュ)

トラッシュ 連絡先 埼玉環境サービス
生ゴミ処理槽TRASH 表紙 生ごみ処理機能解説 生ごみ処理システム設置方法 生ごみ処理機トラッシュ記事 環境関連話題 埼玉環境サービス案内 生ごみ処理システムTRASH代理店 生ごみ問題リンク集
トラッシュ 表紙
TRASH 機能
生ゴミ処理槽 トラッシュ設置
生ゴミ処理 関連記事
環境関連 ホットな話題
トラッシュ正規販売代理店 埼玉環境サービス
生ゴミ処理装置 代理店
生ゴミ問題リンク集

トラッシュ代理店 連絡先 埼玉環境サービス





TRASH(トラッシュ)製造販売元
TRASH(トラッシュ)製造販売元 ヨロズヤ
導入例の紹介
生ごみ処理機の方式
関連法案
行政の対応 助成金など
参考文献
展示会イベント



シックハウス診断・調査

生ごみ処理システム 燃やさない

生ゴミ処理槽 トラッシュ

生ゴミ”は土に帰してあげることが、一番いいと考えます。
ちゃんと帰ることが出来るからです。
遠い昔から私たちははそうしていました。
ずっと長い間、”生ゴミ”は燃やしませんでした。


生ゴミの半分以上は水分です。
燃やしてしまおうとするとき
この水分を飛ばすために実に多くのエネルギーを消費します。
苦労して燃やした結果、身体に良くないものも出来てしまいます。
高温で燃やすことで、多くの化学反応が起きたからです。
それを除去したり、無害化させるため、また多くのエネルギーを消費します。
灰も出ます。
本来、草や木や、生ゴミだけを燃やした灰ならあまり問題は起きませんでした。
でも、いろいろなものを一緒に燃やしてしまうため、
その灰は有害なものになってしまいます。
だから、その灰は大地の循環から隔離してしまうか、
多くのエネルギーを消費して処理します。

燃やさないで済むものは、極力、燃やさず、
帰してあげられるものはエネルギーを掛けずに、自然に帰してあげる。
遠い昔から私たちはそうしていました。

TRASH(トラッシュ)は、そんな選択への1つの提案です。

私たちが地球にしてあげられることは
そんなに多くはありません。


お知らせ

家庭用生ごみ処理機も取り扱い中
生ごみ処理機 販売 埼玉環境サービス    ごみ質分析 木質ペレット 品質評価 焼却灰分析