Gyozaninniku 行者にんにく 
強烈なニンニク臭。カラッとした辛味。 昔、修験道の行者が滋養強壮に食べたという言い伝えからこの名前がつきました。 天然物は非常に少なく、幻の山菜になりつつありますが、栽培物が普及してきました。
オムレツに入れたり、乾燥させてラーメンに入れる、など日々色々な料理が考案されている最中の食材です。(写真は栽培物)

品種 ユリ科の多年草。”アイヌねぎ”とも言います。ネギ属の中では最も葉が広い。冬は地上部が枯れますが球根は残っていて、 春になってそこから出てくる若い葉と茎の部分を食用とします。種からだと最初の1〜2年は葉っぱだけで茎の部分(ネギのように)ができません。 食べ応えがあるように育つまでに5年かかるといわれ、乱獲されるとなかなか自然に回復しないので”幻の”山菜となりつつあります。
北海道から近畿地方に分布。本州では日本海側の山地に多いようです。湿り気がありかつ陽あたりもよい場所を好みます。 寒い地方ほど高度の低い平地にも生えるのですが、最近は平地の天然物は取り尽くされてしまい、深山幽谷のさらに崖のような急斜面にしか生えていません。
栽培物が普及してきましたが、出荷できるまで育てるのに何年もかかるので高価です。

芽の状態ではスズランによく似ています。スズランは毒草なので注意しましょう。 行者ニンニクはにんにくのような強烈な臭いがありますので、臭いをかいでに区別できます。

産地と
主な産地は北海道。4月下旬〜6月上旬が旬です。
調理 生のまま味噌をつけてかじるのが最高です。または軽くゆでてから水にさらして酢味噌で和えてヌタに。天ぷらも美味。


食材事典のホームへもどる



制作日:2005年4月17日
上田 泰久