革新的生産スケジューリング入門

製造業を革新する<計画とマネジメント>の技術ノート

新しい仕組み作りにチャレンジする人、仕事のあり方をかえたいと願っている中堅エンジニアのために

このページはスタイルシートを使用しています。
スタイルシートを利用できないブラウザのみ,この文が表示されます。どうぞあしからず。


今回のノート Note this week

職人的であること、エンジニアであること

ちょっと贅沢をして家族3人でお寿司を食べに行った。ネタの新鮮さでは界隈で一番という店である。期待通りの、いや期待を超えた美味だったし、いつもは寡黙なメインの寿司職人さんが、珍しくいろいろ話をしてくれた。包丁の入れ方だけでイカはどれほど旨みが変わるか、雲丹は塩水保存とミョウバンを使ったものでは口どけが全く異なること、などなど。サンプルと実演を混ぜて教えてくれた。寿司職人の勤務時間や修業時代についても、語ってくれた。お盆の連休前で、リラックスしていたのかもしれない。

帰り道に、息子が感心したようにつぶやいた。「寿司職人て、なるのはやっぱり大変なんだね。時間も仕事もきつそうだし。でも、それだけ修行したら、あの人みたいな腕になるんだ。」就活が一段落したばかりの息子は、たぶん来年からの自分自身も重ね合わせて、感じ入ったらしい。「それに、あのイカの味の差! すごい技術だよね。」

――技術じゃなくて、技能だな。
わたしは、軽く訂正した。

「技術と技能って、何か違うの?」

――違うよ。技能ってのは、あの板さんみたいに、その人の目や腕にいわば染み込んだ能力のことをいう。これは人についていて、他人にすぐには伝えられない。『属人的』な能力といえるだろう。

「ふうん。」

――ところが、技術というのは違う。技術ってのは、基本的に人に移転可能なんだ。技術の基礎は科学法則とか、経験知だけれど、それは言葉や数式や道具にして、人に伝えることができる。ここが大きな違いだ。

「そうなんだ。」

息子は再生可能エネルギーに関係した仕事を志望している。一応理系の学部を出て修士課程で学んでいるが、工学部ではないのでエンジニアの教育は受けていない。かといって営業とか経理など、事務屋になる訳でもない。では、どういう職種になるのか。どういう風に、腕を磨くべきなのか。そこが関心事なのだろう。そこで、わたしは続けた(誰かにものをたずねられると、いい気になってしゃべり続けるのが、わたしのいつもの癖である^^;)

――職人技と技術の違いを分かっていない人は、世の中に珍しくない。もちろん、どちらも大切なものだ。だけど、自分たちの会社の強みが、どっちで成り立っているか自覚していない企業も多いんだ。たとえば、精密な加工で、高性能な製品を作っている会社がある。そこの技術者たちは、自分たちの設計が良いから、高性能だと思っている。だけど、その精密加工は、じつは現場の職人の技能が支えているんだ。彼らが退職してしまったら、もう設計図どおりに製品を作れない。たとえ作っても、元の性能は出ない。だったら、その会社が大事にするべきなのは誰か。分かるよね。

→続きを読む:「職人的であること、エンジニアであること

更新情報 Update information

考えるヒント」に、「職人的であること、エンジニアであること」を追加しました(2016/08/21)

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「マネジメントの仕事・地位・パワーを混同してはいけない」を追加しました(2016/08/16)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 書評」に、書評『 ★★ アルベマス』(フィリップ・K・ディック著)を追加しました(2016/08/07)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『全体像を見るために 〜 インテグレートされた工場の作り方』を追加しました(2016/08/04)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『最適解を組み合わせても、良い生産システムは作れない』を追加しました(2016/07/25)

わたしが幹事をつとめる中小企業診断士協会「生産革新フォーラム」で、『プロに学ぶ、上手な工場見学の見方・歩き方』と題する講演を行いました。大勢の方のご来聴感謝いたします(2016/07/20)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『工場レイアウト設計の典型的問題と、そのエレガントな解決法』を追加しました(2016/07/18)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『トラブルには技術的原因と、マネジメント的原因がある』を追加しました(2016/07/12)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 映画」に、映画評『★★★ スティーブ・ジョブズ』を追加しました(2016/07/06)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『経験から学びすぎることの危険 〜ゆらぎある事象の原因分析について』を追加しました(2016/06/26)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『熱気球の浮上、または原因分析のシステムズ・アプローチについて』を追加しました(2016/06/18)

OR学会サプライチェーン戦略研究部会に招かれて「海外プロジェクトへのシステムズ・アプローチ ー 理論・技法・展望」と題する講演を行いました。大勢の方のご来聴に感謝します(2016/06/16)

お知らせ:

新著『世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書』(佐藤知一・著)9月に発刊しました!

“JIT生産”を卒業するための本 〜 トヨタの真似だけでは儲からない』(共著)、『リスク確率に基づくプロジェクト・マネジメントの研究』、『時間管理術』、『BOM/部品表入門』好評発売中です!

→2016年6月以前の更新履歴

本ウェブサイトに掲載した意見はすべて筆者個人のもので、筆者の勤務先の公式な見解ではありません


(c) 佐藤知一 (プロフィルを見る)

→メールはこちらに tomsato@rio.odn.ne.jp
(Spam対策のため@を全角にしています。メールをくださる場合は半角に直してください)

→ページのトップに戻る