ITって、何?

IT革命という言葉の氾濫で、かえって分かりにくくなってしまったITの本質を、対話風の軽い読み物のかたちでやさしく解説します
(改訂版・全20回完結)

佐藤 知一

目次

はじめのご挨拶 − なぜこんなメール・マガジンを始めたか (2002/1/10発信)

第0回 疑問のはじまり (2002/1/13発信)

第1回 『どうして、誰もITって何かをちゃんと説明してくれないの?』 (2002/1/19発信)
−−専門家と一般人のギャップ

第2回 『ITを理解している人を見分けるにはどうしたらいいの?』 (2002/1/26発信)
−−データと情報のちがい

第3回 『情報技術という言葉はどこからきたの?』 (2002/2/05発信)
−−データの処理から情報の技術へ

第4回 『定型と非定型はどこがちがうの?』 (2002/2/09発信)
−−「セミIT」と選択肢の話

第5回 『全角と半角は何がちがうの?』 (2002/2/17発信)
−−文字コードと情報量の話

第6回 『バーコードには何のデータが入っているの?』 (2002/2/26発信)
−−あらゆるものに背番号をふる

第7回 『POSレジは何のデータを集めているの?』 (2002/3/04発信)
−−データによるマーケティング

第8回 『コンピュータ抜きでもITって可能なの?』 (2002/3/13発信)
−−データを組織化する方法

第9回 『第9回 IT屋さんは実際の物事をどうデータに翻訳するの?』 (2002/3/19発信)
−−エンティティと関係による認識の話

第10回 『データの世界に文法ってあるの?』 (2002/4/06 発信)
−−データの辞書と文法の話

インターチェンジ(1/2) 『データをデザインする方法』 (2002/4/14 発信)
−−デザインの図と見方

インターチェンジ(2/2) 『データをデザインする方法』 (2002/4/20 発信)
−−実習:住所録データベースを考える

第11回 『インターネットはなぜタダなの?』(2002/5/07 発信)
−−情報は無料だが通信はただではない

第12回 『ホームページはデータベースの親戚なの?』(2002/05/12 発信)
−−不定形な情報に構造を与える

第13回 『情報の値段ってどうやって決まるの?』(2002/05/23 発信)
−−情報とソフトの奇妙な経済学

第14回 『システムの値段は誰が決めるの??』(2002/06/02 発信)
−−システム作りの方法とコスト

第15回 『システムの値打ちは何で決まるの?』 (2002/6/09発信)
−−IT投資対効果の話

第16回 『ITビジネスの成長のパターンってどうなっているの?』 (2002/06/23発信)
−−サイズ分析にみるIT産業の生態学

第17回 『IT業界で成功する秘訣はあるの?』(その1)(2002/07/07発信)
−− ITビジネスを支配する諸法則

第17回 『IT業界で成功する秘訣はあるの?』(その2) (2002/07/15発信)
−−パラダイム・シフト=IT産業は対話劇のシナリオのように発展する

第18回 『日本はIT先進国なの、それとも遅れているの?』 (2002/07/29発信)
−−IT大国だが先進国ではない

第19回 『私でもネットにお店を開けるかしら?』 (2002/08/17発信)
−−電子商取引の意義

第20回 『ITって人と人を結びつけるのに役立つの?』(前編) (2002/08/29発信)
−−ITが社会に与えるインパクト

第20回 『ITって人と人を結びつけるのに役立つの?』(後編・最終回) (2002/09/01発信)
−−ITは人を幸せに出来る道具か

このメール・マガジンは無料のメールマガジン発行システムFreeMLならびにMacky!を利用して発信しました。


→「革新的生産スケジューリング入門」にもどる
サイトマップ
このページの冒頭に戻る

(c) 佐藤知一
e-mail: tomsato@pa.airnet.ne.jp