参考資料

関亜新・張志坤 著
トウガン・浅野慎一 監訳


中国残留日本人孤児に関する調査と研究 全2巻

中国で2005年に刊行された『日本遺孤調査研究』(社会科学文献出版社)の全訳。
 公安機関の全面協力の下、一万部を超える個人档案記録を分析し、三千八百余人の残留孤児と養父母への聞き取りを実施し、中国における生活史・誌を総合的・立体的に解明した労作である。
 彼らは戦後の中国で、学び、仕事につき、結婚し、子育てをし、養父母一家とともに自らの人生を創造し、生きたのである。「残留孤児研究」の基本的認知枠に新たな見地を加え、実像に迫る。

出版社:不二出版
A5判・上製・函入・962頁・
本体価格30,000円
ISNB978-4-8350-6178-8
すいせん:井出孫六
’08年12月刊

お申込は不二出版へ
〒113-0023 東京都文京区向丘1-2-12
03-3812-4433 FAX03-3812-4464
reprint@fujishuppan.co.jp
http://www.fujishuppan.co.jp/chuumon.htm



樋口 岳大(毎日新聞阪神支局記者)=文
宗景 正=写真
=著
私たち、「何じん」ですか
中国残留孤児たちはいま・・
中国では「小日本鬼子」と迫害され、やっと帰ってきた祖国では「中国人、帰れ」と差別される。幾重にも疎外され苦難を強いられ続ける”中国残留日本人孤児”たち。ながい国賠訴訟の末、日本政府は支援策を作ったが・・・。
高齢化する受難の人たちの「現在」を豊富な写真と文章で伝える!
T 朗読劇「わたしたち、なにじんですか?」
U 残留孤児たちが歩いてきた道  
V 八人の家族を満州で失って──宮島満子さんの手記
W 国賠訴訟から政府の支援策まで
出版社:高文研
A5判・232頁
2008年12月15日発行
本体価格1700円
ISBN978-4-87498-412-3

購入申し込みは中国「残留日本人孤児」を支援する兵庫の会まで(送料160円).
 〒658-0072神戸市東灘区岡本1丁目14-10岡本住宅ビル3階
    &Fax 078-412-2228

書籍
(1)欄信三編「中国残留日本人という経験」勉誠出版,2009年

(2)浅野慎一編著「現代社会論への社会学的接近」学文社,2009年

(3)浅野慎一・岩崎信彦・西村雄郎編著「京阪神都市圏の重層的なりたち」昭和堂,2008年

(4)浅野慎一・イ冬岩「異国の父母−中国残留日本人孤児を育てた養父母の群像」岩波書店,2006年
論文:浅野慎一
「中国残留日本人問題は解決したのか?」<飛礫>62,2009年

「血と国−中国残留日本人の肉親捜し」<神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要>3-1,2009年

「ポスト・コロニアルの中国における残留日本人孤児」<神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要>2-2,2009年

「中国残留日本人孤児にみる貧困−歴史的に累積された剥奪」<貧困研究>3号,2009年

「激動の6年余,道は半ば−中国残留日本人孤児の国家賠償訴訟,新たな支援策,そして現状」<法と民主主義>431,2008年

「中国残留日本人孤児の生活の現状と新たな支援策に対する調査報告書」

「中国残留孤児の戦争被害−置き去りにされた日本人の戦後処理被害」<神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要>2-1,2008年