代 表 挨 拶

(2013/09/06  New)


FTC 潟Tーブ代表 武鑓正芳


テニスを大切にする全ての方に

ボールは打った通り正直に飛んで行きます。その「打った」瞬間は、1000分の4秒前後です。

どんなに強く、或いは、弱く打っても、差はありません。

1000分の4秒。まさに一瞬です。一瞬にして、ボールの飛びは決まります。

 タッチ(touch:感触/感覚)”と言う言葉を、テニスに限らず、様々な場面で用いますが、極めて的確な表現であると考えます。

 タッチ(touch:感触/感覚)”と言うと曖昧に感じるかもしれませんが、テニスには、タッチを左右する明確な技術的因子が存在します。

打点の位置、面の向き(ストリングの使い方)、体のバランスの3点です。加えて、飛んでくるボールのスピード、風、そして経験が相互に関係し、ボールへのタッチが決定されます。

これらの事が、1000分の4秒に生じるのです。

これが、テニスの本質です。

テニスに取り組んだ多くの方が、「認識しているつもり」だと思います。その「認識」の深さ、厳しさ、鋭さ、複雑さ、そして精度が問題なのです。

真に認識しているのなら、「早く引いて」「グッと握って」「膝を曲げて」「腰を落として」「横に向いて」「引き付けて」「踏み込んで」等、こう言ったアドバイスは安易にはできません。

(フォーム)、力(筋力)への捕われが、1000分の4秒のタッチ(touch:感触/感覚)”を、台無しにしてしまうからです。

特に、形(フォーム)への偏った指導は多く、テニスの魅力を阻害していると感じます。

1000分の4秒のタッチ(touch:感触/感覚)”をテニスの本質として認識し、柱とする事。その柱に因れば、取り組む方向性が明確になり、理解を深め、より充実度を向上させる事ができます。

怪我や故障のリスクも軽減し、生涯スポーツとして、長く楽しむ事も可能になるのです。

これは、テニス愛好者のみではなく、コーチや指導者、プロ選手に至るまで、テニス人全てに通じる事です。

テニスの本質を唱え、テニスを通じて、ライフスタイルの充実度を的確に向上させてもらいたいと、F(FILL充実)(テニス)(Center主義)をスタートさせ、10年余となりました。

FTCでプレーされている方々には、実感を持って頂いていると思っています。

ですが、まだまだ我々も日々勉強であり、努力が必要です。更なる充実を目指して、トライし続けて行けるよう、尽力しなければと考えております。

ボールは決して嘘をつきません。打った通りに飛んで行きます。

この事を真に大切にして行きましょう。

是非、益々、トライしてみて下さい!!


  FTC 厚木 トップへ

  FTC 大和 トップへ

  HOMEへ