革新的生産スケジューリング入門

製造業を革新する<計画とマネジメント>の技術ノート

新しい仕組み作りにチャレンジする人、仕事のあり方をかえたいと願っている中堅エンジニアのために

このページはスタイルシートを使用しています。
スタイルシートを利用できないブラウザのみ,この文が表示されます。どうぞあしからず。


今回のノート Note this week

部品表と工程表

今年の初め頃だったが、ある集まりを手伝うことになった。中高校生くらいの若い子達が20人くらい集まるので、彼らに昼食を出す。わたしと連れ合いはその食事作りのお手伝い、という受け持ちになった。わたし以外は全員、年配の女性達だ。集会場所の横にはそれなりのキッチン設備があり、食器もそろっているので、そこに集合となった。前日までのメールでは、シチューを作ると聞いていたのだが、当日集まっていたら、なぜかメニューはカレーと野菜スープに変更になっていた。ともあれ、食材もそろって、さあ調理と言うことになった。

ところで、この調理の進め方がなかなか見物だった。わたしは男なので、食器洗いその他の力仕事に回り、実際の調理は女性達が受け持つ。皆、何十年と料理をしてこられた方ばかりだ。ただ、わたしも一応、料理の心得はあるので、どんなプロセスで進むかは理解している。まず材料を洗い、切り、大鍋に適時投入して、煮て味付けをする。そのかたわらご飯を炊いて、織機を用意する。それだけのことなのだが、現場は大騒ぎだった。

まず、この集団には、采配をふるうリーダーがいない。2、3人、それなりにリーダー格というか、まあ仕切り屋のタイプの人はいる。だが回りの人たちも黙っていない。みな、料理については一家言ある女性ばかりだ。だからどの材料をどれくらい使うか、どう切っていつ鍋に投入するか、味付けには何をどれくらい入れるか、まあ実に喧々がくがく、議論が続く。議論だけでなく、彼女たちはしゃべりながら実際に手が動き、勝手にやってしまう。もうどうなることやら、ホントに昼食時間までに間に合うのか、などハラハラして見ていたが、幸いというかカレーも野菜スープもなんとかそれなりに出来上がって、腹を空かせたティーンエイジャー達の胃袋にあっという間に飲み込まれた。

この集まりはまあ、ボランティア集団のようなものである。こういう集団では、会社のような上司・部下関係が無いし、指示=命令原理も働かない。誰か図抜けたリーダーがいればその人の判断と采配で、皆が一応動くだろう。だが、そういう人もいなかった。それでも何とかなったのは、女性達の調理のスキルもあるが、一つにはカレーとスープという料理が、材料にも味つけにもある程度幅があっても、まとまりやすい料理だったからだろう。

それにしても、同じこの仕事を、わたしの勤務先の同僚達がやったらどうなるだろう、と想像してみた。ボランティアの組織だ。賛同者が集まり、業務命令系統はとくにない。でも、きっと、自然にこうなるだろう:

→続きを読む:「部品表と工程表

更新情報 Update information

生産計画とスケジューリングの用語集」に、「部品表と工程表」を追加しました(2017/03/22)

考えるヒント」に、「『理屈を言うな』という理屈」を追加しました(2017/03/14)

考えるヒント」に、「設計の「なぜ」を考える」を追加しました(2017/03/08)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 書評」に、書評『★★★ スティル・ライフ』(池澤夏樹・著)を追加しました(2017/02/25)

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「Pushで教育し、Pullで成長する」を追加しました(2017/02/22)

プロジェクトマネジメント ワンポイント講義」に、「契約音痴は、まだ続いている」を追加しました(2017/02/15)

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「意外性に動じない心を持つために」を追加しました(2017/02/09)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 書評」に、「(書評)2016年のベスト3」として『★★★ トマス・アクィナス 肯定の哲学』(山本芳久著)・『★★★ 教皇フランシスコ』(オースティン・アイヴァリー著)・『★★★ ジャングル・クルーズにうってつけの日』(生井英考著)を追加しました(2017/02/03)

プロジェクトマネジメント ワンポイント講義」に、「結果オーライのマネジメントでいいのか? − 成果の予見可能性を高めるために」を追加しました(2017/01/26)

プロジェクトマネジメント ワンポイント講義」に、「結果オーライのマネジメントでいいのか?」を追加しました(2017/01/21)

わたしが幹事をつとめる「プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会」で、本間峰一氏による『システムトラブル相談センターの概要と開設の背景』との講演をいただきました。大勢の方のご来聴に感謝します(2017/01/17)

考えるヒント」に、「好きな事・上手にできる事・稼げる事・世の役に立つ事」を追加しました(2017/01/14)

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「クリスマス・メッセージ:見えるコストと見えない価値」を追加しました(2016/12/25)

ワースペース白幡」の「気まぐれ批評集 書評」に、書評『★★ AさせたいならBと言え』(岩下修著)を追加しました(2016/12/15)

生産マネジメント ワンポイント講義」に『ムリ・ムラ・ムダ:どれが一番いけないか?』を追加しました(2016/12/10)

生産計画とスケジューリングの用語集」に、「ムリ・ムラ・ムダ」を追加しました(2016/12/05)

タイム・コンサルタントの日誌から」に、「なぜ、製造業のIT化が進まないのか? 〜お金をちゃんと投資しよう」を追加しました(2016/11/28)

お知らせ:

新著『世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書』(佐藤知一・著)2015年9月に発刊しました!

“JIT生産”を卒業するための本 〜 トヨタの真似だけでは儲からない』(共著)、『リスク確率に基づくプロジェクト・マネジメントの研究』、『時間管理術』、『BOM/部品表入門』好評発売中です!

→2016年11月以前の更新履歴

本ウェブサイトに掲載した意見はすべて筆者個人のもので、筆者の勤務先の公式な見解ではありません


(c) 佐藤知一 (プロフィルを見る)

→メールはこちらに tomsato@rio.odn.ne.jp
(Spam対策のため@を全角にしています。メールをくださる場合は半角に直してください)

→ページのトップに戻る