革新的生産スケジューリング入門

製造業を革新する<計画とマネジメント>の技術ノート

新しい仕組み作りにチャレンジする人、仕事のあり方をかえたいと願っている中堅エンジニアのために

このページはスタイルシートを使用しています。
スタイルシートを利用できないブラウザのみ,この文が表示されます。どうぞあしからず。


今回のノート Note this week

英国史上、最も偉大な技術リーダーに学ぶべきこと

イザムバード・ブルーネルIsambard Brunel(1806-1859)の名前をご存じだろうか? 19世紀前半の英国を生きたエンジニアだ。生まれは今から210年前。その時代、英国は産業革命の成功を背景に、猛烈な勢いで勢力を伸ばし、北西ヨーロッパの島国から、世界最大の強国に成長しつつある時代だった。

BBC放送は2002年、「歴史上最も偉大な英国人100人」を選出した。1位はウィンストン・チャーチル。そして第2位がイザムバード・キングダム・ブルーネルだった(日本では「ブルネル」と表記されることも多い)。ちなみに、3位はダイアナ妃、4位がチャールズ・ダーウィン、5位シェークスピア、6位アイザック・ニュートン、7位エリザベス一世・・という具合だ。偉大な科学者や文芸家たちをおさえて、第2位の地位を占めた技術者ブルーネルとは、どんな人物だったのか?

1835年、首都ロンドンと、大西洋に面する英国西海岸の港町ブリストルをつなぐ、「グレート・ウェスタン鉄道」の建設事業が始まる。ブルーネルはその主任技師だった。当時まだ29歳。彼は路線候補地を自分で調査した上で、高低差や急カーブの極力ないルートを選び、さらに走行安定性と乗り心地を保証するため7フィートという広軌の鉄道を設計・建設する。建設ルートの中には世界最長のボックス・トンネルも含まれていたが、見事にこれをやり通す。さらに彼は自ら蒸気機関車の仕様を決めて作らせ、当時世界最高速の時速100kmの走行を実現する。

しかしブルーネルの構想はこれにとどまらなかった。彼は、ブリストル港から米国へ汽船航路をつくり、ロンドンからニューヨークまでをつなぐ、文字通り"Great Western"な輸送実現を考えていた。この当時、まだ蒸気船で大西洋航路を渡った実績はなかったし、船のサイズと必要な石炭や水の量から考えて、そんなことは不可能だと信じる人も多かった。しかし彼は周到な計算の上、船体を大きくする方が相対的に抵抗が少なくなることを示し、世界最大となる72m長の蒸気船「グレート・ウェスタン号」を作る。木造船だったが、骨格を鉄で補強した船だった。蒸気機関には最新鋭の復水器を装備し、高効率と水の消費量の削減を実現。そして1839年、見事に大西洋航路横断に成功するのである。

ただしこの船は、まだ船体の横に外輪をつけたパドル型だった(ペリー総督が乗ってきた黒船のタイプである)。ブルーネルはこの構造を刷新し、1843年には「グレート・ブリテン号」を就航させる。これは98m長、3,400トンの鋼鉄船で、推進力は外輪ではなくプロペラだった。今日の近代船舶の祖型となった船である。これによって、英国は北大西洋航路における独占的な地位を築く。

→続きを読む:「英国史上、最も偉大な技術リーダーに学ぶべきこと

更新情報 Update information

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「英国史上、最も偉大な技術リーダーに学ぶべきこと」を追加しました(2016/08/16)

考えるヒント」に、「職人的であること、エンジニアであること」を追加しました(2016/08/21)

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「マネジメントの仕事・地位・パワーを混同してはいけない」を追加しました(2016/08/16)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 書評」に、書評『 ★★ アルベマス』(フィリップ・K・ディック著)を追加しました(2016/08/07)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『全体像を見るために 〜 インテグレートされた工場の作り方』を追加しました(2016/08/04)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『最適解を組み合わせても、良い生産システムは作れない』を追加しました(2016/07/25)

わたしが幹事をつとめる中小企業診断士協会「生産革新フォーラム」で、『プロに学ぶ、上手な工場見学の見方・歩き方』と題する講演を行いました。大勢の方のご来聴感謝いたします(2016/07/20)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『工場レイアウト設計の典型的問題と、そのエレガントな解決法』を追加しました(2016/07/18)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『トラブルには技術的原因と、マネジメント的原因がある』を追加しました(2016/07/12)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 映画」に、映画評『★★★ スティーブ・ジョブズ』を追加しました(2016/07/06)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『経験から学びすぎることの危険 〜ゆらぎある事象の原因分析について』を追加しました(2016/06/26)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『熱気球の浮上、または原因分析のシステムズ・アプローチについて』を追加しました(2016/06/18)

OR学会サプライチェーン戦略研究部会に招かれて「海外プロジェクトへのシステムズ・アプローチ ー 理論・技法・展望」と題する講演を行いました。大勢の方のご来聴に感謝します(2016/06/16)

お知らせ:

新著『世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書』(佐藤知一・著)9月に発刊しました!

“JIT生産”を卒業するための本 〜 トヨタの真似だけでは儲からない』(共著)、『リスク確率に基づくプロジェクト・マネジメントの研究』、『時間管理術』、『BOM/部品表入門』好評発売中です!

→2016年6月以前の更新履歴

本ウェブサイトに掲載した意見はすべて筆者個人のもので、筆者の勤務先の公式な見解ではありません


(c) 佐藤知一 (プロフィルを見る)

→メールはこちらに tomsato@rio.odn.ne.jp
(Spam対策のため@を全角にしています。メールをくださる場合は半角に直してください)

→ページのトップに戻る