宇治市小倉町の歯科 塩野歯科医院のホームページです。
宇治 塩野歯科医院のHomeへ戻ります。 院長からのご挨拶です。 塩野歯科医院の診療理念です。 医院紹介です。 おおまかな治療の流れです。 当医院までのアクセスです。 当医院の診療時間です。携帯用サイト用のQRコードや携帯へのURL転送フォームもあります。 宇治市やその他の休日診療所のご案内です。 提携医院、病院などのLinkです。


おおまかな治療の流れを説明をいたします。


おおまかな治療の流れのチャートです。
上記の治療の流れは一般的なもので、個人の状態、症状により変わる事があります。

1:初診、再初診でお越しになられた時
 (再初診とは以前に通院されておられた方で、期間があいてお越しになられた方の事を指します)

 ・予診表に現在の症状や既往歴(過去〜現在の病歴)等を記入していただきます。(初診時のみ)
 ・診療室内で、私(院長)による問診で詳しくお話しをお聞きします。
 ・直接お口の中を拝見させていただき、症状のある箇所も含め全体の状態を把握します。
 ・レントゲン撮影をさせていただき、症状がある箇所はもちろん目視では分からないむし歯や骨
   の状態を確認します。
 ・以上を総合して今後の治療方針の説明をいたします。複数の治療方法がある場合は
   その全てをお話しして、相談の上治療方針を決定して行きます。その際全身疾患のおありに
   なる方は主治医と連携して治療を進める場合もあります。
 ・お痛み等主訴がおありになる場合には、その症状に対する処置をします。

2:歯のお痛みがある場合
 ・小さなむし歯の場合
   むし歯の部分だけ削り歯と同じ様な色の樹脂で修復します。
 ・中程度のむし歯の場合
   むし歯を削り形を整え、型をとり金属で修復します。
 ・大きなむし歯の場合
   ・神経に達していない場合
     むし歯とその周囲を削り取り神経に近い部分に治療薬を少量詰めたのち穴全体を歯の
     保護剤で覆います。症状が無くなれば、保護剤のみを削り型をとり金属で修復します。
   ・神経に達していた場合や神経保存処置のあと症状が改善されない場合
     神経を取り、根の治療をしたあと型をとり金属で修復します。

   いずれの場合も処置に痛みが伴う場合には麻酔を併用します
   また、金属以外での修復(目立ちにくい白い材料)をご希望の方はご相談下さい。

3:かぶせ等が取れた場合
 ・神経がある、あるいは神経は無いが根の治療の必要が無い場合
   ・取れた土台の歯にむし歯が無かったり欠けていない場合
     そのまま付け直すか形を整えなおして型をとり金属で修復します。
   ・取れた土台の歯にむし歯があったり欠けている場合
     むし歯の程度により処置を施し、型をとり金属で修復します。
 ・神経は無いが根の治療の必要がある場合
     根の治療をしてから型をとり金属で修復します。

   いずれの場合も処置に痛みが伴う場合には麻酔を併用します。
   また、金属以外での修復(目立ちにくい白い材料)をご希望の方はご相談下さい。




4:歯ぐきのお痛みがある場合
 ・膿がある場合
   ・膿の量が少ない場合
     症状がある部分にお薬を注入、消毒し飲み薬をお出しします。
   ・膿の量が多い場合
     切開して膿を出し、消毒して飲み薬をお出しします。
 ・膿がない場合
     症状がある部分にお薬を注入、消毒し必要に応じて飲み薬をお出しします。

   いずれの場合も処置に痛みが伴う場合には麻酔を併用します。

5:入れ歯の調子が悪い、あるいは入れ歯が壊れた場合
 ・入れ歯の調子が悪い場合
    入れ歯の内面(歯ぐきに当たる面)や留め金を調節します。
 ・入れ歯が壊れた場合
  ・その場で修理できる場合
    比較的単純に割れた、または入れ歯の歯が取れた等の場合は医院内で修理いたします。
  ・その場で修理できない場合
    複雑に割れていたり留め金が折れていたりしている場合にはお預かりして修理いたします。
   
   いずれの場合にも入れ歯が合わなくなっている場合には新しい入れ歯をお作りします。
   また、丈夫で薄い金属製の入れ歯をご希望の方はご相談下さい。

6:歯周病治療の流れ
 ・初診、再初診時に拝見したお口の中の状態やお撮りしたレントゲンを基に現在の状態をおおまかに
   把握し、さらに歯周病の進行状態を詳しく把握するため精密な検査のご予約をお取りします。
   (再初診とは以前に通院されておられた方で、期間があいてお越しになられた方の事を指します)
 ・これ以降、歯周病治療の直接の担当は衛生士となります。ただし処置の前には私(院長)から指示
   を出し、治療後はその都度報告を受け今後の方針を検討します。
   歯石の除去はお口の中をいくつかのブロックに分けて数回で終了します。
   歯石を除去をすると炎症を起こしていた歯ぐきがしっかり引き締まってきます。そこで再検査をし、
   問題が無ければ半年〜1年の定期メンテナンスになります。
 ・再検査の結果歯ぐきが引き締まる事によって深い所にあった歯石が出てくれば再度歯石の除去をします。
 ・その後は約半年〜1年の定期メンテナンスになります。

7:定期メンテナンス
 ・どれだけ上手く歯磨きをされていても、約半年〜1年程で磨き残しが歯石となります。定期的に歯石除
  去をして健康な歯ぐきを保つために、継続したメンテナンスをお勧めします。
 ・定期メンテナンスは歯ぐきの健康を良好に保つだけではなく、むし歯をまだ小さな段階で見つける事が
  できます。むし歯を早期発見するメリットは痛みを伴わない簡単な治療で済ませられる事です。